<   2004年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ソフトインプレッション(麻雀大会)

麻雀ソフトっていまいちレポートしにくいですね。少ない体験時間では思考エンジンがどうのとか言えないですし、グラフィックもそれほど変わり映えしない。そんなワケで、このソフトに関する感想というよりは麻雀ソフト全般に対する感想になっちゃってるかも知れません。

この体験台は待ち時間1分以下でした。「きみしね」→「Nintendogs」→「麻雀大会」と3番目に訪れたので時間的には10:00少し前ぐらいでしょうか。夕方見るとかなり人が並んでましたので運が良かったのかも。
実はちゃんと覚えてないのですが、確かルールを色んな中から選べたと思います。ごく普通と思われるものを選択したのであまり気に留めてませんでした。4局ぐらいしましたがいずれも配牌が悪く、結局1回しか上がれませんでした。対局中に相手の危険牌を推測してくれるオプションを選べたりもできました。初心者には嬉しい機能ですね。最近の麻雀ゲームには結構付いてるのかも知れませんが。
このソフトをしていて真っ先に思ったのが、「麻雀とタッチパネルは相性がいい」です。麻雀に限らずパズルゲームやテーブルゲームとタッチパネルは相性バツグンです。タッチ一回で不要牌を捨てられるのでゲームが非常にスムーズに進みました。そんなワケでGBAで麻雀するよりNDSで麻雀する方がよっぽどいいとは思うのですが、このソフトの場合ちょっと牌が小さすぎるような気がしました。もう少し大きければ見やすくなりますし、タッチがずれて隣の牌を捨ててしまう危険性も減ると思います(私が体験中にはこのようなミスは起こりませんでしたが)。あとはリーチできる状態になった時に自動的にリーチのボタンが出ればいいのになぁと思いました。これは好みの問題かも知れませんが。当然と言えば当然ですけどチーやポンの時は勝手に出てくれました。
このソフトの体験台に並んでいたのは40代以上と思われるおじさんが多かったです。ここだけ年齢構成が極端に違いました。
[PR]
by nintendods | 2004-11-11 17:45 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(エッグモンスター)

半熟シリーズ「エッグモンスターHERO」のインプレッションです。

このソフトも2画面を生かしきれてません。普段のマップ画面では下画面はほとんど意味の無い絵になってます。こそっと下画面に隠し要素を入れておくとかやってくれるといいんですけど。今後に期待したいところです。フィールドでは敵と遭遇するとバトル開始となります。これまた私は「半熟」シリーズを遊んだことがないので初体験だったワケですが、多人数同士のバトルになるんですね。タッチパネルをこすって敵の方にぶつけてやるとバトルに勝ちやすかったです。うーん、でも何か足りない。多人数といっても基本的に固まってるので多人数という特徴を生かしきってないように感じました。一部を別働隊として敵の裏に回り込ませるなど出来れば面白いのになぁと思いました。
バトル中にタッチパネル上側の宝箱ボタンを押すとエッグモンスターを召喚することができます。この召喚のモードに入ると途端にバトルのスピード感が落ちるのが残念なところ。召喚するとエッグモンスターのどの部位を使って攻撃するかを3×3マスの中から選べます。敵も召喚している場合は相手側のどこを攻撃するかも同じく3×3マスから選べるようです。私が試した範囲では相手を攻撃する場所が変わったからといってダメージが大きく変わることはありませんでしたが。。。
個人的には少しバトルが単調だと感じています。召喚も思った程の面白みを感じませんでした。バトルの面白さをもう少し煮詰めていって欲しいなぁと思います。並んでいた年齢層は、私が並んでいた時は小学生ぐらいの子と大学生ぐらいの人というように、間が少し空いてました。中学生近辺の人が並んで居なかったのが偶然か必然かは分かりませんが。
[PR]
by nintendods | 2004-11-11 10:54 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(ザ・アーブズ)

