「ほっ」と。キャンペーン

PSP2改めNGP発表

兼ねてからウワサの流れていたPSP2がNGP( Neo Geo Pocket Next Generation Portable)として発表されました。発表時期からして3DSを意識していることは間違いないと思いますが、同時にハード的にもシステム的にもiPhoneやAndroid携帯といったスマートフォンの影響を強く受けているようです。気になったスペックとしては、、、
・Cortex-A9MP (4core)
・PowerVR SGX543 MP4+
・5inch有機ELディスプレイ
・3G通信
といったところでしょうか。
現在のスマフォはCoretex-A8のシングルコア1GHzといったところが定番ですが、Cortex-A8の次のCortex-A9をしかも4コアで搭載してきました。今年の後半になればCortex-A9の2コア版1.0~1.5GHzといったCPUがスマフォの定番になっているかも知れませんが、それに比較しても(周波数が同じと仮定するならば)倍の性能を持つチップということになります。GPUのSGX543もiPhone5に搭載されるとウワサされていますが、あちらは2コアだったような気がするので、そうするとこちらも倍の性能ということになります。さすがはソニーというところでしょうか。
しかしソニーも半導体への投資は既に凍結していたはず。一体どこでこの巨大チップを作るんでしょうね。てっとり早いのはCortex-A9もSGXもライセンシーになっているサムスンでLSIを製造し、ついでにDDR-SDRAMやNAND-Flashも一緒に買ってくるというところでしょうか。サムスンなら有機ELも手に入るしね。

同時にPlayStation Suiteの提供を発表してきたところを見ると、このNGPはPSPのハードウェアレベルでの互換性を捨てているのではないかと思われます。NGPにAndroid2.3を載せ、PS SuiteでPS1, PSP(や場合によってはPS2)のソフトをエミュレートして走らせるんでしょうね。モンハンを除くと必ずしも成功したとは言えないPSPですから、無理にハードウェア互換を取らずにソフトでエミュレートするというのは賢明な判断のように思えます。

しかし気になるのは一体このハードがいくらになるのかということと、バッテリー駆動時間が何時間になるのかという点、さらには3G通信を使う場合の課金モデル(誰がどういう形で通信費を払うのか)ですね。あえて発表をして来なかったところを見ると、この辺りに課題を持ってそうな気はしますがさて。

何はともあれ、DSとPSPの時のように発売日までほぼ一緒という程では無いものの、再び任天堂とSCEが携帯ゲーム機市場で戦うことになりました。第二次携帯ゲーム機戦争は果たしてどういう結末になるのでしょうか。オラわくわくしてきたぞ!
[PR]
by nintendods | 2011-01-27 23:34 | NEWS
3DS体験会に参加して >>