裾野が広がり始めたNDS

「(前略)脳を鍛える大人のDSトレーニング」が初週4万本の売上を上げたそうな。この手のソフトでは異例の好成績であり、またこのソフトの購買層も普段ゲームをしない(であろう)大人が多いそうです。
また先日発売された「ニンテンドッグス」はご存知の通り大ヒット。購入者の40%程度が女性であり、また本体を同時購入した比率が高いことからみても、普段ゲームをしていない層が動いた模様です。
さらには、「ニンテンドッグス」と同じ日に発売された「NARUTO-最強忍者大集結3 for DS」も好調な売れ行きで、最終的には15万本以上売れるのではないかと思います。

「(略)脳鍛」は大人、「ニンテンドッグス」は女性、「NARUTO」は子供、と、確実にNDSユーザの裾野は広がってきていることが販売本数から分かります。(残念ながら中学生~大学生の特に男性ユーザに対してはあまり普及していないようにも感じますが、この辺りの層はPSPにいっちゃったんでしょうかね。)
今後のラインナップを見ても、「脳鍛」の次に買ってもらおうという意図がアリアリの「やわらかあたま塾」(これまた2,800円)が6/30に控えていますし、同じく6/30には早くもSIMPLEシリーズが登場します。公式サイト(ここ)を見ると、2,800円のワリにはDLプレイに対応していたり、チャットカードを使って特定の人だけにメッセージを送る仕組みがあったりと、結構凝っています。
また子供向け(と言い切ると怒られるかな?)ソフトとして遊戯王やロックマンエグゼなんかも7/21に発売が予定されており、夏休みに入った子供が購入することが期待できそうです。
そしてユーザ層が十分広がったところで年末にWiFi対応の「マリオカートDS」か「どうぶつの森DS」を出す、と。ネット対応ってのはユーザが少ないと面白くないので、年末まで待って出すというのは正解だと思います。

私はNDSを応援するサイトをやっていることもあり、どうしてもNDSに肩入れしてしまう傾向にはありますが、一連のユーザ獲得に向けた動きを見ているとどう見てもNDSに隙が見当たりません。未だにPSP本体も結構な売れ行きでNDSとPSPのユーザ数自体はまだまだ大きな差になっていませんけど(詳細は資料館の「★NDS売上記録」を見てね)、そのユーザの中身はここ1ヶ月ほどで大きく変化したように感じています。NDSはユーザ層の裾野が広がり、爆発的普及のための布石が出来たように感じます。それに対してPSPは、今年に入って10万本以上売れたソフトが1本(テイルズ・オブ・エターニア)だけという状態。E3でもPSPに関する目立ったトピックスは無く、今後のラインナップを見ても10万本以上売れそうなソフトが見当たりません(ひょっとするとアドベンチャープレイヤーは10万本以上行ったりする?)。

PSPはコアユーザにはある程度支持されているようには感じますが、偏った支持基盤を持つハードが成功しないことは歴史が証明しています。さらにはアダルトビデオのUMD販売。VHSやDVDが「エロ」需要を取り込んで拡大したのも確かですが、今まで「エロ」を取り込んだゲーム機が成功したことが無いのもまた事実。これは、VHSやDVDは「家族で購入」という形態を取るのに対し、ゲーム機は「個人が買う」という形態が多いことが、差になっているのかも知れません。つまり家族で買うVHSなどは、「お父さんはアダルトビデオが見たい、お母さんはドラマを録画したい、子供はアニメを録画したい」というように別々の思惑を持ちながら総意として「買う」という行為に及ぶのに対して、ゲーム機の場合は「子供が買いたい」という思惑に対して「親が反対する」という図式になっているからです。当然「エロ」を認めているゲーム機は親として買わせたくないですから、反対する動機がひとつ増えることになります。そういう意味では今後据え置きゲーム機が家庭内サーバのような機能を持つようになると、「家族の総意で購入」という形態に変化していくかも知れませんね。その時は「エロ」が切り札になったりするかも。
(ちょっと追記:PSPは携帯ゲーム機で今までの据え置きゲーム機と同じ理論が通用しないかも知れませんし、またエロ路線と言ってもゲームソフト自体でアダルトゲームを出したワケではありませんから、上記の内容はちょっと言い過ぎたかも知れません。でもゲーム機とエロに関する考察自体は結構気に入ったので文章はそのまま残します。)

話が少し逸れちゃいましたけど、言いたかったことは「NDSとPSPの携帯ゲーム機戦争は実質的に終わったかも」ということです。今は差が表面上に見えてきてませんが、今年の夏、もしくは年末に一気にNDSの普及台数が増えて終了。そんな予感がします。
[PR]
by nintendods | 2005-05-26 16:56 | STUDY
<< タイレシオ GAMEBOY micro感想 >>