ソフトインプレッション(牧場物語)

トリを飾るのは「牧場物語 for DS」です。

このソフト、はっきり言って私の守備範囲ではありません。だから感想を述べること自体無理があるというか。例えるなら、20代の女性についてあれやこれやと好みを述べることができても小学生の女の子については述べることが出来ないみたいな。あまりにも私の思想と違った観点で作られていますので、ここはインプレッションというよりどういうゲームだったかを客観的に書いてみましょう。
このソフトでは、上画面に牧場の絵があり、その中を牛やにわとりや馬などが居ます。主人公はその中を動き回り、牛とエンカウント(笑)すると「おさわりタイム」に突入します。下画面いっぱいに牛が描かれ、タッチパネルで触ってやると牛が喜びます。そうそう、おさわりをするためにはエンカウント前に下画面に現れている装備画面にてあらかじめグローブを装備しておく必要がありますよ。牛以外にもにわとりなんかも撫でてやることができました。また馬には乗ることができます。ゲーム開始直後は白っぽい感じの画面だなぁと思ってましたが、しばらくするとくっきりした感じの絵になってきました。朝もやが晴れたような雰囲気を出していた様子。時間経過の概念があるのかも知れませんね。
牛やにわとりを撫でた時、「Nintendogs」のように牛やにわとりがそれに対してもっと反応してくれればいいのになぁと思いました。現状はハートマークが出るだけです。以上、唯一の感想でした。
並んでいたのは圧倒的に女性が多かったです。小さい子も多かったかな。はっきり言ってここに並んでいる間が一番はずかしかったです。うきまくりでした。
[PR]
by nintendods | 2004-11-12 09:31 | IMPRESSION
<< ソフトインプレッション(映像出... ソフトインプレッション(ポケモ... >>