Revolution感想

Revolutionについての感想など。
・大きさについては非常にコンパクトでいいですよね。少なくとも日本のリビングにはあれぐらいのサイズがいいと思います(でも排熱はどうするつもりだろう。あんな小さな筐体で最新PCクラスのグラフィックスエンジンを載せられるのかな?)。てかPS3デカ過ぎません?アメリカならともかく、日本であの筐体サイズは受け入れられるんだろうか?(サイズ比較した画像がComputer U Relaxさんのところに載ってます。こちらを見れば一目瞭然ですね。)
・発売日は2006年とだけ発表されました。次世代据え置き機の発売はXbox360が2005年末、PS3が2006年春頃と推測されますので、Revolutionの発売日が一番遅くなる可能性が高くなりました。特に2005年末のクリスマスシーズンはXbox360が不戦勝となるので、日本はともかく北米なんかは非常に厳しい戦いになるんじゃないでしょうかね。Xbox360が発売されるまでに今まで判明している以外のサプライズ(例えばコントローラの仕掛け)を発表して買い控えを起こさせないと、世界規模で見る限りはマイクロソフトに大きくシェアを奪われそうな気がします。
・日本に限って見ると、あの筐体のコンパクトさとゲーム機メーカとしての知名度や安心感があるので、発売日が遅れてもそこそこ戦えるかな?と思ってます。もちろんNDSのタッチパネル+2画面に匹敵するようなサプライズがRevolutionにも「ある」という前提ですけど。子供が「FCのソフトも遊べる」という理由を付けてお父さん・お母さんにおねだりし易くなったので、値段次第では結構売れるんじゃないかと予想。
・GCに対する後方互換性(上位互換とか下位互換というとややこしくなるので私は英語直訳のこの言葉を使おうと思います)やFC・SFC・N64のソフト資産DL販売というのは、Revolutionを購入する上で安心感になると思います。しかし逆にRevolutionのソフトが売れずに過去のソフトばっかりで遊ぶ人が出るという不安も残りますね。これについては、過去のソフトをDLする時には画面にRevolutionの新作ソフトの宣伝を流すようにするとか、何か策を考えた方がいいでしょうね。
[PR]
by nintendods | 2005-05-19 15:50 | IMPRESSION
<< GAMEBOY micro感想 ソフトの値段(続:ゲーム機に求... >>