ソフトインプレッション(ポケモンダッシュ)

さあ、あと2つ。私の中では非常に低評価のポケモンダッシュです。

私が見た限り、このソフトは「上のレーダー見ながらピカチュウをチェックポイントに早く到達させる」ということのみを争うゲームです。別にそれはそれでいいんですが、その「早く到達する」方法として、「タッチパネルをスライドさせて走る」と「風船を付けて空を飛ぶ」の2つしか用意されていません。競争相手を電撃ビリビリさせることもなければ「難しいけどここをジャンプしてショートカットすればタイム短縮」というスリルも無い。つまり競争相手との駆け引きが無く、ひたすら己との戦いを描いた硬派なゲームなのです(汗
まあ唯一あった面白みのある要素と言えば、空から地上へ降りる時に風船を自分で割る(タッチパネルをつっつく)ことで早く降りられるってことぐらいでしょうか。でもこれぐらいのことなら小学生でもすぐに覚えますよね。実際私が待ってる時に前で体験していた小学1年生ぐらいの子は一瞬で覚えて次から常に使ってました。
このゲーム、「ピカチュウ」だからそれなりに売れるんでしょうけど、私はこういう商売したらダメだと思うんですよね。キャラが「ピカチュウ」で無くても、題名に「ポケモン」が入って無くても面白い、だけど実際に触ってもらわないと面白さが分からないゲームだから敷居を低くしてみんなに触ってもらえるように有名ブランドのキャラを使おうか、って言うのならいいんですけどね。このゲームはどうも「とりあえずピカチュウのゲーム出しとけ」に見えて仕方が無いワケです。ピカチュウはかわいかったですよ、メニュー画面で3Dのピカチュウがお出迎えしてくれます。タッチパネルで触ると反応してくれますし。でもそれだけでした。
体験台に並んでいた人は色んな年齢層の人がいました。もちろん子供も多かったですが、クリスマスに購入を考えている(?)と思われるお父さんやカップルで並んでいる人も居ました。私はこのソフトを閉場間際(15:45ぐらい)に並び始めました。この台以外の人気のある台はすべて15:40頃から並ぶの止められてたんですよね。終わりが近づいていたためかそれまで30分ぐらいの待ち行列が出来ていたのがこの時だけ列が減ってて10分で体験できました。閉場間際は混んでた台から急に人が減ったりするので滑り込みで体験するチャンスです。
[PR]
by nintendods | 2004-11-12 09:03 | IMPRESSION
<< ソフトインプレッション(牧場物語) ソフトインプレッション(COO... >>