カテゴリ:NEWS( 58 )

DS Lite発売

DS Lite発売と聞いて、こりゃ寝ちゃおれんと復活しました。
ごぶさたしております。ここ1週間ほどはネットに一度も触れることもなく、完全に情報に乗り遅れてます。一応お決まりの発売日やスペックを貼っておきましょうか。

●名称:ニンテンドーDS Lite
●発売日:2006年3月2日
●価格:16,800円(税込み)
●サイズ:(横)133.0×(縦)73.9×(厚み)21.5mm
●重さ:218g
●追加機能:4段階の輝度調整機能

サイズは容積で60%程度、重さで80%程度にまで小型化されました。現行DSを使っている方の一番の不満点は恐らくサイズと重さだと思いますので、その点、ユーザの使い勝手をかなり向上してくれるのではないかと思います。

発売日は3月2日ということで、またしてもスクエニのソフト発売日に合わせてきました。任天堂はかなりスクエニに気を使っている印象を受けます。まぁPSPとの差は大きく開いたとは言え、スクエニがDQやFFをPSPで出すと言えばかなりインパクトがありますからね。気を使って使いすぎることは無いのかも知れません。3月発売ということで、年末の現行DS品薄の原因もなんとなく見えてきました。任天堂としては現行DSはあまり在庫を残さず新型にうまく移行させるつもりが、予想以上に売れてしまって3月までに売ればいいと思っていた在庫をすべて使い果たしてしまったのでしょう。いつも潤沢な在庫を用意して品切れを起こさない任天堂らしからぬ失態だと思っていましたが、ようやく原因がわかりました。
また、価格についても1,800円値上げしてきたのは、それなりに意味がありそうです。ひとつは据え置き機の不振によっていまやDSに稼いでもらうしかないという台所事情、そして国内においてはPSPとの携帯ゲーム機戦争がほぼ終結してしまい、価格面で無理する必要がなかったこと、最後に、年末に現行DSが売れすぎたため逆に新型DSを15,000円で売ったり現行DSを値下げすることが出来なくなってしまった(苦情が出るため)のではないかと考えられます。

次に、ニュースリリースのイラストを見てみましょう。下画面が少し盛り上がっているように見えます。DSの下側はカセット、カートリッジ、タッチペンが格納され、かつ、液晶パネルとタッチパネルが入るのでどうしても厚くなってしまいますが、下画面を盛り上げることで下側の厚みを少しでも減らし、スッキリした感じに見せているのではないかと思います。下側が盛り上がっているので、上側は少し凹んだ形になっているのではないかと思いますが、残念ながらイラストでは確認できませんね。
また、POWERボタンが見当たらないのも気になります。現行DSのPOWERボタンの位置だと、稀に十字キーの上を押そうとして間違ってPOWERボタンを押してしまうことがありましたが、今回はどこに移動したのでしょうか? 一番高い可能性は側面のどこかに移動したのだと思いますが、この場合はキーと押し間違えることはなくても持ち運びの最中に押されてしまうのが心配です。DSの場合はすれ違い通信など、電源を入れたままバックに入れて持ち歩くことがあるので、その辺りの配慮(ホールドキーなど)がされていればいいんですが。。。

最後に気になったことをひとつ。
現行DS付属のタッチペンは約74mmで、DS Liteには現行DSのように縦向きに入れることが出来ないのではないかと思います。そこで考えられることは2つ。より短いタッチペンを付属させるか、それとも横向きにペンを入れるように変更するか。現行DSのペンはかなり短くて不便なので、これ以上短くするという選択肢は少し考えにくいような気がします。とすると横向きに収納する形になるのですが、そうすると今度はDSのカートリッジとGBAのカートリッジ(共に約34mm)を現行DSと同じような形で収めるのはほぼ不可能になります。こちらも考えられるのは2つ。ひとつはDSのカートリッジも横から収納するという案、もうひとつは(GBAの時のGBカートリッジのように)GBAカートリッジを外にはみ出させるという可能性。ハッキリ言ってどちらも少々ダサいのでやめて欲しいのですが、縦73.9mmという値からは、現行DSと同じ収納方法は出来ないことだけは間違いありません。どのように配置してくるのか、謎を明らかになるのはいつでしょうか?
[PR]
by nintendods | 2006-01-30 01:08 | NEWS

