カテゴリ:HARD( 14 )

解体新書(GBライト)

b0020549_22322737.jpg何ヶ月ぶりかしら?解体新書のお時間です。今回は任天堂系携帯ゲーム機で唯一残っていたGBライトを分解します。

GBライトってのはGBポケットの約2年後に出た機種で、GBと完全互換を持っています。あとで分解写真を見てもらえれば分かりますけど、CPUはGBポケットと同じもの。大きな違いはバックライトが付いたってことです。まぁあとはGBポケットの単4電池から単3電池に戻ったってことぐらいですかね。単4電池はコストパフォーマンスが悪いので、単3の方が使い勝手が良いですね。

続きを読む
[PR]
by nintendods | 2005-07-10 23:10 | HARD

プレイやん(解体新書)

SDカードまだ買ってません。ぐぅ。
そんなワケで分解してみました。
b0020549_23435741.jpg
b0020549_23441221.jpg

中身はシンプルぷるぷる。主要部品はIC3つ(SDカードスロットの下に2つ実装されてる)と、SDカードスロットがあるぐらい。これなら5,000円で売ることもできますね。
あー、早くSDカード買ってこなくちゃ。

そうそう、MediaStageは8cmCDです。ネタかと思ったらホントだったのね。届いた箱があまりにも小さいのでびびってしまいました。あと、早速ガレージゲームがひとつダウンロードできるようになってましたが、ASFファイル形式って。。。解析のし甲斐がありそうだ。一応解除キーじゃなくてソフト本体が入ってるっぽいファイルサイズでした(630KB程度)。

2chの該当スレッドをいくつか拾い読みしてみました。私の体験談では無いので信憑性については各自でご判断を。
1.見た限りではSDカードの相性問題は特に発生していない様子。
2.MediaStageはWin2000で動作したという報告と動作しないという
 報告の2種類あり。どっちが正しいのか、もしくはどっちも正しいのかは
 分からない。
3.GBAやゲームボーイプレイヤーにて動作したとの報告あり。GBAが
 非対応扱いになっているのは電池が切れかけた時にいきなり落ちて
 しまうことがあるから?

自分でも実際に動かすことができたらまたレポートしたいと思いますが、早くても1週間後とかになりそうな気がするので期待しないで下さい。

2/23追記:
ヘッドフォン出力の左右が反転している不具合があった模様。2chで祭りになってたのね。やけにアクセス数が伸びたなと思ったら、分解写真を掲載したことでお祭り会場から一部の人が流れてきたのかな?
この不具合ですが、3/5頃に宅配便にて商品交換になるとの旨のメールが先ほど私のところにも届きました。ネット販売で良かったね。任天堂さん。また、PSPのことがあるだけに素早い対応がオミゴトでした。
[PR]
by nintendods | 2005-02-22 00:05 | HARD

解体新書。GBカラー版

(ネタに)困った時の解体新書。GBカラーをバラします。
といってもGBカラーとGBポケットは見た目ほとんど同じです。一応分解写真は掲載しますが、プリント基板上のICの配置は若干変わっているもののあまり変わり映えしませんね。
b0020549_20461428.jpg
b0020549_204626100.jpg

唯一違いが大きく分かるものと言えばCPUの刻印ぐらいでしょうか。刻印は「CPU CGB D」となってました。
b0020549_20481633.jpg

ゲームボーイの液晶がカラーになりましたが、これまでの白黒ゲームボーイ用のソフトもカラーで楽しめるところがすごいところ。またそのカラーを数種類選べます。実はこの機能、私も今まで知りませんでしたが解体新書に掲載するにあたり取説を読んでいて気が付きました。
b0020549_2057425.jpg

b0020549_20572154.jpgb0020549_20573694.jpg
上の写真のように、同じゲームでもカラーを好みのものに変えることが可能です。どうやってるのか知りませんが、昔のソフトのカラーを変えるっていうのは何気にスゴイ機能じゃないかな?と思います。
簡単ですが今回の解体新書はこれで終わり~。

