N.O.M11月号にNDSの記事

すでに掲載されてから4日程経過しちゃってましたがN.O.M(任天堂オンラインマガジン)の11月号はNDS特集になってました(ここ)。私が注目して欲しいのは開発スタッフインタビュー。任天堂のハード開発というとN64やGCの竹田専務が有名ですが、携帯ゲーム機といえばずっと岡田部長なんですよね(2000年9月のN.O.MでGBA特集が載ってます。こっちも見てみるといいかも)。私が「ゲームボーイの名を残して欲しかった」とNDS発売前夜で書いた一番の理由は、「開発者が同じだから」です。あとはN.O.M記事にもあるように「もともとはダブルスクリーンでもタッチパネルでもなかった(つまり開発当初は正統進化したGBAを目指していた)」という経緯があったからというのもあります。結果的にGBAの路線から外れてしまったかも知れませんが、NDSもGBAと同じ血が流れてるんですよね。だからGBAで培った携帯ゲーム機としての基本性能はNDSにも引き継がれている訳です。

(11/8 14:00頃一部追記)
[PR]
by nintendods | 2004-11-08 11:47 | NEWS
<< インプレッションの前にレポート カテゴリ増やしました >>