カテゴリ:SOFT( 29 )

Wii Fitに対する期待と失望

ここ最近(季節報にしては)更新しまくりのnintendodsです。
E3で発表されたWii Fitについて。

私はこのソフトが「(仮)ヘルスパック」と呼ばれていた当時からWiiにとって最重要ソフトだと感じていましたが、遂にそのベールを脱ぎました。そしてそこには「期待」と「失望」がありました。個人的な感想を少し書いてみたいと思います。

【期待】
・「Wiiバランスボード」と呼ばれる新コントローラを繰り出してきたのはちょっとした驚きとともに、大きな期待を持てる出来事でした。体重移動を検知してゲーム内でプレイヤーの動きを検出したり、体重を測定したりするのに使うようですが、日々体重測定してその結果をゲーム内に残していくというスタイルになるんでしょう。「Wii Sports」でも結構な運動になってダイエット効果があるんじゃないかと思いますが、Wii Fitは明確に「健康器具」というところを前面に打ち出してくるんでしょうね。
ところでこのバランスボードを見て、ひとつ謎が解けました。某所で「ヘルスパックの開発が難航している。それも技術的な問題やアイディアの問題ではなく●●の問題で」というウワサ話を聞いていましたが、このボードがまさに●●の問題の根源でしたか。確かに大変そうですな、これは。

・発売日の特定はありませんでしたが、日本国内は年内発売を目標にしているとのこと。Wiiにとって最重要ソフトと言えるからこそ、年末に出す必要があると思っていましたので、これは朗報です。あとの問題は価格でしょうか。。。あのボードを同梱して一体いくらで売るつもりなのか。1万円超えるようだと一気に失望へ。希望としては8000円ぐらいに抑えて欲しいところですが、さて。
あのボード単体で3000円以下なら、ボードを使った新しいゲームが多数生まれそうな気がします。単純なところではサーフィンだとかスケボーのようなゲーム。あとはあまり細かい制御が出来ないかも知れませんが、ドライブゲームのアクセル、ブレーキに使うとか。タルコンガ代わりに手で叩くというのもいいですね。

【失望】
・プレイ動画を見る限り、激しい動きをするようなものではなく踏み台昇降のようなゲームやバランスをとってヨガ的なポーズをとるような感じ。もっとビリーズ・ブートキャンプ(まではいかなくてもエアロビみたいなの)を想像していましたが、この辺りのゆったり感にはちょっと失望。

・毎日の体重チェックのような画面がありましたが、もっと短期的に「今の運動がどれぐらいカロリーを消費したか」みたいな表示が出ないものかと思いました。人間というのは毎日の積み重ねが大事と分かっていても効果がすぐに現れないと投げ出す生き物ですので、「体重」とか「ウェスト」なんていう長期的な(数週間レベルの)値も必要でしょうがそれよりももっと短期的な情報がいるんではないかと思います。しかし動画を見る限りはどうもそういう感覚ではない感じなのが残念なところ。

・Wii Fitなのにサッカーのヘディングがあったりボール転がしのようなミニゲーム的なものが入っているようです。が、私に言わせるとこんなものは不要です。こういったミニゲームをしない人に向けたソフトになって欲しいと思うんですが。。。

なんだかんだと言っても期待してるんですが、これから半年ほどの間でどの程度完成度を上げてこれるでしょうか。私としては思いっきり健康志向に振ったソフトにすべきだと思うんですが、今回の発表を見る限りはちょっと踏ん切りがついてない感じ。何か吹っ切れてないのがひっかかりました。

最後におまけで。Wii Zapperなるものも発表されてましたね。これを見て任天堂の昔の商品を連想出来た人は歳がばれますな。
[PR]
by nintendods | 2007-07-15 15:51 | SOFT

気になるソフト。「フォーエバーブルー」

DSじゃなくてWiiのソフトなんですが、先日突如として8/2発売が発表となった「フォーエバーブルー」が気になってます。気になる原因を作ったのはこのお二人の記事。

●Rambling Man
一足早い夏休み リビング発、深海行き。-前編- Wiiフォーエバーブルー
一足早い夏休み リビング発、深海行き。-後編- Wiiフォーエバーブルー
●忍之閻魔帳
それだけでうれしい。Wii「フォーエバーブルー/FOREVER BLUE」

思えば、私が発売前に「気になる」だけで記事を書くなんで初めてじゃないかな? Rambling Manさんのところのコメント欄にも書きましたが、Wiiでこういうマッタリ系のソフトを待っていたんですよ。私は。DSだって火が付いたキッカケはnintendogsでしたし(注)、そろそろパーティー系のソフトやアクション系のソフトとは毛色の違ったのを待望してました。
ソフトの内容は上記の記事を見て下さい。お二人のサイトは私の巡回コースですが、ソフト紹介記事は日頃から信頼出来る内容なので、がぜん興味が沸いてきました。突然の発売決定ということで一番心配だったゲームの完成度もそれなりに高そうな感じがします。