「ファミコンIIコンバージョン」引き換え開始

始まりましたよ~ん。
しかしこれがまた結構な制限つき。

●引き換え期間12/2~12/20
●ゲームボーイミクロ本体のポイント登録が必要
●ゲームボーイミクロ本体のポイント登録台数に
 かかわらず、引き換えは1会員IDにつき1個まで。

あれだけ待たせた上に事前の告知なしで引き換えスタートしておいてわずか3週間ほどの引き換え期間を設けたり、ミクロ2台以上買ってもフェイスプレートは一枚しか手に入れられないって。。。

ちょっとイタダケナイですね。プンプン(怒)
[PR]
by nintendods | 2005-12-02 00:41 | NEWS

「おいでよ どうぶつの森」TV-CM開始

先日WiFi公式ページも出来て、がぜん11/23のWiFiコネクション開始が待ち遠しくなってきた私。その11/23にWiFiコネクション対応ソフト第一弾として任天堂から発売されるのが、「おいでよ どうぶつの森(以下「おい森」と略)」です。
この「おい森」のTV CMが始まりました。Touch-DSサイトのここから見ることもできます。おじさんから見る限りでは、「ニンテンドッグス」を買った女性層にヒットしそうな非常に好感が持てるCMだと思ったのですがどうでしょうかね? 任天堂が日本では「マリオカートDS」よりも「おい森」を先に発売する意図がなんとなく分かったような気がします。私は当初、Touch!Generationでライトユーザを獲得し、その後WiFiコネクションでコアユーザを取り込むという戦略だとばかり思っていましたが、日本国内に限っては、どうやらその推測は間違っていたようです。CMを見ると明らかにライトユーザを意識した戦略。ターゲットはずばり「ニンテンドッグス」購入者層ですね。「おい森」は果たして「ニンテンドッグス」のように100万本を出荷するような大ヒット作品になるでしょうか。私はね、あのCM見てると結構いくんじゃないかと思います。ズバリ初週12万本、年内合計40万本と予測しますがさて。

「おい森」発売まであと10日!
P.S.
このサイトを見てる多くの人は既に知ってるかも知れませんが、「おい森」のことなら泣き虫さんの「すーきー’sキングダム」が詳しいです。是非ごらんあれ。
[PR]
by nintendods | 2005-11-13 00:24 | NEWS

ニンテンドーWi-Fiコネクション

ついに公式サイトが出来ました(ここ)。WindowsXPのUSBコネクタに差すだけでNDSと接続できるUSBコネクタ(3,500円+送料)もオンラインのみですが発売になってます。Wi-Fi対応ソフト第一弾である「おいでよ どうぶつの森」発売日の11/23に合わせて発送してくれるようです(11/16までに申し込んだ場合)。

