カテゴリ:NEWS( 58 )

ニンテンドーDS用スクラッチガード発売

アドバンスムービーでお馴染みの(?)am3がNDS用のスクラッチガード(NDS本体全面に貼るシール状のもの)を発売するというニュースが出てます(こちらこちら)。
ひとつはニンテンドッグス発売を記念してワンコ柄3種類(4/21発売、税込み500円)、もうひとつはポケパーク開催を記念してポケモン柄3種類(5/1発売、税込み500円)となっています。なおポケモンバージョンはポケパーク限定発売のようです。

こういう試みは是非続けて欲しいものですね。今は個性の時代。着せ替え携帯や一車種でカラーリングバリエーションが10種類以上の車なんてのも普通になりました。それだけ個性が多様化し、またその個性を主張する人達が増えてきたんでしょうけど、NDSはつい最近までカラーバリエーションがありませんでした。先日の新色発売で販売台数が増えたことから見ても、ゲーム機にもカラーバリエーションという個性を求められているのでしょう。既にプラチナシルバーを購入した人達にとっては500円で(多少は)オリジナルなNDSを持てるということで選択肢も広がるのではないでしょうか。今後も色々なバージョンを販売していってくれると嬉しいですね。

ところで500円で売られるようなものをお試し版ダウンロードするだけでタダで配ってしまうメテオス開発チームにはつくづく参ります。その心意気に打たれた私はあえてメテオス仕様に換装しました(笑)。
b0020549_11583366.jpg
b0020549_11583917.jpg
b0020549_11584524.jpg

裏面は無節操に貼りすぎですねorz
近くにシールを配っているお店がある方は、一度行ってみてはいかがでしょうか?(詳しくはこちらこちらを見てね)
[PR]
by nintendods | 2005-04-15 12:05 | NEWS

またまた新色

NDSにまたまた新色登場。といっても愛・地球博に併せて開催されているポケパークでの限定発売みたいですけど。ここに写真が載ってます。色的には私の好みですけど、ポケパークに行かないと買えないというのが。。。価格は他の色と同じく税込み15,000円、発売は5月上旬からとのことですので、ポケパークに行く予定のある人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ってまさかエイプリルフールのネタ記事じゃないよね?

追記:
やられた~(笑)
こんなところにもDSの新色が。「ジオライトブルー」らしい(^^;
ほっ、欲しい。家にあるジオシール3シート分で自作するか(爆)
[PR]
by nintendods | 2005-04-01 17:09 | NEWS

今のPSPが2/3の性能しか発揮できていない理由

PC Watch記事から。私がこの件に突っ込む必要も無いんでしょうが、他に書く記事も無いので書いてみることに。
この記事を読んで私が思ったことをいくつか。

●やはりSCEのカタログスペックは信じてはいけない。
元々SCEはカタログスペックを大々的に宣伝するのが好きですが、今回の件に限らずそのスペック自体がどうも眉唾ものということが多いです。222MHzであってもPSPのスペックが高いということは確かですが、実際には出ない値で計算されたカタログスペックだけで製品の価値を決めてしまわない方がいいですね。特にSCE製品の場合は、実物を見てそれをもって判断するべきでしょう。
まぁしかし、SCEには、こういうウソのカタログスペックで大々的な宣伝はして欲しくないですね。ゲーム機のカタログが信じられなくなるとカタログでの比較が出来なくなってしまいますが、それは結局消費者の選択する基準をひとつ奪っていることになりますから。消費者のことを考えるならPS3ではホンモノのスペックで勝負して欲しいものですし、今からでもPSPのスペック表は修正して欲しいものです。

●ごとっつぁんは何故今頃になってGDCの時の記事を書いているのか?
GDCが開催されたのは3/10頃だったのに、なぜ2週間遅れで記事にしたのか。何か作為的なものを感じるのですがね。。。深読みしすぎでしょうか? それにしてもGDCに行ってるメディアの連中は、こういうことを報道しませんね。そんなにソニーが怖いのか。PSPのスペックは333MHzとさんざん書いておいて、実は222MHzでしたって記事は書かない。NDSの米国発売も豪州発売も欧州発売もほとんどスルーするくせに、「ソニーが3月末にPSPを米国で発売!」みたいな記事は一生懸命書く。これって公正なニュースを配信するべきメディアとしてはどうなんでしょうね?

