あれ?PSPの出荷目標台数が(その2)

えー、正直困惑しております。PSPの出荷台数についてですが、
ロイターの記事によると、
 ・年末までに国内50万台
 ・年度末までに国内100万台、海外含めて300万台
となってます。
しかし、今日のWatchImpressの記事では、
 ・年末までに国内50万台(これは一緒)
 ・年間のキャパシティは300万台、
  来期は日本、北米、欧州で100万台ずつ
と書かれています。
前者は2005年3月末までに300万台、後者は2006年3月末(もしくは2005年末)までに300万台って意味にとれます。一体どっちが正しいんでしょう。
ちなみに私の個人理論として、ゲーム機ってのは発売から最初の半年で何台売れたかで勝負が決まると思ってます。目安は国内なら300万台、北米・欧州なら各500万台。これまでのゲーム機の売り上げ台数を正確にリサーチした訳ではありませんが、今まで失敗したハードって大体このラインを下回ってたんじゃないかな?と思います(詳しい人がいたらコメントもらえると嬉しいです)。
でNDSとPSPの出荷計画ですが、
 NDSが4ヶ月で400万台(国内100~200万台?)
 PSPが3.5ヶ月で300万台(国内100万台)(ロイター説) or 
     12ヶ月で300万台(国内100万台)(WatchImpress説)
となってます。WatchImpressが正しいとすると、この時点でPSPの負けが決定です。。。ハードが普及しないとソフトが売れませんからね。クタラギさんがおっしゃるようにゲーム機は垂直立ち上げが何よりも重要なんです。ロイターが正しいとするとNDSとPSPがほぼ拮抗したような台数になりますし、上記の私の理論からもそれほど乖離した数字にもなってません。やっぱりロイターの方が信憑性高いですかね。でも気になるのがWatchImpressの「年間のキャパシティは300万台」という部分。2004年度末と2005年度末を間違えることはあってもこの文言を聞き間違えるってのはどうも信じがたい面が。もし本当だとするとLSIの歩留まりがとんでもなく悪いことになります(まさかディリー1ロットしか生産できないってことは無いよね?)。○○○不動産の件もあるしWatchImpressは何かPSPに対して見えない力が働いているのかしらん?

最近追記ばかり:
ソニーの業績発表みてハッとしました。今までWatchImpressの「年間」という言葉にひっかかりまくってましたが、「来期」という言葉も書いてありましたね。ソニーでいう「来期」とは1~3月のことかしらん?
もし「年間300万台」が「四半期で300万台」もしくは「今年度中に300万台」の間違いだと考えると、「来期に日米欧で各100万台」とも(年内国内50万台分がどこ言ったという話はあるけど)大体合うし、ロイターの記事とも符合します。やっぱり2005年3月までで300万台だよね。

P.S.
昨日から再びアクセス数がうなぎ登りですが、2chに書かれたかな? うーん、アフォな奴だと言われてそうで見たくないな(笑)
[PR]
by nintendods | 2004-10-28 16:00 | IMPRESSION
<< 設計思想の違い(NDS vs ... あれ?PSPの出荷目標台数が。 >>