以前、「WiiがWiFiにつながったら告知する」と言いつつ書いてきませんでしたが、実は先日無事にネット接続出来ました(無線はダメだったので結局有線接続)。フォーエバーブルーは2人までですがWiFi対応なので、当ブログの読者の方でこのソフトを買う方が居たら、海中遊泳をご一緒したいものですね。あとMiiの件もあるのでWii番号の交換もしたいのですが少し事情があって躊躇してます。どこかの時点で記事にするとは思いますが、番号交換はブログ上ではなくてメールで個別に対応させて頂くかも。

そんなワケで8/2には発売日以来となるWiiソフト購入となりそうです。NintendoDSブログではありますが、このソフトのインプレッションは一週間以内に載せる予定。


注:DSに火が付いたと言えば世間的には「脳トレ」なんだろうけど、「ニンテンドッグス」なんてふざけた名前の完全新作ソフトが初週に13万本も売れたところを考えると、私はnintendogsがDSのターニングポイントとなるソフトだったように思います。あれ以来、目に見えて女性DSユーザが増えましたしね。
[PR]
by nintendods | 2007-07-11 00:01 | SOFT

ゲームとライトユーザ(後編)

前編でライトユーザの動向を語りました。あえてこういうことを書いたのは、今まさにライトユーザがゲームから離れようとしていると私が感じているから。今手を打たなければ再びゲーム業界は縮小の道を歩みます。どうすればライトユーザの心をがっちりとつかむことが出来るでしょうか? 私なりに考えてみたのは以下の5点です。

1.ゲーム機をいつも使ってもらう
2.ユーザに本当に合ったソフトを買ってもらう
3.個人の嗜好に合わせて変化するソフトの導入
4.ゲームソフトの価格を安くする
5.新しく核となるゲームジャンルの確立

以下、順に説明していきます。
「1」は、当然ながらゲーム機を使ってもらわないとゲームソフトを買ってもらえません。据え置きゲーム機ならば毎日電源を入れてもらえるかというところが勝負になります。Wiiで「お天気チャンネル」や「ニュースチャンネル」を導入したのはまさに毎日電源を入れてもらうための方策ですね。NintendoDSブログとしては携帯ゲーム機の事を語るべきだと思いますが、携帯ゲーム機の場合はライトユーザということを考えた場合、特に通勤、通学する人のカバンに入れてもらえるかが非常に重要になってくるかと思います。その意味で「nintendogs」などの「すれ違い通信」といった試みは非常に意欲的でした。今後、もう一歩進めた取り組みが出来ないものかと思います。例えばですが
●もっと簡単に通信対戦が出来るようにする。あえて対戦のモードにしていなくても近くで(対戦可能だというフラグを立てている)複数の人が同じゲームソフトを一人用で遊んでいれば、その人達に対戦を促すようなメッセージを出すといったことだけでもかなり違うんではないかと思います。もしくはDLプレイ可能なソフト(1本のソフトで複数の人が遊べるソフト)であれば、同じソフトで遊んでなくても近くの(対戦希望な)人にメッセージを送るのもいい。
●同じゲーム会社のソフトであれば違うソフトであっても共通に遊べるソフトなんかがあってもいいと思う。例えば任天堂のゲームソフトにはどれでも対戦用のテニスゲームが入っていて、「nintendogs」を挿している人が対戦するとプレイヤーは犬になるし、「おい森」を挿している人なら「たぬきち」になるとか。テニスゲームだとただ単にプレイヤーの見た目が変わるだけなのでそれほど面白くないけれども、対戦出来るのが「大乱闘スマッシュブラザーズ」みたいなソフトだったりするとワクワクしませんか? うぁ~、百人一首のキャラが出てきたよ、「時雨殿」で参戦かよ~! とかね。売れてないソフトのキャラが強かったりしたら、そのソフトの人気が急に出てきたりしてね。
通信対戦以外にも、携帯ゲーム機自身の付加価値を高めてプレイやんのように音楽プレイヤーになる機能が付いていたり、ワンセグチューナーが付いていてもいいでしょう(DSのワンセグアダプターはどうなったのかしらね)。電卓、スケジュール帳、辞書といった機能もあれば嬉しい。こうなるともうゲーム機ではないような気もしますが、DSはゲーム機といいつつそういった生活必需品的な扱いを受けてる面もあるので、もっとそっちの方向へ振ってもユーザが付いてきてくれるように思います。