ふう、あと何タイルルですか?8タイトルですか、そうですか。昨晩は更新できずにすいません。「ザ・アーブズ シムズ・イン・ザ・シティ」です。

いきなりですが、タイトルの「urb(あーぶ)」ってなんじゃろ?と思い調べてみました。「市街地」や「都会」といった意味らしいです。「urban(あーばん)」っていう方が日本人には馴染みが深いですね。「アーバン・リゾート」とか「アーバン・ライナー」とか、知らないうちに使ってました。私が以前住んでいたアパートも「アーバン~」という名前だったような。ちなみに「urban」とは「都会の」「都市の」といった意味であります。田舎のアパートなのに「都会の~」なんて名前だったワケね。
余談はさておき、私はEA(エレクトロニック・アーツ)のソフト開発能力を高く評価しています。日本人の好みに合うかどうかは別にして純粋な技術力としてすばらしいものを持ってると。そんなワケで任天堂ワールド前に書いた記事の中で、この「ザ・アーブズ」を気になるソフトとしてラインナップしておきました。しかし実際に体験してみて少しがっかりしております。まずは会話が非常にまどろっこしい。もっと一言で言えんのかい!って突っ込みたくなります。携帯ゲーム機なんだから言葉数を減らさないと誰も読んでくれないと思うんですよね。この辺りはオリジナルの英語版を直訳したために起こった問題かも知れませんが。次にゲームを進めていくとミニゲーム(窓拭きゲーム)をするになるのですが、せっかくタッチパネルがあるのにそれを使わずに上画面でやっちゃってる。勿体無いです。公式サイトを見るとタッチパネル用のゲームもあるみたいですが、もっと有効活用できてたら良かったんですけどね。マルチプラットフォーム展開しているようなのでその辺りもネックになってたのかな?NDSに弱点があるとすればこのマルチプラットフォーム展開かも知れませんね。
ところで、このゲームは最初にいくつかの質問に答える必要があります。その質問の答えに応じて?プレイヤーの派閥のようなものが決まります。また性別、顔、服など選べますのでじっくり遊べば面白みも出てくるかも知れません。こういうゲームは体験台で遊ぶ数分間では面白さを理解できないことが多いので、イベント専用のソフトを作って欲しいところ。じっくり腰を落ち着けてやるタイプのゲームは同発ではこの「ザ・アーブズ」ぐらいだと思うので、そういうゲームが好きな人は購入を考えてみるのもいいかも知れません。ただグラフィックはアメリカ的なので、この絵と相性が悪い人にとっては最初からNo thank you!でしょうけどね。
並んでいた年齢層は中学生ぐらいが多かったです。
[PR]
by nintendods | 2004-11-11 10:21 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(テニプリ)

「テニスの王子様」、通称「テニプリ」のインプレッションです。

このゲーム、テニスを何ゲームかやってみましたが難しいですよね。普段テニスゲームをやらないからコツが分かってないだけでしょうか。1ゲームも取れずに挫折してしまいました。そんなワケでほとんどインプレッションとして書くことがありません。じゃあ何で「ポケモン」や「エッグモンスター」など他のソフトよりも「テニプリ」を先に持ってきた(つまり私の中で評価が高い)のか、と言われると、比較的まとまっていて悪い部分もそんなに見つからなかったからです。普通のテニスゲームとしても楽しめそうだったのでこの順番に入れてみました。今回私が体験した中ではタッチパネルもマイクも2画面も有効には使えてませんでした。デモを見ると下画面を使って必殺技入力ができるようですけどね。普段はベンチ(テニスでもベンチって言っていいのかな?)が映っているだけのようでした。上画面のテニスに夢中で下画面はほとんど見れなかった、ってのが本当のところですけど。
今年中の発売ですが完成度が60%とのことなので、これからどう進化していくのか期待しておきましょうか。並んでいたのは小学生~中学生がメイン。女性の姿も目立ちました。

大したこと書けなくてすいません。これ以降のインプレッションはホント期待しないで下さい。
[PR]
by nintendods | 2004-11-10 11:23 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(ボンバーマン)

