nintendogs販売戦略の提案(笑)

nintendogsはNDSのシェアを一気に広げられる可能性を秘めたソフトです。しかも広がるところはこれからPSPとのシェア争いが最も激しくなりそうなライトユーザ層。先手を打てれば今後の普及に弾みがつきます。
ただしライトユーザってのはコアユーザが思っている程簡単にゲームを買ってくれない。例えば自分はファッションにほとんど興味を持っていません。もちろん自分をカッコ良く見せたいという気持ちは多少はあるので潜在的には興味があるのだけれど、だからといって普段は(特にファッショナブルな)洋服売り場には近付くことさえしない。こんな人に最新の洋服を買ってもらおうと思っても至難のワザですね。
そんなワケでnintendogsにはNDS発売当初のような大量CM投下や街頭キャンペーンをするぐらいの大々的な宣伝が必要ではないか、と思っていましたが、昨日泣き虫さんから下記のようなコメントを頂きました。
nintendogs かなり受け入れられるはずです。ゲームソフトが限った場所でしか販売されない現状を顛覆させる可能性が秘められているソフトだと思います。
返信を書いてる時はあまり深く考えてませんでしたが、その後ジワジワと、「大量CM投下だけでいいのか?」という思いが大きくなってきました。泣き虫さんのおっしゃるように「ゲームソフトが限った場所でしか販売されない」現状のままで、果たしてライトユーザ(ライトユーザの中でもnintendogs&新色NDSに関しては特に女性層)が買ってくれるのか?

そこで考えました、販売戦略(^^; まずはコンビニにnintendogsと新色NDSを一式置いてもらいます。できれば綺麗にディスプレイして目立つところに置いてもらいたいですね(無理難題)。そしてそのコンビニだけのオリジナルわんこを飼っておいて、すれ違い通信によるわんこ交換が出来るようにしておきます。こうすれば宣伝用ディスプレイにもなりますし、そのコンビニで実際にわんこ交換の楽しみも体験することができます。もちろんコンビニでは新色NDSとnintendogsを売ってもらいます。
NDS発売当初も一部のコンビニでNDSハードを売ったようですが、台数が少なかったせいか効果は薄かったように感じます。今度は魅力的なソフト(nintendogs)と新色NDSという(ライトユーザに対する)強力な武器が揃うので、コンビニ戦略が効果的ではないかと思います。
購買ターゲット層の行きそうな場所という意味では携帯電話ショップにも置きたいところですが、こっちは置いてもらってもそれほどショップにとってメリットが無いからダメでしょうね。まぁとりあえず全国のコンビニに置けばかなりインパクトがあるからいいか。あとはマクドナルドとかなら乗ってくるかな?オリジナルデザインのNDSとか販売すればなおヨシ(勝手言いまくり)。

nintendogsに機能として備わっているかどうか不明ですが、交換したわんこの履歴が残るなら、全国コンビニ通信の旅(全国のコンビニですれ違い通信をしてわんこの履歴を集める)ってのも面白そうですね。旅先のコンビニで旅の思い出とともにわんこ交換、なんてステキだと思います。これは販売戦略じゃなくて単なる妄想ですケド。

考えてみたら、例に挙げたファッションの件でも、ゲームショップに(多少ゲーマーを意識した)洋服が売られてたら自分でもそれなりに興味を示すんじゃないかと思います。それと同じで普段ゲームに興味の無い人に買ってもらいたいソフトだからこそ、ゲームショップに近付かない人が普段行く場所で販売してもらうってのが一番賢いやり方ですよね。
任天堂さん、是非是非nintendogs&新色NDS販売を成功させて下さい。このアイデア使ってもいいよ(笑)
[PR]
by nintendods | 2005-03-16 09:36 | STUDY
<< 今のPSPが2/3の性能しか発... NDS&PSPハード販売台数考察 >>