「2」は、前編でも書いたことですが本当に合ったソフトを買ってもらうことが需要で、ユーザに合ったソフトを買ってもらうことでそのユーザの満足度が上がり、そして次もゲームを買ってもらえるということを意図しています。ライトユーザは自分から積極的に情報を得ようとはしませんから、ゲーム業界側から積極的に情報を発信して、かつ、その情報を受け取ってもらう必要があります。
●「nintendogs」の時に一部の駅ですが任天堂が「すれ違い」用に機器を設置しましたね。あれを一歩進めて、その機器の近くを通るだけでゲーム情報のようなものを携帯ゲーム機の中に送り込むようなことが出来れば、それだけでゲームソフトの情報発信が出来ますよね。近くを通り過ぎるだけなので、体験版とか送ってる時間は無いと思いますけどせめて文字情報だけでも送るとか。
●最近流行ですが、携帯であるサイトに登録すると色々な特典がもらえる代わりに携帯メールに定期的に情報配信する仕組みを取り入れる。特典としては任天堂ならクラニンポイントを毎月何ポイントか与えるとか、携帯用のゲームを無料でDL可能にするとか。
●今まで遊んだソフトの履歴やそれぞれのソフトの遊んだ時間なんかを残しておいて、それを元にその人のゲームの嗜好を判断。そしてそれを元にその人に最適なゲームソフトを薦める仕組みを入れる。
これらは本当は任天堂とかSCEとかひとつの会社単位じゃなくてゲーム業界としてやった方がいいんですが、それは現状難しいでしょうね。。。しかしライトユーザをつかんでおくためには実際問題この「2」が一番重要なんじゃないかと思います。

「3」の個人の嗜好に合わせて変化するというのは、簡単なところでは「Wiiスポーツ」がMiiというアバターを使ってプレイするといったものや、「ポケモン」でポケモンリーグに参戦する以外にもポケモンコンテストに挑戦したり最強のポケモンを作るためにせっせと卵をかえしたりドーピングしたりといった遊び要素をいくつも持っているもののことです。これは現在でも多くのソフトで多かれ少なかれやってます。が、もっと進めて、その人の個人情報を元にしたゲームとかその人のゲーム中での選択肢の傾向から最終目的自体が変化していくゲームソフトなんてのも面白いと思います。例えば
●その人の住んでいる地域に合わせてゲーム内容が変化するゲーム。京都に住んでいれば「京都タワー殺人事件」。東京に住んでいれば「東京タワー殺人事件」とか。別にタワーにこだわりませんがw
●RPGで、最初のいくつかのクエストを解く過程で選んだ選択肢を元に、最終目的が「悪の大魔王を倒す」「自分自身が世界征服者になる」「億万長者になる」といったように変化するゲーム。
といった感じ。なぜこういうソフトがライトユーザの心をつかめるかと言うと、ライトユーザはゲーム自身にそれほど興味が無いので、自分の身近なことや興味のあることを題材にした方が長続きすると思ったから。あまり良い例が見つからなかったのですが、もっと深く考えればもっと面白いゲームは出来ると思います。

「4」は前から言ってることですが(「3」も前から言ってますね)、なにせゲームソフトは価格が高い。中古に流れて新品が売れないのがまずいのならダウンロード販売にもっと活路を見出すべきだし、もしくは中古市場からバックマージンが入るような仕組みをゲーム業界全体で考えて導入すればいいと思う。ソフトの価格が3千円以下に抑えられるのならば、もっと多様なゲームが売れるし裾野も広がると思います。少し話題がそれますが、個人がゲームを作って配信するといった仕組みもXBOX360では始まってる(?)ようですが、非常に簡単な仕組みでソフトを作って無料、もしくは安価に配信できる仕組みがあれば、それもソフトの価格を下げて裾野を広げる試みの一環としては面白いと思う。「RPGツクール」といったようなソフトがありましが、ゲーム機自身にそういったツクール系のソフトをあらかじめ組み込んでおき、ユーザに開放すると面白いのではないかと思います。弱小ゲームメーカならそのツクールを使ってアイディア勝負のソフトを作って有料配信することも出来ますしね。この場合は粗悪なソフトも乱発されることになるので「2」の仕組みがもっと重要になりますが。

「5」はまだ考えがまとまってないのですが、「ジャンル」というひとつの大きな核になるようなものがユーザの安心材料になるのではないかと思った次第。「知育」といった大きなくくりではなく、「脳を鍛える」系のジャンルや、「知識を深める」系のジャンルといったようにもう少し細かく分類してライトユーザにも分かりやすく情報伝達出来れば、そのジャンルを頼りに次のソフトを購入出来るのではないかと。現在のゲームソフトのジャンル分けは各社が勝手に付けているので統一性が全くありません。ゲーム性から見たジャンル分け、難易度から見た分類、ボリュームから見た分類といった感じで複数の視点からそのゲームを客観的に分類してくれる機関があれば良いのですけどね。