●OSサイズでかすぎ!
OSが8MBってあなた。NDSのメインメモリは4MBですが、メテオスお試し版などのダウンロードゲームはこのメインメモリだけで動いているんですよ。すなわちNDSのゲームは4MBで出来てしまうのに、PSPはOSだけで8MBですか。。。携帯ゲーム機としてはちょっと異常ですね。
ちなみにGBAの時の1カートリッジプレイでは、GBAのメインメモリである256KBにすべて収める必要があるので、PSPのOSの1/32サイズですな。

●今後333MHz版PSPが出るのか?
出た場合、本体価格はどうなるのか? 互換性はあるのか?(現行PSP用ソフトが333MHz版PSPで動くかという意味と、今後333MHz版用専用ソフトが出てきて現行PSPでは動かなくなるのか?という2つの意味で) という疑問が沸きます。価格については以前クタラギ社長が意味深なことをインタビューで言ってました(元記事はこれ)。
PSPというプラットフォームを守りながらも、何らかの原因で価格は上がるかもしれない。
もしかして333MHz版PSPは価格を上げて出そうって魂胆じゃないでしょうね。。。

追記:
またしても泣き虫さんのコメントから記事のネタを思いつきました。
CPUが222MHz→333MHzにクロックアップして、一体動作時間がどれぐらい短くなるかについて考察。
まずCPU単体としては周波数アップと消費電力の増加はほぼ比例します。周波数に合わせて動作電圧が変わるならそれも考慮に入れる必要がありますが、不明なのでとりあえずは無視。CPU以外は周波数アップに影響を受けないので、消費電力は変化ありません。次にPSP本体で消費される電力のうちCPUがどれぐらい消費しているかですが、これは不明なものの何か仮定をしないと計算できないので、ざっくりと全体の1/3がCPUであると仮定しておく(それほど間違った値では無いと思います)。
この仮定のもとで、クロックアップによって現状4時間動作するゲームが一体何時間になるかを計算すると、
 4.0(時間) / {(1/3 * 3/2) + (2/3 * 1)} = 3.43(時間)
と、30分ほどしか変わりありません。なお電圧を例えば1.1V→1.3Vとかに変える必要があると仮定すると(計算式は省略しますが)3時間ぐらいになります。かなり大雑把ですけど、まぁ大体3~3.5時間ぐらいになると考えていいでしょう。
SCE側の人間になったつもりで考えると、たかが1時間で333MHzを諦めるでしょうか?1時間がそれほど大事ならバックライトをもう少し落とせばいいだけの話。ごとっつぁんは消費電力が原因と分析してますが、どうもそれだけじゃない気がします。
私の予想はずばりCPUの歩留まり(良品率のこと)。チップ設計でどれぐらいの周波数をターゲットにしているかにもよりますが、333MHzだと動作しないけど222MHzでなら動作するってチップは結構あるハズです。つまりそれらのチップを良品と見なすことで良品率がアップし、CPU供給の面やコストの面で有利になるんですよねぇ~。そういう社内事情がチラホラ見えて来た様な来ないような(笑)。
[PR]
by nintendods | 2005-03-23 11:46 | NEWS

NDS新色発売&Nintendogs

NDSの新色発売が決定しました。2段階に分けて発売されます。
まずは3/24に「グラファイトブラック」「ピュアホワイト」の2色、そして4/21に「ターコイズブルー」「キャンディピンク」の2色(公式サイト)。
3/24は「タッチ!カービィ」を含め4タイトルの発売日であり、4/21はNintendogsの発売日です。ここで一気に本体の販売台数を伸ばそうという戦略があるようです。特に華やかなカラーバリエーションが揃う4/21は、Nintendogsと共にどれだけ売れるかが大きなポイントになるでしょう。

そのNintendogsですが、3バリエーションでの発売となるようです(Nintendogsの公式サイトはこちら)。各パッケージ毎に5種類の犬種で遊ぶことができ、通信などですべての犬種を揃えることも可能とのこと(犬種の情報はこちら)。うーん、まさか3種類のパッケージで出してくるとは思ってませんでしたが、通信を前提にするなら賢いやり方ですね。これでNDSをスリープモードにして外に持ち出すことが増えそうです(Nintendogsではスリープ状態でもNDS同士が勝手に通信して犬を交換するらしい)。
[PR]
by nintendods | 2005-03-02 19:02 | NEWS

ニンテンドーDSダウンロードサービス

始まりました。ニンテンドーDSを使ったダウンロードサービスが(公式サイト)。これまではワールドホビーフェアでのメテオス体験版や黄色いお友達(ポケモンダッシュ)のコース配布ぐらいしか無かったダウンロードサービスですが、いよいよ本格的なスタートになります。
しかし、期間限定&店舗が非常に限られているのが残念なところ。LEVEL101さんのところでも指摘されてますが、本当に配信したいならもっと店舗を増やすべきでしょう。ただ、メテオス公式サイトを見ると、
実施箇所はいまのところ、北海道・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡!
これからも増えるであろう。めでたしめでたし。
と書いてあります。「これから増えるであろう。」に期待したいですね。
[PR]
by nintendods | 2005-02-26 01:00 | NEWS