「ボンバーマン」自体は何度かやったことあります。やったことがあるだけにNDSならではの遊びがあまり感じられなかったので評価が低くなってしまいました。

体験台は8台ありますが、それを4台ずつに分けて4人対戦のデモを体験できるようになってます。待ち行列の長さによって変わるかも知れませんが、私のやった時は2回対戦させてもらえました。NDSでは上画面と下画面の両方をマップとして使います。画面の間は3本ぐらいのトンネルでつながってます。4人対戦だと上画面に2人、下画面に2人が配置されてます。このゲームは最大8人対戦できるので、この場合には上画面4人+下画面4人になるんでしょう。「ボンバーマン」をやるといつも思うのですが、自分が何色のキャラなのか最初迷います。大体は上下左右に移動してみてその通りに移動したキャラが自分だと気付くのですが、偶然同じ動きをする他のキャラがいれば間違いますよね。今回も最初の対戦の時にそういう状況に出くわして危うく一瞬で死ぬところでした(汗。
ゲーム内容はごく普通の「ボンバーマン」です。少なくとも対戦ではタッチパネルも使いどころがないんじゃないでしょうか(上画面にもキャラが居るから)。1人用の時にはタッチパネルも使うようですが詳細は分かりません。NDSの機能を使ったものとしてはリモコン爆弾があります。これを取ると爆弾を置いてもすぐには爆発せず、マイクに向かって何か声を発した時に爆発するようです。面白いとは思うんですけど今回の体験台のように元々うるさい環境下では誤爆しまくりです。実際私も一度これで死にました。ある特定の言葉にしか反応しないようにするとか、もう少し改善されることを望みます。
ゲーム自体が完成されたものですので、NDSならではのものを期待しなければ面白いゲームです。期待しちゃう人からすると少し物足りないかも。並んでいた年齢層は若干低めで幼稚園児ぐらいの小さな子から中学生ぐらいまでが多かったです。
[PR]
by nintendods | 2004-11-10 11:09 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(ゴエモン)

続いて「がんばれゴエモン」です。今晩のインプレッションはこれで終わりです。残りは明日以降に書きます。

体験台では4つのメニューから体験するものを選ぶことができます。内2つが通常マップ、残り2つがインパクト戦と呼ばれるものです。あまり時間のなかった私は手早くできそうなインパクト戦の2つ(初級と中級)をやってみました。初級は敵が動きません。がけの上に建てられた建物を壊すことになります。中級は相撲取りのような敵と対戦です。初級と中級のどちらか一方のみをやるつもりなら中級だけやればいいと思います。
インパクト戦は3Dポリゴン?(ひょっとすると2Dだったかも)で書かれた大きなキャラクタを下画面のタッチパネルに配置された9つのボタンをタッチして操作します。基本は右パンチと左パンチ。タイミング良くパンチを出しているとたまにアッパーが交ざっていました。コンボみたいなことが出来るのかも知れません。さらにどうやったら使えるようになるのか分かりませんでしたが途中で必殺技のようなものも選択できるようになりました。実際に使用してみると、いじめられっ子がキレた時に繰り出す両手グルグルパンチを出してくれました。操作感覚は少し反応が鈍いのですが、それがいかにもリモコン操作しているようでもあり、ここは人によって判断の分かれるところかも知れません。私はもう少しキビキビした動きの方が良かったなと思いました。またパンチだけでなくキックや極め技なども繰り出せたら面白いのに、などと思ったり。私は他のゴエモンシリーズをやったことが無いので比較できないんですが、他のゴエモンシリーズからの伝統みたいなのがあるんですかね?あるならあえて変える必要はないと思いますが、心機一転の試みならガラッと変えてもいいかも、と思いました。
私としてはインパクト戦には比較的いい印象を持ってます。GBAでは大きなオブジェクトを出すこと自体が結構大変でした(出せるけどメモリの制約やら描画性能の制約やら何やらで大きなオブジェクトをたくさん出すのは大変だったと聞いてます)。それが2体もの巨大オブジェクトが戦ってるんだからそれだけで携帯機も進化したものだと感心してしまうワケですね。PSPが聞いたら笑われますね。やめときましょう。とにかくインパクト戦が面白くなれば購入を検討してもいいかも、が私の率直な感想です。
並んでいたのは小学生~高校生ぐらいが中心ですかね。通常マップで遊んでいた人のモニターを少し見てみましたが、屋根の上に登れたりいろんなアイテムにタッチできたり、色々と凝っているようでした。
[PR]
by nintendods | 2004-11-10 01:07 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(ドリラー)

