「探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件」インプレッション

NDS3作目となるアドベンチャー「探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件」のインプレッションです。何度か他所で「NDS2作目」という紹介を見ましたが、天堂独太君も入れてあげた方がいいかと思って「3作目」と書きました。ちなみに現在の私のゲーム進行具合は一回エンディングまで見たところ。
(追記:おろさんからコメントでご指摘を受けました。「ザ・アーブス」もアドベンチャーだから4作目だと。その通りでございます。上記は「NDS4作目」の誤りです。残念ながら「アーブス」はほとんどプレイしていないので内容比較等できません。ですからあえて本文修正では無く追記という形でお茶を濁しておきます(^^;; )

まず、「研修医 天堂独太」や「アナザーコード」と比べて、ストーリーが非常にしっかりしている印象があります。内容的には探偵助手の助手(笑)である主人公が、ある殺人事件のナゾ解きをしながらその顛末を見届けるって感じ。「アナザー」のパッケージに「『さわれる推理小説』が誕生」とありましたが、どちらかというとこの「仮面幻影殺人事件」の方がそのキャッチコピーにふさわしいです。推理物としてそれなりに楽しめるデキになってますので、「さわれる推理小説」がやってみたい人は「アナザー」より「仮面幻影殺人事件」の方をお勧めします。ボリューム的にもちょうど良い感じ。私は一回エンディングまで見終わったところですが、なぞ解きが分かった状態でもう一回このゲームをやってみたいと思いました。推理小説で、最後まで読んでからもう一回最初から読みたくなる心理と同じですね。

ストーリーもオンラインゲームを舞台にしており、ゲーム好きには非常に馴染みやすいです。癸生川~シリーズを知らないと良く分からない内容が一部にあったりしますが(かくいう私も全く知らない)、各キャラクターは個性がうまく出ており、本作が癸生川~シリーズを遊ぶ最初の作品であってもそれほど気にしなくても大丈夫でしょう。

少し細かいところですと、会話の表示スピードが比較的速いこと(さらにオプションでスピードを3段階に変更可能)、会話のログ表示(バックログ表示)が可能、STARTボタンでクイックセーブ可能、そして会話はその人の顔をタッチ、移動などはアイコンをタッチするなどいちいちメニュー画面を呼び出さなくてもいいインターフェースになっているので、ゲームをする上でのストレスはほとんど感じませんでした。また、アドベンチャーやRPGでは「この先どこへ行っていいのか分からない」という状況になることが良くありますが、本作の場合は程よい具合にユーザを誘導してくれるので、路頭に迷うこともありませんでした。こういう細かい配慮がいいですね。これでグラフィックスやサウンドが「アナザー」並に良かったら言うことないんだが、ってのは無いものねだりでしょうか(グラフィックスも味があってこれはこれでいいんですけどね)。

勝手にまとめると、
●「天堂独太」はPCのアドベンチャーゲームをNDSで表現
●「アナザー」はNDSのハード機能を使ったパズルや謎解きを表現
●「仮面幻影殺人事件」は推理小説をNDSで表現
といった感じですかねぇ。個人的にはこの「仮面幻影殺人事件」はお勧めです。

3/29追記:
発熱地帯さんところでここのURL貼られてるみたいね。意外なことにほとんど来訪者数が増えてませんけど。あのサイトを見る人達はこのソフトのインプレッションなんて興味無いのかしらん? しかし今後来訪者が増える可能性もあるので一応予防接種を打っておくことにする。
「えー、GKのみなさま。ここは妊娠系のサイトではございますが、荒らさないでね(ハート 泣いちゃうから。」
[PR]
by nintendods | 2005-03-28 13:55 | IMPRESSION
<< NDSソフトのジャンルについて 小ネタ >>