サバイバル生活始めました(その11)

いよいよクライマックス。

●サバイバル86日目~90日目:
・今になって気が付いたが、最近建てた遺跡奥の家は「いえ」で、ジャングル奥の家は「いえ2」という名称になっている。ひょっとして建設順序がゲーム作者の意図とは逆だったのかしらん?
・先日行った岬へもう一度行くと、AM●時頃に船が見えた。で、家に帰るとイカダ製作に。しかしこれでイカダ作って脱出したら終わり? 地震は結局何だったの? 無線の話は? 遺跡のまだ入れない場所は? 謎がまだたくさん残ってるけど、これから全て解決するんだろうか?
・久々に海に潜ったら「地図(A)」を発見。これって何に使うんだろう。(B)とか(C)とかもあるのかしら? ここへ来て謎は増えるばかり。

●サバイバル91日目~95日目:
・イカダの材料用にジャングルで丸太やツタを集めて回って、遺跡の家に帰らずにジャングル奥の家に入って棚やツル置きに格納。またジャングルで拾った食料はここでお弁当にして持ち物量を1/4に減らす。なんだかズルイような気もするけどこれがゲーム?
・イカダ製作は順調に進んだが、最後で毛皮×6の試練。あと2枚足りない。ジャングル手前の海岸で夜まで待ってうろつくと、オオカミが2匹連続で襲いかかってきた。おかげで毛皮もそろった。これでいよいよ無人島脱出か?
・イカダ作りは最終段階まで終ったが、体力が無いので決行は明日にする。今更ですが鉄の棒だけで矢やヤリを作れることを知った。遅すぎ。そういや結局ルアーって作れなかったな。説明書には書いてあるけど。

●サバイバル96日目:
・いよいよ出発。イカダを漕ぐ時間を計算して先日船を見た時間よりも30分ほど早く出発したら、「早すぎたね」となって死亡。前作もそうだったけど、この辺りあっさり死んでくれるよな、このソフトは。

●サバイバル96日目(その2):
・気を取り直して再挑戦。海岸で待っていると、勝手にイベント発生して海に向けて出発。これを待てばよかったのね。海上で船を見つけて叫ぶ。一瞬見つけてもらえなかったのかと思ったが、どうやら無事にうまくいったようでエンディングみて終了。「ほんきでサバイバル」が追加された。

★おまけの感想:
・「ほんきでサバイバル」は予想を裏切って面白く無いです。彼女が居ないけど、これはどっちかって言うと足枷が少なくなって有利に働くし、あと、家具類は全て完備、道具や料理の選択肢は全て出てるしトラップ類も解除されてる。楽過ぎる。これでどうやって死ねとおっしゃる。ふつうのサバイバルで生き抜いてエンディングを見た人なら誰でもクリア出来るんじゃないだろうか。。。唯一途中で嵐が3日ほど続いた時があったので、こういう時にお弁当や水の蓄えが無いとヤバイ時はあるかも知れないけど、まぁ言ってみればそれだけ。目的もなくただ生きているだけというのは面白くない。結局10日ほど進めてイヤになってやめた。この点はがっかり。
・今回のサバイバルでは色々謎が残ったまま終ってしまった。前作のように色々な脱出手段が用意されているとかあるのかしら。地震がもっと重要な役割をすると思ってたけど、これはフローネの見過ぎかもね。でも前作のように最後の方にスリルが欲しかった。
[PR]
by nintendods | 2007-05-06 00:56 | SOFT
<< ゲームとライトユーザ(前編) サバイバル生活始めました(その10) >>