このドリラーあたりが私の中でのソフト購入境界線です。これ以降に書くインプレッションはあまりいいこと書かない or 書く内容が薄いかも知れませんが、個人的主観に基づいたものですのでファンの方は気を悪くしないで下さい。

体験台は最初メニュー画面が表示されており、各モードから好きなものを選べます(全部のモードを選べたかどうかは実際に選択していないので不明)。私はプレッシャーモードを選びました。上から敵が迫ってくるので追いつかれないように掘っていく必要があります。が、色んな人が既に指摘しているように下画面に視線が集中しているので上画面の状況を把握するのが難しいのが現状です。気がついた時には巨大ドリルがすぐ近くまで迫っていた、ということがほとんどでした。あとタッチパネルでの操作はやはり慣れが必要かと思います。最初ちょっと試してみましたが、十字キー+Aボタンの方が簡単でした。タッチパネル操作はあくまでオマケ程度と思った方がいいかも。色んな意味でNDSの機能を生かしきっていないと感じたので私の中の評価は低めです。ただ、ドリラーというゲームはそれはそれで完成された面白いゲームだと思うので、あえてNDSの新機能に合わせなくても良いのかも知れません。ゲームとしてのスピード感みたいなのは感じました。その点は好印象。NDSならではのサプライズはありませんが、純粋にドリラーとしてのゲームを求めるなら買ってソンはしないでしょう。しかしこのゲーム、何故プレイ人数が1~5人なんでしょうね?1~4人とか1~8人では無く5人ってのが引っかかります。対戦に何かサプライズがあったりするのでしょうか?
並んでいたのは小学生~中学生程度の年齢層が中心でした。
[PR]
by nintendods | 2004-11-10 00:03 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(直感ヒトフデ)

名古屋で体験された方のレポートを見ていて、このソフトへの評価が一様に高いことからかなり期待してました。期待が高すぎたためか、私の中では実際に触った後での評価は少し落ちています。事前情報がなければかなり上がってたかも。それでも私の中では「メテオス」の方が若干上ですが。

このソフトもタッチパネルがあってこそ、のソフトです。もちろん十字キーでも出来ないことは無いですがイライラがたまってくるでしょうね。ペンでスィーッと一筆書きできる爽快感がこのソフトの肝だと思います。その爽快感を味わえるのがチャレンジモード。このモードはどんどん落ちてくるピースを消していくゲームなので、「直感ヒトフデ」というタイトルとは裏腹に一筆書きにこだわらないのがうまく消していくためのミソです。ある一筆で前準備をしておいて、次の一筆で一気に消す、ということを考えると一気に消せて爽快感バツグンです。逆にチェックメイトモードでは問題をじっくりと眺めて一筆で消せると判断してからペンを動かすことになります。問題を解くカギは画面全体を白一色や黒一色にすることにこだわらないことです。とにかく横一列が同じ色ならいいので、一番上のラインは白、二番目のラインは黒、という形でも消えてくれます。後は一筆書きで重要となる開始位置を間違わないように注意すれば結構難しい問題でも解けるでしょう。体験台ではこの2つのモードを試すことができました。チェックメイトモードでは20種類ぐらいの問題から自由に選んで解くことができますが、番号の若いものほど簡単になっているようでした。番号の大きい問題も解いてみましたが、結構難しかったですよ。腕に自信のある方は是非お試しを。
パンフレットを見ると上記以外にバーサスという対戦モードがあるようです。NDSを90度回転させて左右の画面で相手と対戦するらしいんですが、90度回転させた状態でNDSを持つのって難しくないでしょうか?対戦もどういう形式になるのか楽しみです。
並んでいたのは中学生~大学生ぐらいの年齢層が中心でした。名古屋での評判が良かったためか、朝一番を除いて混んでることが多かったです。
[PR]
by nintendods | 2004-11-09 23:35 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(メイドインワリオ)

さわるメイドインワリオのインプレッションです。私はこのソフトのE3バージョンを触ったことがあったので正直言って大体どういうものか知ってたんですよね。でもE3バージョンからはかなり改善されてて面白くなってました。