これまで書いてきたことは、現在のDSやその他のゲーム機の機能では出来ないこともかなりあります。今後開発されるゲーム機は、ライトユーザをいかに掴んで離さないかも考慮した仕組みを取り入れていく必要があるように感じてます。。。

最後に:
傾向を見ていると、一応記事を更新すると来客者は増えるようです(通常300人、更新すると400人)。増えた100人は本当に来てくれている方かも知れませんが、残りの300人はロボットとかをカウントしているのか?という気も。そこでみなさんにお願い。この記事を見てくれた方はすいませんが、当ブログの右横にある「blog Ranking」をボチっと押してもらえますか? 新しいウィンドウがひとつ出ますがそれだけで他に何も不利益は発生しませんのでご安心下さい。ひとりが押すと当ブログのランキングが10ポイント上昇します。現在110点ぐらい(順位的には50位付近をウロウロ)。これがどれぐらい伸びるかで本当の読者数を知りたいな、と思ったわけです。ご協力お願い致します。
[PR]
by nintendods | 2007-05-06 18:46 | SOFT

サバイバル生活始めました(その11)

いよいよクライマックス。

●サバイバル86日目~90日目:
・今になって気が付いたが、最近建てた遺跡奥の家は「いえ」で、ジャングル奥の家は「いえ2」という名称になっている。ひょっとして建設順序がゲーム作者の意図とは逆だったのかしらん?
・先日行った岬へもう一度行くと、AM●時頃に船が見えた。で、家に帰るとイカダ製作に。しかしこれでイカダ作って脱出したら終わり? 地震は結局何だったの? 無線の話は? 遺跡のまだ入れない場所は? 謎がまだたくさん残ってるけど、これから全て解決するんだろうか?
・久々に海に潜ったら「地図(A)」を発見。これって何に使うんだろう。(B)とか(C)とかもあるのかしら? ここへ来て謎は増えるばかり。

●サバイバル91日目~95日目:
・イカダの材料用にジャングルで丸太やツタを集めて回って、遺跡の家に帰らずにジャングル奥の家に入って棚やツル置きに格納。またジャングルで拾った食料はここでお弁当にして持ち物量を1/4に減らす。なんだかズルイような気もするけどこれがゲーム?
・イカダ製作は順調に進んだが、最後で毛皮×6の試練。あと2枚足りない。ジャングル手前の海岸で夜まで待ってうろつくと、オオカミが2匹連続で襲いかかってきた。おかげで毛皮もそろった。これでいよいよ無人島脱出か?
・イカダ作りは最終段階まで終ったが、体力が無いので決行は明日にする。今更ですが鉄の棒だけで矢やヤリを作れることを知った。遅すぎ。そういや結局ルアーって作れなかったな。説明書には書いてあるけど。

●サバイバル96日目:
・いよいよ出発。イカダを漕ぐ時間を計算して先日船を見た時間よりも30分ほど早く出発したら、「早すぎたね」となって死亡。前作もそうだったけど、この辺りあっさり死んでくれるよな、このソフトは。

●サバイバル96日目(その2):
・気を取り直して再挑戦。海岸で待っていると、勝手にイベント発生して海に向けて出発。これを待てばよかったのね。海上で船を見つけて叫ぶ。一瞬見つけてもらえなかったのかと思ったが、どうやら無事にうまくいったようでエンディングみて終了。「ほんきでサバイバル」が追加された。

★おまけの感想:
・「ほんきでサバイバル」は予想を裏切って面白く無いです。彼女が居ないけど、これはどっちかって言うと足枷が少なくなって有利に働くし、あと、家具類は全て完備、道具や料理の選択肢は全て出てるしトラップ類も解除されてる。楽過ぎる。これでどうやって死ねとおっしゃる。ふつうのサバイバルで生き抜いてエンディングを見た人なら誰でもクリア出来るんじゃないだろうか。。。唯一途中で嵐が3日ほど続いた時があったので、こういう時にお弁当や水の蓄えが無いとヤバイ時はあるかも知れないけど、まぁ言ってみればそれだけ。目的もなくただ生きているだけというのは面白くない。結局10日ほど進めてイヤになってやめた。この点はがっかり。
・今回のサバイバルでは色々謎が残ったまま終ってしまった。前作のように色々な脱出手段が用意されているとかあるのかしら。地震がもっと重要な役割をすると思ってたけど、これはフローネの見過ぎかもね。でも前作のように最後の方にスリルが欲しかった。
[PR]
by nintendods | 2007-05-06 00:56 | SOFT

サバイバル生活始めました(その10)

