Nintendogs情報

元記事はこれ(ITmedia)。記事自体はNDSやレボリューションについて全般的な内容ですが、私が気になったのはNintendogsについて書かれている部分。私の知る限りでは初出の情報(2/4追記:初出の情報じゃなかったみたい。詳しくはコメント欄参照下さい)だと思います。記事一番下の写真の下のコメントに注目(ITmediaはよく写真のコメントに重要なこと書きますね)。
Nintendogsでは、マイク入力を利用して、子犬たちをトレーニングする(芸を覚えさせる)ことができる。覚えさせる言葉はなんでもOK。あなたの教えた言葉で芸をしたりするようになれば、愛着度もさらにUP
通信機能を使えば子犬同士を会わせて遊ばせたり、グッズの交換なども可能。さらに新しい通信機能の試みとして、DSをスリープモードにしたまま持ち歩くだけで、他のNintendogsユーザーの人と通信してしまうことができるとのこと。スリープを解除したら新しい友達が増えていたなんてことも!
上側は10月のNDS発表会の時に「自分の言葉を覚えさせる事が出来る」と宮本氏が言っていたので予想の範囲内ですが、下側は新しい試みですね。「NDSをスリープで持ち歩くだけで(知らない間に)通信できている」ってのを見て私はポストペットを思い出しましたが、一日NDSを持ち歩いて帰ってきてNDSを開くと知らない人のペットが遊びにきている、なんてちょっとワクワクしませんか?
最近NDSの売上台数が減ってきていますが、このソフトはハードを牽引してくれるんじゃないかと期待しています。「アナザーコード」や「メテオス」あたりもソフトとしての期待は大きいですが、どちらかというと既にハードを持っている人(比較的コアゲーマーな人)に訴えかけるソフトじゃないかと思います。それに対して「Nintendogs」はライトユーザ(まだNDSを買ってない人達)にも訴えかけるソフトじゃないかと。
発売が待ち遠しいソフトです。
[PR]
by nintendods | 2005-02-03 19:27 | SOFT
<< 解体新書。GBカラー版 内蔵スピーカ比較(その2) >>