次世代ワールドホビーフェアでメテオス体験版をゲットしよう

第21回次世代ワールドホビーフェアが明日以降、全国4都市にて開催されます(公式サイトはこちら)。
 1/16(日) 大阪大会(大阪ドーム)
 1/22(土)~23(日) 東京大会(幕張メッセ)
 1/30(日) 名古屋大会(ナゴヤドーム)
 2/ 6(日) 福岡大会(福岡ドーム)
あまり興味は無かったんですが、メテオス公式サイト(ここ)を見て急に行く気になってきました。
なんと!ニンテンドーDSをもってくれば、体験版のダウンロードができてしまう!つまり、おためし『メテオス』を家に持ちかえれる!!それだけじゃないぞ。なんと、体験版は体験版どうしで対戦までできてしまうのだ!ガーーーーン!すげぇ。すげぇ画期的。たぶんいわゆる業界初。発売前のソフトが携帯ゲーム機にダウンロードできてしかも通信対戦できる。
体験版も欲しいですが、何よりこういう試み自体にどれぐらいの反応があるのか見てみたくなりました。当日の気分次第ではありますが、ひょっとしたら大阪ドームに出没するかも、です。その時にはまたレポート記事を書きます。ピクチャとか余裕でできそうですね。そうだ、バンブラを持っていこう♪(気分次第とか言っておきながらスゲー乗り気)
[PR]
by nintendods | 2005-01-15 01:02 | NEWS

ええ~っ? PSPが欧米で3月発売!?

ロイターの記事によると、SCE久夛良木社長が経済3団体の新年祝賀パーティーでPSPを欧米で3月に発売することを明らかにしたとか。
ええ~っ? 大丈夫ですか?
月産40万台程度と思われる現状ではとてもじゃないけど欧米向けに出荷は無理だと思ってましたが。仮に12月~3月まで月産40万台+発売前の作りおき分20万台と仮定すると40*4+20=180万台。この台数では割り当ては国内100万台(既に売れた分も含む)、北米と欧州に各40万台といったところでしょうか。月産50万台まで行けば計220万台で国内120万、北米・欧州が各50万といった感じとか。どちらにしても3月末までの国内販売台数が120万台を超える可能性はほとんど無くなったと言っていいでしょう。
一方年度内500万台出荷予定のNDSの場合は国内200万台、北米200万台、欧州100万台といったところでしょうか?既に月産130万台程度の生産能力が出来ていると思われるので、需要さえあればさらに(最大650万台程度まで)出荷量を増やすこともできそうです。

さて、主要3地域でいずれもNDSの出荷台数がPSPを大きく(1.6~4倍程度)引き離すことになります。NDSが売れない状況なら出荷台数の差はあまり関係ないのですが、現状ではNDSの売れ行きは好調であるため、当分は出荷台数の差が販売台数の差に影響してくるものと思われます。ゲーム機はある程度普及すると、そこからは寡占状態になる(勝ち組になった唯一のゲーム機は売れ続け、負け組になったその他のゲーム機は途端に普及台数が頭打ちになる)ので、私にはSCEのこの戦略(欧米で3月発売)は無謀に思えるのですが。。。

追記:
先日「PSPは年内50万台出荷出来ていない可能性が高い」と書きましたが、久夛良木社長曰く51万台を出荷したとのことです。12/24頃の出荷が最後と思ってましたが、12/30頃に年内最後の出荷を行ったようなので、それでギリギリ達成したんでしょうね(ということでPSPの年内販売台数も40万台を超えた可能性がありますね)。年末の出荷のおかげで私の近所の電気屋でもボチボチ店頭に並び出したようです。週末にはまた売り切れ状態でしょうけど。
[PR]
by nintendods | 2005-01-06 00:30 | NEWS

NDSソフト売り上げ

忍之閻魔帳さんのところで12/5までの週間ソフト売り上げが出ているのでトラックバックさせて頂きます(記事はここ)。
NDSソフトだけを抜き出してまとめると、
 ・スーパーマリオ64DS:12万本
 ・さわるメイドインワリオ:11.7万本
の2タイトルが良く売れていて装着率20%を超えています。続いて
 ・ポケモンダッシュ:5万本
 ・大合奏!バンドブラザーズ:3.2万本
 ・きみのためなら死ねる:2.7万本
 ・直感ヒトフデ:2万本
 ・研修医・天堂独太:1.7万本
の5本が1万本超え。元記事中で「バンブラ」と「きみしね」は品切れを起こしたショップが多いと書かれていますが、私の地元では全く品切れしてませんでした。かなり地域で差があったりするのでしょうか。何にせよ品切れで販売本数を伸ばせなかったとすると残念ですね。「バンブラ」や「きみしね」は本体と同時に購入される率が高い(子供向けじゃないので「クリスマスプレゼントで~」とか「お年玉で~」となりにくい)ソフトなので、最初のつまずきは痛いです。それでも「きみしね」辺りまでは最終的に10万本クラスの売れ行きになるのではないかと思います。残りは1万本以下のソフト。
 ・ミスタードリラー・ドリルスピリッツ:0.8万本
 ・ZOO KEEPER:0.5万本
 ・麻雀大会:0.5万本
 ・ザ・アーブズ・イン・ザ・シティ:0.4万本
 ・頭脳に汗かくゲームシリーズVo.1:0.1万本
これらのソフトはちょっと厳しい結果となりました。「ドリラー」「ZOO KEEPER」あたりは女性や子供世代からもう少し支持されるかと思ってましたが、売れ行きは芳しくないようです。

