「ほっ」と。キャンペーン

ニンテンドーWi-Fiコネクション

ついに公式サイトが出来ました(ここ)。WindowsXPのUSBコネクタに差すだけでNDSと接続できるUSBコネクタ(3,500円+送料)もオンラインのみですが発売になってます。Wi-Fi対応ソフト第一弾である「おいでよ どうぶつの森」発売日の11/23に合わせて発送してくれるようです(11/16までに申し込んだ場合)。

NOM(Nintendo Online Magazine)11月号の特集もWi-Fi対応ソフトですし、一気にWi-Fiネタ一色になりましたね。公式サイトを良く読めば分かることだとは思いますが、注意すべきだと思った点をいくつか列挙しておきます。
1.USBコネクタはネット販売のみ。店頭販売は行われないのでご注意
2.USBコネクタはWindowsXPにしか対応してません。それ以外の
  OSの方は間違って買わないように
3.USBコネクタを使用する場合にはPCを立ち上げておく必要があり
  ます。常時接続している人なら良いですが、そうでない環境の人は
  そのあたりを理解しておく必要があります
4.既に無線LAN環境が家にある人は、あえてUSBコネクタを買わなく
  ても通信できるかも知れません。今後代表的な無線LANのルータに
  ついては公式サイトに説明が出るようなので、注意して見ておき
  ましょう。
5.ケーブルTV事業者のネット接続などでは、一部Wi-Fi接続できない
  プロバイダがあるようです。ダイヤルアップやISDNの接続も不可。
  このページの下の方にある「接続チェック」で接続可能か
  チェックしておいた方がいいでしょう
6.「おいでよ どうぶつの森」は国内の人としか接続できませんが
  「マリオカートDS」は海外の方とも対戦できるようです。
7.「おいでよ どうぶつの森」でWi-Fi接続を楽しむ場合には、あらかじめ
  接続したい人とフレンド登録をしておく必要があるようです。つまり
  接続してすぐ遊べるワケではなく、接続前にメール等で「ともだち
  コード」と呼ばれるコードを交換しておかなくてはなりません。特に
  Wi-Fiステーションなど家の外で接続しようと思っている方は注意
8.国内販売されているNDS本体やソフトを海外に持っていっても接続
  出来ないようです。逆は書いてませんが、海外版NDSや海外版
  ソフトを国内で接続することも恐らく出来ないでしょう。

自分がどうやってWi-Fi通信すればいいのか分からないって人はとりあえず公式サイトのここを見るといいでしょう。自宅で今の環境で接続出来そうか、もしくはUSBコネクタが必要か、はたまた接続環境を求めて家の外へ出る必要があるのかが分かるでしょう。

今回私があえてこういったことを記事に書いた理由は、任天堂はとても頑張っているけれど、それでもWi-Fi接続ってのはライトユーザにとっては敷居が高いと感じているからです。特に教授やあたま塾あたりのソフトを孫に買ってもらったおじいちゃん・おばあちゃん世代には苦しいでしょう。それでも私は、このWi-Fi接続がこれまでの任天堂の数々の失敗(GBモバイルなんかのことね)やPSPのネット接続のように一部のマニアックだけのお楽しみになって欲しくないと思ってます。
・全国1,000箇所に無料の接続スポットを設置予定
・(少なくとも)任天堂発売のソフトは利用料が無料
・USBコネクタを第一弾ソフトと同時発売
・2005年中はサポセンが土日もやってる!(ここ
など、非常にユーザのことを考えた取り組みをしているWi-Fiコネクション。一ユーザとして、今回の取り組みは是非成功してもらいたいと思ってます。
[PR]
by nintendods | 2005-11-09 01:03 | NEWS
<< 「おいでよ どうぶつの森」TV... ソフトインプレッション(あかどこ) >>