私のオススメ3rd Partyソフト(その4)

今日の紹介は「メテオス」です。

●ゲームデータ
  ソフト名:メテオス
  メーカー:バンダイ
  ジャンル:パズル(アクション系)
  発売日:2005/3/10
  価格:5,040円
  プレイ人数:1~4人(DLプレイ対応)

昨年10月に公式サイトがオープンして以来、任天堂系ブログを中心に大いに盛り上がった「メテオス」。ニンテンドーワールドTouch!DSにてシールを配布したことに始まり、Tシャツプレゼント、携帯やPCの壁紙プレゼント、お店でのスクラッチガードシール配布など数々のプレゼントを実施し、体験版の配布も次世代ワールドホビーフェアやニンテンドーDSダウンロードサービスで行われました。さらにはおたより募集や宇宙おもしろエディターといったユーザとのコミュニケーションを生かした試みもあり、「メテオス」ゲームデザイナーの桜井政博氏による「ひそかにレポート」も好評でした。
こうした数々の試みにより、一部のネット上ではかなりの知名度を誇った「メテオス」。“当時”(←8/3追記)携帯ゲーム機向けソフトでトップとなるファミ通でのプラチナ殿堂入り(38点)を果たすなど主にゲーマーサイドに多大な支持を受けながらも、残念ながら売上げの点では必ずしも成功を収めたとは言えない結果(現在まででおよそ6万本程度?)となりました。

4月から始まる一連のTouch!Generationシリーズを契機にNDSを購入した方はこのゲームの存在を知らない人も居るでしょうが、今現在でも私の中ではベストオブNDSゲームです。NDSでこんなことが出来るのか?と目を疑ったオープニングムービーや、タッチパネルを生かしたアクション性バツグンのゲームデザイン。そして何より落ち物パズルでありながら落ちてきたメテオを上に打ち上げてしまうという発想。確かにゲーム内容は多少ゲーマー寄りかとは思いますが、ゲームとしての完成度や新規性は満足のいくデキだと思います。ゲーム状況によって変化するサウンドも画面とシンクロしてとてもイイ感じです。

あえて難点を挙げるならば、売れるためにはもう少しライトユーザ向けのゲーム内容にしてもよかったかという点と、時間による難易度の上昇曲線がキツ過ぎて1ゲームがあまりにも早く終わってしまう点でしょうか。

公式サイトを見れば大体どんなソフトか分かると思います。このゲームは対戦が面白いので、もし近くにこのソフトを持った人が居れば、是非DLプレイで対戦してみて下さい。きっとあなたも「メテオス」のとりこになるでしょう。アクション性の高いゲームが得意なら、オススメしますよ。
[PR]
by nintendods | 2005-07-31 23:24 | IMPRESSION
<< 私のオススメ3rd Party... 私のオススメ3rd Party... >>