かなりゲームの最終場面に近づいてきたのでネタバレを見たくない人はさようなら。

●サバイバル71日目~79日目:
・今日は久しぶりにジャングル手前の海岸まで降りてみる。端のところで潮が引いている時だけ岬に行けるんだけど、今日初めてそこで「潜る」が選べることに気が付いた。しかしこの「潜る」が慣れるまで結構大変で、サメに食われたり窒息で強制的に海上に戻されたりと、何度か中断→コンティニューしてしまった。最終的に「きれいな石」「ウニ」「カキ」なんかを拾うが、潮が満ちてしまって帰れなくなる。半日の間、潮が引くのをひたすら待ってから帰宅。その数日後にもう一度作成して6/7段階まで完成。最終段階はやはりはっぱ×10必要なのねorz 5段階目が完成するとやっぱり彼女が差し入れしてくれました。
・イス・机が最終形態になっているのをいい事に、彼女に用事を頼みまくるオレ。カゴ、ロープを一日でお願いしても快く受けてくれるので調子に乗ってさらに食料探しに行かせる。あ、しかし彼女の持ち物を倉庫代わりに使ってたの忘れてた。。。帰ってくると案の定3つしか食料を持ち帰ってこなかった。が、しかし彼女の持ち物を後で見てみると丸太とか毛皮とかで既に20個中19個の場所が埋まってた。あれでどうやって3つも食料持ち帰ったのかしらね。
・丸太×16本を彼女に持たせて(怪力の彼女だな。。。)、遺跡の奥の草原で家作り。4/7段階まで完成した。ボートは流されちゃったみたい。帰りは丸太が無くなった分、草原で玉ねぎを取ったりジャングルでフルーツを取ったりしながら帰った。

●サバイバル80日目~85日目:
・念願のヤギげっと。早速乳搾り。絞ったミルクとカキ×3で料理を作ったら満腹度が52も上がってビックリした。
・海岸を回ってはっぱを集める。ようやく10集まったので彼女と共に新居へ。しかしここはあまり食料事情が良くないね。海岸で魚を釣るか、もしくは沼・ジャングルまで遠征しないとメシが賄えない。つい先日飼い出したヤギも、家が変わった際に「死んじゃった」と彼女から報告が。。。短い期間だった。
・引越ししたのはいいけど、次に何をしたらいいのか分からなくなる。目標喪失。とりあえず遺跡の中をもう一度歩いてみると、以前は閉じていた扉が開いているじゃん。奥に進むと人が倒れていて、無線がどうのこうのと言った後に息絶える。コイツは同じ船に乗っていた生き残りか? 良く分からないまま話が進んじゃった感じ。そのまま先に進むと何も無い草原に出る。マップ上、島にかかっていた雲が全て消えたので、これで全領域を探索できたことになる。岬の先端に行ってみたところ、「また今度来よう」みたいなメッセージしか出なかった。
[PR]
by nintendods | 2007-05-05 11:16 | SOFT

サバイバル生活始めました(その9)

●サバイバル56日目~58日目:
・草原の家を作っている最中は、ジャングルの近くにくれば食料事情がかなり良くなるだろうと思っていたけど、海岸が無いとワカメや貝が手に入らないのでそんなに食料事情が改善されるワケでもなかった。草原でワナを仕掛けて肉を入手していかないと辛い。
・草原の家で初めて台風来襲。洞窟の時と違って周りに何も落ちてないのね。魚・動物・植物は全て無く、仕掛けておいたワナも消えている。つまり食料確保する手段0。いきなり厳しい展開になった。クンセイにしかけの食料を取り戻そうとするが(前作では出来た、ハズ)、今作ではロックがかかっており取り戻せず。最後の手段で彼女に食料調達をお願いしたところ、アワビ・イソガニ・ハマグリなんかを取ってくる。あんた、台風の時にどこ行ってるのよ! しかし驚いたのは、彼女が食料を取りに外出しているのに、いきなり「ロープ出来た」って言われたこと。あれは何ですか? ビデオ映像ですか? 次の日になって外に出るとワナが復活してた。なんだかねぇ。。。
・ワナにヤギがかかる。生け捕りにしたかったが選択肢が出ないので仕方なく仕留めて家へ。彼女と話して、次は捕まえられそうな感じ。肉を棚に置いて出かけたら早速彼女に食べられた。ぅぅぅ。
・モリを使った釣りはいきなりマキエが出来るようになったが、もともと失敗することも無かったのでイマイチ効果が分からないというか意味ない感じ。草原近くの川では未だにフナ以外の魚を釣ったことが無い。ここにはフナしか居ないのか?