2/7追記:
カラー変更の仕方ですが、良く考えたらカラーテーブルを書き換えるだけですね(GBカラーやGBAはカラーテーブルに格納したカラー値を参照して色を出しているようです。NDSの2Dもたぶん同様。3Dは分かりません)。原理的には簡単っぽい。ただ、白黒ゲームボーイの回路をいじってカラーテーブルを参照するように変更してやらないといけないし、カラーテーブルのメモリを一回余分に読むのでその時間をどこから捻出するのかという問題もあります。白黒ゲームボーイの回路がどうやって作ってあったかにもよりますが、実際の実現に関しては結構難しそうです。
[PR]
by nintendods | 2005-02-06 21:07 | HARD

内蔵スピーカ比較(その2)

masaさんのブログでNDSとPSPの内蔵スピーカ比較第2弾が掲載されたのでトラバを(記事はここ)。
まずNDSですが、低音量時については意外と(失礼!)歪んでいないとのこと。(追記:masaさんから、歪んでないのはGBAソフトで計測した時であってNDSソフトの時では無いので誤解のないように、とのご指摘ありました。)
GBAソフトを用いて低音量時の音エネルギーを計測してみました。すると予想に反して、さほど歪みが無いことが分かりました。
masaさんは低音量時の歪みの原因を「本体PAN機能やサウンド入力レベルの問題ではないか」と推測しておられますが真の原因は何でしょうね。低音量時のノイズや歪みは確かに気になります。携帯ゲーム機では音量を小さくしてゲームをすることも多いので、この辺りは改善していってもらえるといいですねぇ。
また高音量時のノイズは本体との共振によるものではないかとのこと。NDSの場合はGBA-SPと同じくスピーカは接点部分で基板に押さえつけられている形になっておりハンダ等で接続されているワケでは無いので、そういう実装の仕方が影響を及ぼしてる可能性もあるかも知れません。
次に、DSのボリュームを最大にしてゲームを開始すると、DS本体が「共振」してノイズを出します。これはスピーカーの振動をDS本体側が吸収できていないことから起こるものを思われます。

さて、PSPについては、音量による特性の変化は(良い意味でも悪い意味でも)ほとんど無いとの結論になっています。
ボリュームを上げようが下げようが、音のエネルギー量は全く変わりません。ただ、音が大きくなるだけです。(中略)PSPスピーカーは大音量時でも「共振」がほとんど無く、「高音のピーというノイズ」は、どの状態でも(ゲーム中でも、Home中でも)限りなくゼロです
私はサウンドについてはほとんど素人レベルなのでどうもmasaさんの記事に頼って独自のコメントが付け辛いですが、個人的にはNDSもPSPも、もうちょっとサウンドに本腰を入れても良かったんじゃないかなぁと思います。もちろんGBAの頃からは進歩してますケドね。NDSのタッチパネル搭載やらPSPの表示性能向上に比べたらインパクトは弱いですよね。

追記2:
masaさんのブログでいくつか質問したところ、別記事にて丁寧に解説頂きました。NDSとPSPのサウンドについて興味を持たれた方はこちらも見られるとより一層理解が深まるのではないかと思います。
[PR]
by nintendods | 2005-02-01 22:51 | HARD

