「プレイやん」でミニゲーム配信

先日、迷ってた「プレイやん」を衝動的に予約してしまった私。
あと2日ほどで本体が届くというのに未だにSDカードを購入していない私。

そんな私に「早く大容量のSDカードを買え!」と言わんばかりにミニゲーム(公式ページでは「ガレージゲーム」というのが正式名称のようです)配信の情報が(ここ)。「プレイやん」はSDカード上の動画・音楽データ再生だけでなく、プログラムの実行もサポートしていることが判明しました。たかがミニゲームではありますが、携帯ゲーム機でインターネットを利用したゲーム配信は初かも知れませんね。任天堂が「プレイやん」をネット限定販売にした理由はココにあったのかも知れません。ネットで購入できる人のほとんどはネットからのダウンロードもできますからね。
ミニゲームの容量が気になりますが、12種類全部を持ち歩こうと思えば1GBのSDカードを買うべきでしょうか。。。うう、金が。

しかしSDカード上のプログラムが動くということは、すなわちGBAハード上で自分の書いたプログラムを動かせる可能性を示しているワケで。おそらくARMのベタコードでしょうけど、もしJavaとかで動くなら神認定。任天堂さん、是非仕様を公開して下さいな。仕様公開&コンパイラ配布(←例え有料でも)したら「プレイやん」バカ売れ間違い無しですよ!(普通にカートリッジから動かせる、と言われればそれまでですけど、Nintedoのロゴ出す時点で厳密には違法ですよね? あー、でもアドファミとかアドムービーとかのやり方なら違法じゃないのか?? よく分からん。まあとにかく任天堂公認の開発キットを一般ユーザにも提供して欲しいってことです。)
[PR]
by nintendods | 2005-02-19 01:11 | SOFT
<< プレイやん(解体新書) メテオスの通信機能 >>