エレクトロプランクトンのインプレッション

エレプラのインプレッションです。発売から10日も経ってしまい、欲しい人はほとんど買った後かも知れませんが一応。
このソフトは「セーブ」がありません。ですから電源を入れるたびに最初から、です。しかしそれを苦に思うことはありません。確かに電源投入時のプランクトンの初期位置とかは同じですが、その後タッチペンをどこか一箇所でも触った途端に新しいストーリーが始まる感じです。例えるなら、同じ「任」という字を筆で書いても毎回違った「任」になるようなイメージでしょうかね。論理的に攻略していく普通のゲームと違い、感覚的に操作をしてその偶然の共鳴を楽しむソフトです。
まさに「やらなくてもいいゲーム」。このブログにも良く来て頂いているかさんさんがご自身のブログで以前
ちいちゃい子供が屋根からの雨だれ音につられて窓の外に手を出すような、池の波紋に石を投げて波紋同士を重ね合うような、そんなソフトだと思うんですね。
という表現をされてますが(元記事はこちら)、まさにその通り。みなさんも一度ぐらいは子供の頃に「水たまりに落ちる雨が作る波紋」や「アリが大きなビスケットを巣に運ぶさま」といったものをぼーっと眺めたことがあるのではないかと思いますが、それに近い感覚のソフトです。このソフトは音と映像がかなり高いレベルで実現されてますので、「やらなくてもいいゲーム」を体験してみたいならこのソフトはかなりお勧めできますよ。
[PR]
by nintendods | 2005-04-17 11:24 | IMPRESSION
<< 明日はニンテンドッグスの発売日ですね ニンテンドーDS用スクラッチガ... >>