内蔵スピーカ比較

このブログにもよく来訪して下さっているMasaさんのブログにてNDSとPSPの内蔵スピーカ比較をされているのでトラバさせて頂きます(元記事はここ)。
NDSの方ですが、こちらは内蔵スピーカはソースに対して低電力時(低dB時60〜45程度)の解像力が著しく低いです。(中略)しかし、その問題も中電力からは一変します。およそ40dBから30、20と解像力が飛躍的に向上します。そして、20dBを越えた辺りから、サラウンド効果が強く表れます。
NDSについては、実際の耳で聞いた時に低出力時にはノイズや歪みが大きく、高出力時にはクリアに聞こえるという感じがしてましたが、それを裏付ける結果になったようです。
スピーカは見た限りではGBASPと同じものを使っているようでしたので、ノイズや歪みの原因はアンプでしょうかね。アンプはGBAの頃は専用のアンプICが載っていましたが、NDSから電源系のICと一体になっているようなので、大幅な設計変更が入ったのかも知れません。
もしくはNDSはアンプからスピーカまでの配線が非常に長い(本体下側からフレキを通じて上側まで繋がっている)ためにそこでノイズを拾っているのかも知れません。
それに対してPSPですが、
こちらは内蔵スピーカはソースが低電力時であろうが高電力時であろうが所謂、「音が大きくなるだけ」で、解像力も表現力も一定しております。NDSのように低電力時に歪んだりノイズが入ることは皆無ですが、音量をどれほど上げても「ポケットラジオ」のような音質は変わりません(笑)。
PSPは元々ヘッドフォンで聞くことを前提にしていたのか、あまりスピーカ音にはこだわりが無いみたいです。元記事にてMasaさんが書かれているように、「PSPはウォークマン発想」なのかも知れません。そういやPSPって「21世紀のウォークマン」でしたね(笑)。バリューパックにもヘッドフォン同梱してますし、サウンドはヘッドフォンで、ってのがSCEの意図するところなんでしょう。
[PR]
by nintendods | 2005-01-13 09:21 | HARD

解体新書。今度はPSPじゃ~(その3)

新春実質一発目の記事は昨年の続きでPSPの解体記事を。
今回はサブ基板とスピーカあたりを中心に見ていきたいと思いますが、その前に第2回解体記事のコメントでwindy_pzさんからUMDドライブに関する気になるコメントを頂きました。
私はピックアップの駆動側が金属ボールネジ+金属軸受なのに対し、その反対側の摺動部が樹脂っぽいのが気になります。


続きを読む
[PR]
by nintendods | 2005-01-04 15:08 | HARD

解体新書。今度はPSPじゃ~(その2)

b0020549_1381091.jpg
PSP解体新書のその2です。まずは液晶パネルからいってみましょう。

続きを読む
[PR]
by nintendods | 2004-12-27 02:31 | HARD

解体新書。今度はPSPじゃ~(その1)

b0020549_12484052.jpg
調子に乗って今度はPSPを分解。PSPは分解すると復活できそうにない(ちなみにNDSは組み直したら動きました)ので電源が入らない初期不良品を買ってしまった友人から安値でPSPを買い取って分解することに。安値って言っても1万円以上。記事になると思えば何でもやってしまいそうな自分が恐い。や、やはり、、、
 『ブログ最強
(この言葉はGame Forumの中でほらえもんさんが書いておられた(ここ)のをパクらせてもらいました(^^;;)。

続きを読む
[PR]
by nintendods | 2004-12-23 14:03 | HARD

お待たせしすぎの解体新書。NDSぶんか~い

b0020549_1264341.jpgやっとこさNDS分解をアップすることができました。かなり旬を過ぎてしまいましたが気を取り直して見て行きましょう。まずはお約束の分解前写真です。

続きを見る
[PR]
by nintendods | 2004-12-20 02:29 | HARD

解体新書。GBポケットをバラす。

b0020549_0402539.jpg久々の解体新書のお時間がやって参りました。VIPPERさんとのお約束でもありましたね。かなり遅くなってしまってすいませんでした。密かに資料館も更新しておりますので気が付いた方はチラリと覗いてみて下さい(知らない間にテニプリの公式サイトがオープンしていたり、細かいところをチョコチョコと更新してます)。

話がそれましたね、今日はゲームボーイポケットの解体でした。初代からかなりの小型化が図られております。この後に(GBライト、)GBカラー、GBA・・・と続いていくゲームボーイの系譜の中で、この「ポケット」の基板構成がGBシリーズの基本形となっていきます。

続きを読む
[PR]
by nintendods | 2004-11-28 01:01 | HARD