なお、GBAの時ですが、当時のファミ通の記事を書きとめたメモを見つけたのでここに書いておきます。
●2000年3月19日~3月25日(GBAの発売は21日なので実質5日間のデータ)
 ・GBAハード:61.2万台
 ・スーパーマリオアドバンス:22万本
 ・F-ZERO FOR GBA:11.6万本
 ・パワプロクンポケット3:7.5万本
 ・遊戯王ダンジョンダイスモンスターズ:6.1万本
 ・くるくるくるりん:5.7万本
 ・ロックマンエグゼ:4.3万本
 ・ミスタードリラー2:4.3万本
集計方法等の違いがあるかも知れませんので一概に比較しない方がいいかも知れませんがNDSソフトの売れ行きがGBA当時に比べて芳しくありませんね。今後(特にクリスマス~年始にかけて)NDSのソフトがどれぐらい盛り返すか注目です。
[PR]
by nintendods | 2004-12-09 15:42 | NEWS

NDSの売れ行き

ブルームバーグによると12/5までのNDS販売台数は任天堂発表で51.3万台、メディアクリエイト発表で46.89万台とのこと(元記事はここ)。ソフトは任天堂発表で約50万本、メディアクリエイト発表で48.96万本。
51万台が"販売"されたってことは出荷は50万台を超えてたんですかね?いずれにせよ初回出荷をほぼ完売したことになり、まずは順調な出足と見ていいでしょう。ソフトの販売本数も任天堂発表の場合だとNDS1台当たり0.97本、メディアクリエイト発表で1.04本とほぼ本体1台につき1本のソフトが売れたことになっています。売れてるソフトは限られている(装着率20%超えてるのはマリオ、ワリオぐらいか)とは思いますが、それなりにソフトが売れていることにも一安心です。
今後PSPが出て来るので、クリスマス~お正月でどのようにハード・ソフト販売が推移するのかがひとつの勝負になりますね。まぁPSPとの携帯ゲーム機戦争という意味では最終的な勝負は今後1年程度の長い目で見ていく必要があるとは思いますが、まずはPSPがどれぐらいの台数を12日~年末にかけて出せるかという点が重要なポイントになってきそうです。

12/7 AM追記:
NIKKEI NETによるとNDSの初回出荷台数は57万台だった模様です(記事はここ)。当初30万台出荷予定だったのに比べると2倍近く出荷したことになります。工場はフル稼働でしょうね。また51万台が販売されたとのことなので約90%の本体が売れてしまった計算になります。販売台数としてはほぼ理想的(売り切れ続出での機会損失がない&だぶついて購入の先送り感や値崩れが起こらない)ですね。
[PR]
by nintendods | 2004-12-07 00:55 | NEWS

NDSソフト売上速報

忍之閻魔帳さんのところで「新作ゲーム売れ行き速報(12月3日)」が。それによるとNDSの同発ソフトは「マリオ」と「ワリオ」がやっと6万本に到達といったところ。
 スーパーマリオ64DS 63700本
 さわるメイドインワリオ 63500本
 きみのためなら死ねる 20800本
 大合奏!バンドブラザーズ 15400本
 ポケモンダッシュ 15200本
 直感ヒトフデ 9900本
ハードが23万台売れたとのことなのですが、このソフトの売れなさは何なんでしょう。確かにクリスマスまで眠ることになるハードが結構な数になるので特に低年齢層にウケのいいソフトはクリスマス~お正月でもう一度売れるタイミングがあると思ってましたが、「きみしね」が2万本なのはかなり意外。4万本は行くものだと思ってました。この調子だとトータルでも10万本そこそこでしょうか。ドラクエなど他のソフトにお金が流れてしまい、「とりあえずハードだけ」って人がたくさん出ただけなら、年末~年始でもう少し盛り返すんでしょうけどね。
私は「きみしね」「バンブラ」「ヒトフデ」といったソフト(対象が子供に限定されていない、新しい試みがある、アイディア勝負なソフト)がたくさん売れることがNDSの今後にとっていい影響を与えると思っているので、これらのソフトはもっと売れて欲しいですねぇ。
[PR]
by nintendods | 2004-12-04 14:47 | NEWS