NOM(Nintendo Online Magazine)11月号の特集もWi-Fi対応ソフトですし、一気にWi-Fiネタ一色になりましたね。公式サイトを良く読めば分かることだとは思いますが、注意すべきだと思った点をいくつか列挙しておきます。
1.USBコネクタはネット販売のみ。店頭販売は行われないのでご注意
2.USBコネクタはWindowsXPにしか対応してません。それ以外の
  OSの方は間違って買わないように
3.USBコネクタを使用する場合にはPCを立ち上げておく必要があり
  ます。常時接続している人なら良いですが、そうでない環境の人は
  そのあたりを理解しておく必要があります
4.既に無線LAN環境が家にある人は、あえてUSBコネクタを買わなく
  ても通信できるかも知れません。今後代表的な無線LANのルータに
  ついては公式サイトに説明が出るようなので、注意して見ておき
  ましょう。
5.ケーブルTV事業者のネット接続などでは、一部Wi-Fi接続できない
  プロバイダがあるようです。ダイヤルアップやISDNの接続も不可。
  このページの下の方にある「接続チェック」で接続可能か
  チェックしておいた方がいいでしょう
6.「おいでよ どうぶつの森」は国内の人としか接続できませんが
  「マリオカートDS」は海外の方とも対戦できるようです。
7.「おいでよ どうぶつの森」でWi-Fi接続を楽しむ場合には、あらかじめ
  接続したい人とフレンド登録をしておく必要があるようです。つまり
  接続してすぐ遊べるワケではなく、接続前にメール等で「ともだち
  コード」と呼ばれるコードを交換しておかなくてはなりません。特に
  Wi-Fiステーションなど家の外で接続しようと思っている方は注意
8.国内販売されているNDS本体やソフトを海外に持っていっても接続
  出来ないようです。逆は書いてませんが、海外版NDSや海外版
  ソフトを国内で接続することも恐らく出来ないでしょう。

自分がどうやってWi-Fi通信すればいいのか分からないって人はとりあえず公式サイトのここを見るといいでしょう。自宅で今の環境で接続出来そうか、もしくはUSBコネクタが必要か、はたまた接続環境を求めて家の外へ出る必要があるのかが分かるでしょう。

今回私があえてこういったことを記事に書いた理由は、任天堂はとても頑張っているけれど、それでもWi-Fi接続ってのはライトユーザにとっては敷居が高いと感じているからです。特に教授やあたま塾あたりのソフトを孫に買ってもらったおじいちゃん・おばあちゃん世代には苦しいでしょう。それでも私は、このWi-Fi接続がこれまでの任天堂の数々の失敗(GBモバイルなんかのことね)やPSPのネット接続のように一部のマニアックだけのお楽しみになって欲しくないと思ってます。
・全国1,000箇所に無料の接続スポットを設置予定
・(少なくとも)任天堂発売のソフトは利用料が無料
・USBコネクタを第一弾ソフトと同時発売
・2005年中はサポセンが土日もやってる!(ここ
など、非常にユーザのことを考えた取り組みをしているWi-Fiコネクション。一ユーザとして、今回の取り組みは是非成功してもらいたいと思ってます。
[PR]
by nintendods | 2005-11-09 01:03 | NEWS

ファミコンIIコンバージョン発売延期

がびーん。
クラニンからメール来ました。
当プレゼントは、9月13日より引換え受付を開始する予定でしたが、製造上の都合により、予定数量の確保が困難となりました。このため、数量の不足による混乱を回避するべく、安定した供給の目処が立つまで受付を延期させていただきます。
0:00ジャストを待ってクラニンに接続しようと思ってた矢先のメール。もっと早く送ってこんかい(怒)。

クラニンのサイトにもお詫びの文章が載ってました。
[PR]
by nintendods | 2005-09-13 00:04 | NEWS

みんなでつくるバンブラ!収録曲発表!!

一日遅れで発表されましたね。
曲目は公式サイトを見てちょ。

ORANGE RANGEが強いねぇ~。3曲も選ばれてます。当然と言えば当然なんでしょうが、最近の曲が多くてオールドタイプの私にはちょっと辛い選曲ですね。。。半分近くは知らない曲だし。まぁ曲名を知らないだけで聴いたら分かるってのもあるかも知れませんが。

調整中の2曲も気になるところですね。単純にリクエスト上位20曲を選ぶだけなら調整する必要もないので、やっぱりそれなりにバンブラという制限の中で実現可能かどうかをチェックしてるんでしょうか。
  8/23 PM11:30追記:いつの間にか調整中の2曲も決まってました。
  "栄光の架橋/ゆず"と"日本ブレイク工業社歌/萬Z"だそうな。
  ところで萬Zって誰?

