「ほっ」と。キャンペーン

Wii体験会(その4:完結編)

帰ってきました。
携帯からは書ききれなかったこととかをつらつらと書いてみたいと思います。基本的にソフトのネタバレはありませんのでご安心下さい。

●今回任天堂が待ち時間をWebで教えてくれるサービスをクラブニンテンドー会員対象にやりましたが、会場に着いてみてその理由が分かりました。会場が広いんです。端から端まで歩くだけで大変です。「あっちの方が空いてるからあっちに並ぼう」ってことがほとんど出来ません。一箇所に並ぶと他のソフトにどれぐらい人が並んでいるのかを正確に知るのは難しいです。みなさんもクラニンの会員ならば、是非このサービスを活用しましょう(ただし、「30分」などの絶対時間はあまり信用しないように。相対時間として目安に使って下さい。この点、別途書きます)。

●携帯から投稿した記事の写真を見てもらえれば分かるように、通路が無駄に広いです。でもそのおかげで、移動する際は常に人にぶつかりながら~、というイベント会場でよくあるストレスは全く感じませんでした。ベビーカーを押しながら歩いている夫婦の姿も結構見ましたが、全然ジャマにはなりません。小さいお子様を連れて行かれる予定の方はベビーカー持参が良いでしょう。

●DSの体験会の時も、小さい子供用に踏み台を用意するなど気配りがされていましたが、Wii体験会でもキッズコーナーが用意されており、TV モニターが低く設置されているなど嬉しい配慮がありました。この辺り、さすが任天堂だなと感じました。

●行列が一番多かったのが、ゼルダ。私が会場に着いた11:30には既に受付終了でした。ゼルダを遊びたい人は、一日並ぶ覚悟で足腰を鍛えておく → 会場が空く前から並ぶ → 真っ先にゼルダのコーナーへ → 待ち時間に暇つぶしが出来るように DS などを持っていっておく、というのをお勧めします。あ、あと、ゼルダは猛烈に並ぶことが予想されますので事前にトイレや食事を済ませておいた方が良いでしょう。

●他に行列が長かったものをいくつか紹介。まずはWii Sports。5つありますが別々に遊試台を設けていましたがどれも大盛況でした。特にテニスの人が多めだった様子。テニス、ボクシングは(あとゴルフも?)、2人対戦が前提になってます。出来れば一人で行かずに誰かと二人ペアで体験会に行った方が楽しいと思います。

●スーパーマリオギャラクシー、ドラゴンクエストソード(DQS)あたりも結構な行列。私がDQSに並んだ時は「70分待ち」と書いてありましたが、実際に並んだ時間を測ると105分でした。ということであまり実時間を信用しないように。相対的にどっちの方が早そうかの参考程度と思っておくのがいいでしょう。ちなみにWebで待ち時間を見れるサービスですが、私が並んでしばらくしてから見てみると、「50分待ち」となってました。行列は私が並んだ後も伸び続けていましたので、実際にはたぶん120分ぐらいかかったんじゃないでしょうか。大阪と東京では改善されるといいですけどね。何より、行列の長さが改善されるともっとイイですが。DSの体験会に比べて全体的に待ち時間が多く感じましたので、大阪・東京会場ではあと1.2倍ぐらいは試遊台の数を増やしてもらえたらなぁ、と思います。

●名古屋の体験会では食事コーナーは飲み物だけしか売ってませんでした。食べ物が置いてないので出来れば会場に入る前にコンビニなどで調達しておくのが良いでしょう。飲み物も少し高め(紙コップで200円)なので、こちらもコンビニで用意しておいた方が吉。

●ここからは画像を交えて。Wii の本体写真。非常にコンパクトですね。背面もスッキリしています。ソフトパッケージはDVDと同じサイズぐらい。Wii版だけどパッケージのゼルダはやっぱり左利きなのね(クリックで拡大画像)。
b0020549_20514975.jpgb0020549_20522226.jpg
b0020549_20525592.jpg


あと、最後のトリ(というかオチ)として2つの写真を掲載。分かりにくいけど右側の写真の紙はピンク色です。DSの体験会と同じく、入場時にもらった紙でWiiのプレゼントをやってましたが、なんと一番違い。。。死んだ orz
b0020549_21322100.jpgb0020549_213329.jpg
[PR]
by nintendods | 2006-11-03 21:13 | REPORT
<< PS3の憂鬱、Wiiの不安 Wii体験会(その3) >>