●サバイバル59日目~63日目:
・ジャングルでプレイを中断してたことがあり、コンティニューして草原に入るとヤギがワナにかかっていた。殺さず家畜にする選択肢が出たのでそれを選び彼女に話して無事に家畜化成功。と思いきや、その後ダイコンを掘っているところでゲームがハングアップ。ヤギの家畜は幻に。その後中断してたところから何度もやり直したが、何度やってもヤギがワナにかかった状態にならない。これってランダムなのかしらね? あ~あ、とても残念。
・彼女と2二人で沼へ向かう。丸太を押して先に進むと以前山登りと称していた場所にショートカット出来る道が出来た。もっと早くこの経路を作っておくべきだった。 今度は湖でイカダを2人で漕いでマップ下へ向かうと、今度は以前の洞窟へのショートカットになった。体力も限界だったのでそのまま洞窟で料理をすることに。既にこの時点でAM9:00(徹夜)だったので寝ずに休憩でしのぐことにしたが、体力が0のまま途中海岸で睡眠不足のため寝込んでしまったり、腐ったクンセイのせいでさらにHP減少。最終的にHPが27まで落ち込む。サバイバル生活始まって以来の危機だった。洞窟に帰って集めた食材を料理しまくってほぼ満腹までしてから寝た。次の日にはHPもかなり回復して一安心。

●サバイバル64日目~70日目:
・2人で湖にお出かけ。まだ調べてないところを見て回ると温泉発見。その後フライパン(になる石)を発見して「いためる」が追加に。トラと遭遇して戦闘になるが、結構やられてHPは54。そのまま人工の遺跡に入って3つ分ほど進むが、前作は異常に長くて一度途中で死んだ経験があるので余力のあるうちに引き返すことにした。草原の家に戻ると2人で料理するイベント発生→地震イベント発生と連続。一夜明けると昨夜の料理イベントの影響か、全パラメータが100に復活してた。食料をイッパイ持ってたのでやりくりに少し苦労した。
・遺跡に再チャレンジしたら、意外とあっけなくクリアする。また草原に出て先に進むとまたしても家作成ポイントが。。。もうイヤ。海岸にボート発見。ここはカサゴが釣れるみたい。あ~、また明日から丸太集めか。。。
[PR]
by nintendods | 2007-05-04 23:48 | SOFT

サバイバル生活始めました(その8)

一ヶ月以上サバイバル日記の更新をサボっておりましたが、ゲームはちゃんとやっていて先日ようやくクリアしました。結局100日弱かかった。このまま日記を続けていくととんでもない記事数になっちゃうので今日からはある程度まとめて書いていきます。もう発売からかなり経ったしネタバレという意味でもいいよね?

●サバイバル37日目~46日目:
・昨日お願いしたクンセイだが、クンセイ器を見ると魚が腐ってる。クンセイになるからいいのかしらん? クンセイになっても周りの色は赤いまま。食べてみると食料+10。特に腹痛にはならなかった。しかし数日後、彼女に食わせると彼女が腹痛で苦しむ。やっぱりこれは腐っているのね。
・順調に丸太とツルを集めて家具を作っていく。イス・机の最後に毛皮×3が必要なのは痛かった。今後ベッドにも必要だったらどうしようか。。。と思っていたらベッドの最終段階は毛皮×6で死亡。
・ジャングル奥の草原に家を建てる。ロープをあらかじめ作っておき、丸太をジャングルで拾いながら奥へ進んで7段階あるうちの4段階まで進めた。5段階目からは丸太×3、ロープ×3と少し負担が減るようだ。最終段階ではっぱ×10とか言われなければいいんだけど、、、と思う(その後実際にはっぱ×10なことを知ってまたまた死亡)。
・ここんとこ大雨とか雨とか多すぎ。大雨の日は家具作りでヒマつぶし。雨の日は最近は気にせずおでかけすることが多くなったけど、それでも体力が中途半端な時には出歩くのをやめようかなって思う。実際雨でどれぐらい多く体力が減るのかは分からないけど(体感的にはそれほどのペナルティでは無い?)。次回作では「てるてる坊主」を作れる道具に加えて欲しいものだ。

●サバイバル47日目~51日目:
・家の5段階目が終わると彼女がいきなり現れて差し入れとか言って去っていった。何をくれたんだろう。体力が回復した? 前の状態をちゃんと見てなかったので良く分からないままだった。しかし彼女はまた一人で帰ったんだろうか。。。
・初めてクンセイを腐らせずに作ることに成功。あんまり彼女に色々頼んだり、釣ってすぐにクンセイ化をお願いしないと腐るのかな?
・アクセサリーを作れることを思い出して、急に作ってみることにする。初めて作った時は磨き過ぎで貝殻が割れちゃったが、2回目は成功。彼女に渡すとエラく喜んでくれた。もっと早く作るべきだったか。翌日お返しのネックレスをもらう。これって前作でももらったけど、何かに役立つのかなぁ? 場所をひとつ取るので何かのパラメータが有利になるとかじゃなければ倉庫に置いておきたいんだが。。。と思いつつ、気弱なのでいつも持って出るけど。