内容はいつものメイドインワリオです(といっても実は私は他のメイドインワリオシリーズをひとつも遊んだことがありません。他シリーズは雑誌やWEBで見た情報のみです)。5秒間でひとつのミニゲームをクリアする、ということを続けていきます。タッチパネルやマイクをうまく使って様々な(あきれるぐらい色々な)ゲームが入っています。15ステージクリアするとボスステージ?になり、この少し時間が長めのステージをクリアするとレベルが上がっていくようです(同じミニゲームでも難易度が上がる)。今回の体験台ではボスステージぐらいまで到達できる時間分遊べました(そこで係員から交代を促される)。このソフトだけ体験台が24台もありますし1回の体験時間も比較的短いので回転は速いです。行列が短くなった時を見計らって並べば15分ほどの待ち時間で体験できるのではないかと思います。
このソフトは特にゲームをあまりしない人にお勧めしたいですね。ゲームとしての敷居が低くて誰でも簡単に始められますし、NDSの機能を良く使っています。2画面をうまく使っているかと言われると少し疑問ではありますが。あと細かい話ですが、最初に右利きか左利きかを聞いてきます。それによってボタン配置が変わるようですが詳しく見るのを忘れてしまいました。ゲーム自体はタッチパネルしか使いませんので、ポーズや中断機能を使う時のボタン配置が変わるのかな?と思います。せっかくX,Yボタンが追加されて十字ボタンとA,B,X,Yボタンの機能を入れ替えてもゲームができるような環境になったので、もっと右利き、左利きでボタン配置を変えられるソフトが出てきて欲しいものだと思います。特にNDSは利き手でペンを持ちますからね。
並んでいた人の年齢層は非常に多岐に渡ってましたが、小学生~大学生が比較的多かったかも。女性も多めでした。
[PR]
by nintendods | 2004-11-09 23:00 | IMPRESSION

ソフトインプレッション(メテオス)

ここでメテオスか?と思われるかも知れませんが、私が体験したパズル系のソフトの中では「メテオス」が一番しっくりきました。今回の任天堂ワールド前後で私の心の中の評価が一番上昇したのがこの「メテオス」です。触る前の評価が低すぎた、という見方もありますが。

何が良かったかというと、落ちものパズルでありながら落ちてきたブロックを打ち上げてしまう、という逆転的な発想に新鮮さを感じたことが一番に挙げられます。そんなもの公式サイト見たら書いてるぞ!と言われるとそれまでなんですが、実際に触ってみるまではピンと来なかったんですよねぇ。また、ブロックが打ちあがるのも上にたくさんブロックが乗ってるとあんまり上がらないし、少ないとビューンって飛んでいくなど色々考えてあります。タッチパネルを使ってブロックの一番上から一番下までズィーーッと所望のブロックをひっぱってくるのも爽快感がありました。基本的に2段点火すると画面から消えていくので、ある程度ブロックがたまって2段分点火できるブロックを確保してから打ち上げると多くのブロックを一気に飛ばすことができます。でもなかなか2段点火できるうまい組み合わせが無いんですよね、これが。ブロックは上下にしか動かせませんが上下にならズィーッと一気に動かせるので、ブロックを並べるのは意外と簡単です。思ったよりゲームの敷居は高くないですね。それだけにゲームバランスというか難易度を調整するのが難しいかも、と他人事のように心配しちゃったりはしましたが。
あとやってみて初めて分かったことは結構アイテムとかあってハデな演出もあることです。どかどかブロックが壊れていったりして、「あー、そのブロックは点火のために残しておいたのに~」ということもありました。また体験台でヘッドフォンを用意していたのは「バンブラ」とこの「メテオス」だけだったんじゃないかな?それだけ音楽にこだわりがある、ということでしょう(すいません、私はあんまり音楽ちゃんと聞いてませんでした)。不満点は上述しましたが難易度調節がうまくできるの?(果たして長く遊べるゲームになるんだろうか?)という心配と、ブロックが少し小さいので見にくいな、ということです。
体験台に並んでいた年齢層は比較的低かったです。どちらかというと小学生~中学生が多かった印象。体験後にシールをもらえますが、余っていたのか一度の体験で3枚ももらってしまいました。シールを20枚くらいもってる中学生ぐらいの子も見ましたが、彼はメテオスばっかり何度も並んでやってたのかな?
[PR]
by nintendods | 2004-11-09 22:35 | IMPRESSION