気になる発売日と価格も発表されてます。
 発売日:2005年9月26日
 価格(税込み):2,350円+送料450円=2,800円

この価格を安いと見るか高いと見るかは人によって変わるかも知れませんが、私はまずまず安いんじゃないかと思います。2,350円はそれ程任天堂が儲かる価格設定とは思えないので(予約が数万本単位で集まるなら話は別ですが)。
なおこの商品は任天堂のオンライン販売のみの扱いとなります。買いたい人はこちらからどうぞ。

あと、小ネタですが、リクエストした時にプレゼントとして表示されていた「No More Cry」の楽譜が8/31までの限定で掲載されてます(掲載場所は収録曲発表のページの下の方)。途中まで入れて断念していた人はあと1週間ほどありますので、再トライしてみては?
[PR]
by nintendods | 2005-08-23 11:50 | NEWS

クラニンにGBミクロのフェイスプレートきた~

以前にクラブニンテンドーの景品を考えるという記事を書いたこともありましたが、やっと任天堂さんもやる気になったようです。

ゲームボーイミクロ用オリジナルフェイスプレート
「ファミコンⅡコンバージョン」


いや~、ヤバイっす。ミクロのファミコンバージョン(Ⅰコンバージョン)見ただけで心が揺れてしまった私が、これで完全にノックアウトされちゃいました。Rambling ManのRistrettoさんが書かれているように(記事はここ)こりゃ2台買っちゃいそうです。幸いクラニンのポイントは1,000ポイント以上あるしね。200ポイントなんて軽い軽い。9/13から交換開始なので、急いで交換しないとすぐ売り切れになっちゃうかも。

また、今回のことで少しはやる気になったのか、売り切れ状態にあった他の景品も9/15から交換を再開するようです(詳細はクラニン公式サイトで)。あとはNDSのボディーカラーチェンジやみやもっちの直筆サイン入りグッズの交換を始めてくれれば言うこと無いんですけどね(^^;

今回Level101さんにもトラックバックさせて頂いてますが(記事はこちら)、この中でhandle101さんが興味深い考察をされてます。
で、200ポイントとのことなので、プレートの市販価格がぼんやりと見えますよね。
2,500円のコントローラが500ポイント、 2,000円のワイヤレスアダプタやメモカ251が400ポイントですから、 200ポイントで引き換えられるとなると、単純計算なら1,000円です。
1,000円でフェイスプレートが買えると嬉しいですね。これぐらいの値段なら何種類か買って着せ替えを楽しむ人も増えそうですが、果たしていくらで販売されるのでしょうか?
[PR]
by nintendods | 2005-08-22 23:40 | NEWS

プレイやんミクロ?

ぶぶぶー。お茶吹きました。
2ch読んでたらこんな(アマゾン)情報が。

プレイやんがGBミクロの発売に合わせて店頭販売?
なんだか名前が違ってますが、アマゾンのページを見る限りは外形寸法は一緒の様子ですね。

ホントに任天堂は恐いですねぇ。PSPに生き残る道はあるのか?(エロ以外で)

★アマゾンへのリンクがアフィリエイト付きだったようで、昨晩の記事が非公開にされてしまったようです。再投稿しましたが、何件か頂いたコメントを引きつぐことが出来ません。ごめんなさい。あと、この記事を元に書いた記事で同様の状態になっている方(ひょっとするとかなんさん?)もごめんなさい。上記のリンクなら大丈夫かな?ドキドキ。

以下、コメント頂いた方に対する返信:
●イモっちさんへ
プレイやんミクロの画面構成が変わってる件、イモっちさんのコメントで初めて気がつきました。MP4変換ソフトの情報が更新されないって書いておられましたが、それってカノープスのやつのことでしょうか?数日前にこのページが更新されているようですが、もう見ました?