●サバイバル52日目~55日目:
・ようやく家が完成。結局全部で、丸太×25、ロープ×25、はっぱ×10が必要だった。疲れた。中に入ると洞窟で生活していたのと同じ状態で棚とかもあるけど彼女だけ居ない。ゲームだからと言われればそれまでだけど、作りたての家の中に棚とかマキ置きとかがあって、しかも洞窟で使っていたのと共有になってる(例えば洞窟でマキを置くと草原の家から見てもマキが増えてる)のはどうも不条理を感じてしまうなぁ。
・彼女を引越しさせる。移動中は彼女に話しかけた時の選択肢が減って、基本的には彼女の持ち物の操作と食物を食べさせることぐらいしか出来なくなる。また彼女と一緒だと段差を一段ずつ超える必要があるので面倒。途中海岸で塩を取る。今後草原を拠点とすると海岸が遠くなるからね。草原の家に着いて火を付けると火起こしが壊れる。しかし今回は火起こしが長持ちしたなぁ。前作では結構簡単に壊れた気がしたけど。家に着いたので彼女に話しかけると外に居るのと変わらない選択肢しか出てこない。え? ひょっとして洞窟以外ではロープとか作ってくれないの?? 大ショック。また洞窟まで戻るのか。。。と萎えてしまったが、翌日になると全選択肢が現れてホッとした。
・彼女が、ネックレスが無くなって、リスがどうのこうのと言ってるがどうしろと言うのだろう。。。と思っていたが、ジャングルでワナにかかったリスを捕まえるとネックレスが出てきた。こういうオチだったのね。彼女ネタでは他にも、彼女が朝寝坊することがある。何度か話しかけると起きるけど、話しかけないでおけばどうなるかと思って、彼女を放って料理を作ったら一人で食べる羽目になった。
・草原で家を作ってから、沼の奥の湖でイカダを作る。製作には丸太×6、ロープ×4必要。ちょうどそれだけの道具を持っていたので一気に最終段階まで作れたが、イカダは2人乗りのためそこから先に進めず。他にも2人で押さないといけない長い丸太が沼にあるのを見つけたのでどちらにしても彼女ともう一度ここまで来る必要あるな。
・草原の家付近にもオオカミが居るが、川の近くで殺すと肉・毛皮・アブラの何れかが消えてなくなることがある。かなりショック。難しいが、オオカミを見つけたら内陸に向かってダッシュする必要があるかも。
[PR]
by nintendods | 2007-05-04 22:00 | SOFT

サバイバル生活始めました(その7)

●サバイバル30日目:
もう無人島生活も一ヶ月。この人達着替えとかどうしてるんでしょうね? 今日も雨。雨に濡れて自然洗濯か? 近場でメシ集めをした後、大工で棚を最大にした。合計20個も物が置けるようになった。

●サバイバル31日目:
ジャングルで丸太集めをしていて気が付いたのだが、ジャングルの上側奥が先につながっていて、そこは草原になっていた。家を建てることが出来る場所があったが、1/7って書いてある(つまり7段階まで作らないといけない)。これは長期戦になるな。水飲み場でくぼんだ石をゲットしたら、「煮る」「蒸す」が追加。また油を使って「揚げる」も同時追加された。一気に食生活が広がった。

●サバイバル32日目:
今日も雨。昨晩持ち帰ったゴボウ、ダイコン、ジャガイモ、オオカミ肉を棚に置いて他の食材をそろえに外へ出る。釣りやキノコ刈りをしていると彼女の満腹度が一気に30以上増える。。。またやられた。せっかく肉料理を作ろうと思ってたのに。仕方が無いのでカサゴとキスの揚げ物を作ろうとするが、番号を覚えられずに惨敗(揚げ物は番号順に引き揚げることで「おいしそう」になる)。その後フナ×4を煮て「フナのきょうふスープ」作成。食料、水分ともに+25ぐらい増えてウマウマ。

●サバイバル33日目:
頼んでいたロープ6mがようやく完成。机やイスを作ってみる。ベットも作れるようになった。

●サバイバル34日目:
初めて「蒸す」を試してみる。フナ×4で食料+23、水分+25。まずまずGood。木の葉っぱを集めてベット1段階目を作ってみた。一晩寝て体力が40%回復。AM1:00頃寝たにしては回復した方かしら? 今日は追加で燻製(くんせい)器も作れるようになった。

●サバイバル35日目:
ジャングル回って丸太×6、ツル×8ゲット。今作はジャングル内のあちこちにツルの落ちてる場所が散らばってるので集めるのが大変。早速くんせい器を作ってみた。またジャングルからせっかくフルーツ類を持ち帰ったが、彼女が空腹だったので料理せずに直接彼女に食わせて寝た。

●サバイバル36日目:
フナ×5でくんせい作成を彼女にお願いする。彼女がロープ×4出来たと夜寝る前になって報告してきた。丸太もあることだし、明日は家具を作ろう。
[PR]
by nintendods | 2007-04-01 13:41 | SOFT

