ソフトインプレッション(直感ヒトフデ)

名古屋で体験された方のレポートを見ていて、このソフトへの評価が一様に高いことからかなり期待してました。期待が高すぎたためか、私の中では実際に触った後での評価は少し落ちています。事前情報がなければかなり上がってたかも。それでも私の中では「メテオス」の方が若干上ですが。

このソフトもタッチパネルがあってこそ、のソフトです。もちろん十字キーでも出来ないことは無いですがイライラがたまってくるでしょうね。ペンでスィーッと一筆書きできる爽快感がこのソフトの肝だと思います。その爽快感を味わえるのがチャレンジモード。このモードはどんどん落ちてくるピースを消していくゲームなので、「直感ヒトフデ」というタイトルとは裏腹に一筆書きにこだわらないのがうまく消していくためのミソです。ある一筆で前準備をしておいて、次の一筆で一気に消す、ということを考えると一気に消せて爽快感バツグンです。逆にチェックメイトモードでは問題をじっくりと眺めて一筆で消せると判断してからペンを動かすことになります。問題を解くカギは画面全体を白一色や黒一色にすることにこだわらないことです。とにかく横一列が同じ色ならいいので、一番上のラインは白、二番目のラインは黒、という形でも消えてくれます。後は一筆書きで重要となる開始位置を間違わないように注意すれば結構難しい問題でも解けるでしょう。体験台ではこの2つのモードを試すことができました。チェックメイトモードでは20種類ぐらいの問題から自由に選んで解くことができますが、番号の若いものほど簡単になっているようでした。番号の大きい問題も解いてみましたが、結構難しかったですよ。腕に自信のある方は是非お試しを。
パンフレットを見ると上記以外にバーサスという対戦モードがあるようです。NDSを90度回転させて左右の画面で相手と対戦するらしいんですが、90度回転させた状態でNDSを持つのって難しくないでしょうか?対戦もどういう形式になるのか楽しみです。
並んでいたのは中学生~大学生ぐらいの年齢層が中心でした。名古屋での評判が良かったためか、朝一番を除いて混んでることが多かったです。
[PR]
by nintendods | 2004-11-09 23:35 | IMPRESSION
<< ソフトインプレッション(ドリラー) ソフトインプレッション(メイド... >>