●かなんさんへ
ミクロ本体の予約開始の件、情報ありがとうございました。私の貼ったURLが原因でかなんさんところも同じように非公開くらったのでしたらゴメンなさい。

●liceさんへ
レボではどのような戦略を見せてくれるか楽しみですね。liceさんもミクロはファミコンカラーを購入予定ですか? 私は着せ替えパネルの選択肢が広がるように、シルバーかブラックにしようかと考えてます。プレイやんの画面が変わったのは、サイズが小さくなったことと購入層を考慮してのことでしょうかね。
[PR]
by nintendods | 2005-08-21 00:23 | NEWS

GBミクロ9/13発売!

思ってたよりも公式ページの情報量が多かったので新記事にしました。
GBミクロの発売日と価格が決定です。

 発売日:2005/9/13(火)
 価格:12,000円(税込み)

本体カラーはいきなり5色(シルバー、ブラック、ブルー、パープル、ファミコンバージョン)で発売となります。発売日にこれだけカラーリングを揃えたゲーム機も他に無いんじゃないかな? GBミクロはさらにフェイスプレートも発売されることが決まってますので、発売日にして好みのカラーリングを見つけることができそうです。

公式サイトには何気に細かいところまで書いてありますが、これまでCPUの外に付けられていた256KBのSRAMがCPUに内蔵されたようです(公式サイトで288KBとなっているのは元々内蔵されていた32KBのSRAM+256KBってことだと思います)。エセ携帯ゲーム機ハードオタクとしては、これでCPUのチップサイズがどう変化したのか?LSIのピン数が減った影響は?消費電力は?と色々妄想が膨らむ一文であります。さあ解体熱が上がってきましたよ!

専用ケーブルか専用ワイヤレスアダプタを購入する必要がありますが、通信機能もサポートしてくれてるのは嬉しい限り。また、バックライトの光量を変更できるのも嬉しいですね。次にNDS-SPを作る時には是非NDSにもバックライト調整機能を入れて欲しいものです。
公式ページで外観図を良くみると、GBAやGBA-SPよりも外部拡張コネクタの形状が小さいようです。通信ケーブルが専用になったのもそのためかも知れませんね(もしくは端子電圧が変わった可能性もあり)。また、それ以外にもバックライト光量を調整するボタンで音量も調整するような記載がありますね。音量もデジタルで調節できると細かい設定が出来るので良いんですけど、果たしてどうでしょうか。

難点を挙げるならその価格設定でしょうか。本気でGBAを3本目の柱にしたいのなら10,000~11,000円の範囲に抑えて欲しかったところ。この強気の価格設定でどこまで売れるでしょうか。。。
[PR]
by nintendods | 2005-08-18 16:19 | NEWS

GBミクロの発売日と価格

いよいよGBミクロの発売日と価格が明らかになりました。。。

といっても北米と欧州のみで、日本はまだですが。
●北米
 発売日:2005/9/19
 価格:99.99$(米ドル)
●欧州
 発売日:2005/11/4
 価格:69£(英ポンド)

価格については、99.99$を日本円に換算すると11,000円弱、69£は14,000円弱となります(8/17現在の為替レートで計算)。日本での発売価格も1万円を少し超える程度になるのではないでしょうか。例えば12,000円とか12,500円とか。個人的には11,000円を下回って欲しいところですけどね。
日本での発売日については、北米で9/19に出せるのであれば、発売台数のことさえ目をつぶればマリオ20周年の記念日にあたる2005/9/13に出してしかるべきでしょう。もう9/13と断言してもいいと思ってます。白PSP発売(9/15)の2日前にぶつけられるという面でも戦略的に大きな意味を持ちますしね。

日本での発売日と価格が決定したらこの記事に追記します。
それまでは北米の公式サイト(ここ)やら欧州でのカラーバリエーションの写真やら(ここ)を見ながらソワソワしてましょうかw
[PR]
by nintendods | 2005-08-17 23:42 | NEWS