ソフトインプレッション(メテオス)

ここでメテオスか?と思われるかも知れませんが、私が体験したパズル系のソフトの中では「メテオス」が一番しっくりきました。今回の任天堂ワールド前後で私の心の中の評価が一番上昇したのがこの「メテオス」です。触る前の評価が低すぎた、という見方もありますが。

何が良かったかというと、落ちものパズルでありながら落ちてきたブロックを打ち上げてしまう、という逆転的な発想に新鮮さを感じたことが一番に挙げられます。そんなもの公式サイト見たら書いてるぞ!と言われるとそれまでなんですが、実際に触ってみるまではピンと来なかったんですよねぇ。また、ブロックが打ちあがるのも上にたくさんブロックが乗ってるとあんまり上がらないし、少ないとビューンって飛んでいくなど色々考えてあります。タッチパネルを使ってブロックの一番上から一番下までズィーーッと所望のブロックをひっぱってくるのも爽快感がありました。基本的に2段点火すると画面から消えていくので、ある程度ブロックがたまって2段分点火できるブロックを確保してから打ち上げると多くのブロックを一気に飛ばすことができます。でもなかなか2段点火できるうまい組み合わせが無いんですよね、これが。ブロックは上下にしか動かせませんが上下にならズィーッと一気に動かせるので、ブロックを並べるのは意外と簡単です。思ったよりゲームの敷居は高くないですね。それだけにゲームバランスというか難易度を調整するのが難しいかも、と他人事のように心配しちゃったりはしましたが。
あとやってみて初めて分かったことは結構アイテムとかあってハデな演出もあることです。どかどかブロックが壊れていったりして、「あー、そのブロックは点火のために残しておいたのに~」ということもありました。また体験台でヘッドフォンを用意していたのは「バンブラ」とこの「メテオス」だけだったんじゃないかな?それだけ音楽にこだわりがある、ということでしょう(すいません、私はあんまり音楽ちゃんと聞いてませんでした)。不満点は上述しましたが難易度調節がうまくできるの?(果たして長く遊べるゲームになるんだろうか?)という心配と、ブロックが少し小さいので見にくいな、ということです。
体験台に並んでいた年齢層は比較的低かったです。どちらかというと小学生~中学生が多かった印象。体験後にシールをもらえますが、余っていたのか一度の体験で3枚ももらってしまいました。シールを20枚くらいもってる中学生ぐらいの子も見ましたが、彼はメテオスばっかり何度も並んでやってたのかな?
[PR]
by nintendods | 2004-11-09 22:35 | IMPRESSION
<< ソフトインプレッション(メイド... ソフトインプレッション(アナザー) >>