サバイバル生活始めました(その6)

●サバイバル22日目:
今朝も津波イベントでスタート。体力が100まで回復していないのでジャングルに行こうかどうか迷いながら弁当を作る。ちょっと豪勢に黒キノコ+アユの弁当を2個作ってみた。
隣の海岸に行くと丸太を発見したのでジャングルには行かずにその丸太を持って帰るだけにする。ロープが無いので家具は作れない。結局ジャングルに行ってツルを取って来ないとダメね。

●サバイバル23日目:
彼女の腹が減ってるので出かけるのを中止して今日はメシ集め。久しぶりに海岸でヤシガニ捕まえた。ウマウマ。モリが壊れたが木の棒と石をストックしておいたのですぐに作成。棚を増設した効果ですぐに使わないものでも溜めておけるようになった。体力が明朝100になるように調整して眠りについた。

●サバイバル24日目:
また雨。彼女に久しぶりにメシを作らせたら結構上手に作るようになっててビックリ。さしみ盛り合わせを作ってくれた。しかし彼女に渡しておいた魚はアユ、フナ、キスだったんですが、一体何を刺身にしたのかな?

●サバイバル25日目:
今日も雨orz 2人で行動するのはヤメて、彼女を洞窟に残したままひとりでジャングルに向かうことにする。黒キノコ入りのメシを食って出かけたがナゼか興奮状態が発動せず。ちょっと遠回りだが海岸沿いを通ってなるべく体力を失わないようにジャングル方面へ向かうことにする。
ジャングルでは竹×6、ツル×6をゲット。またしてもメシがほとんど持てない状態で次の日のAM3:00に帰宅した。

●サバイバル26日目:
今日も雨。大工で棚を拡張。15個まで置けるようになった。

●サバイバル27日目:
今日も雨。完全に雨季。メシを探しに出かけている間に棚の水、弁当、キノコを全て彼女に食べられてしまう。ショック。ジャングル探検用だったのに。。。

●サバイバル28~29日目:
日差しがキツイ。が、予定通り2人でジャングルに向かうことにした。拾った丸太やツルは彼女に持たせる。今回はこれが出来るので便利。沼の木を2人で押して先に進めるようになったが、そこは湖。前作と同じパターンね。イカダ作れと言われるが2人とも体力の消耗が激しいので帰ることにする。途中ワニを撃退した。洞窟に帰ると既に29日のPM6:00。疲れた。手に入れたレンコン、パパイヤ、ゼンマイ、ゴボウなどほとんどを食べ尽くしてから寝る。
[PR]
by nintendods | 2007-03-31 14:34 | SOFT

サバイバル生活始めました(その5)

ちょっと時間が空いちゃいましたが17日目から。
●サバイバル17日目:
朝、目覚めると津波イベント発生。ビンと鉄の棒が流れ着いていたのでゲット。彼女に頼んでツルをロープにしてもらっていたのが完成したので、棚を増設してみる。釣りも試してみたが、こっちは釣れるまでに時間がかかるのが難点。場所によっては違う魚も釣れるんだろうけど、何度か試してみた限りではモリで突くのと変わらない顔ぶれだったので、魚を選ばないのであればモリの方が時間効率は良い感じ。津波のせいで地面に落ちていたものやキノコなど生えていたものが全て流されてしまってた。そのため今日のメシは魚中心で少な目。

●サバイバル18日目:
近くの海岸で魚を釣ってるとカサゴが釣れる。が、その瞬間サオが折れる。おいおい、まだ2日だよ? 竹製のモリで魚釣りを継続してかなり食料事情も回復してきた。体力も95%まで復活。明日はまたジャングルに行こう。

●サバイバル19日目:
ジャングルに行こうと思うといつも天気が悪い。今日はしかも台風だ。近場に木の枝やヤシの実が不自然に配置されており、これだけでなんとか1日持つようになってるみたい。案の定、遠出は強制的に出来なくなっていた。救いは川釣りは可能なことで、これでかなり食料確保出来る。と言ってもヒマはヒマなので早めに寝たら、次の日の朝、喉が超カラカラ状態になってしまった。

●サバイバル20日目:
台風の次の日、砂浜にキノコが生えていたりしてヘンな感じ。石が無いのでモリが作れずに困っているとPM3:00に地震発生。結局ちょっと離れた海岸まで行って石を見つけてモリ作成したのがPM11:00。今日は魚を釣るのはあきらめて貝、ワカメ、ヤシの実のヘルシーメニューで一日が終った。

●サバイバル21日目:
今日こそはジャングルに、と思ってたのにまた雨。雨季ですか? 近場でメシ集めに専念して一日が過ぎた。
[PR]
by nintendods | 2007-03-31 14:17 | SOFT