<   2004年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

PSPのビジネスモデルと今度の戦略(長文)

PSPの解体記事は少し時間がかかりそう(写真の編集に時間がかかってる)ため、昨日コメントに書いたビジネスモデル関連のお話を。一応カテゴリは「STUDY(検証・考察)」となってますが多分に私見が入ってます。私個人としては正しいと思ってますが他の方から見ると事実と反している、と感じる個所もあるかも知れません。そんな時は是非コメントに意見・反論を書いて下さい。そうして頂けると私も見識が広がって嬉しいです。

前置きが長くなりました。
まず私の考えの前提はこうです。「PSPは売れることを前提にしたビジネスモデルを採用している」。理由の一つ目はUMDという独自規格とハリウッドです。PSPはUMDのコンテンツがそろってこないと魅力が欠けることになります。現在は無理矢理動画をコンバータで変換してメモリスティックに入れて見るような状況ですが、このようなコアな使い方をしてくれる人はごく僅かでしょう。最終的にはハリウッドにUMDでの映画供給をしてもらう必要がありますが、ハリウッド側にメリットを感じてもらうにはUMDが普及するしかありません。UMDが普及するためにはPSPが普及するしかないワケです。これは既に多くの方が述べられているので知ってる人も多いと思います。「ゲームで立ち上げ→爆発的に普及→ハリウッドが映画供給→さらに加速度的に普及」というのがSCEのシナリオだったのです。
理由の二つ目は価格設定です。PSPを分解して改めて思いましたが、適正価格という意味ではPSPはやはり最低でも(本体だけで)2.7万円以上で売るべきでしょう。バリューパックで3万円、とかね。いくらバリューパックばかりを流通させて実質的な値段を2.6万円にしたところで赤字は赤字。このハードを赤字で売るビジネスモデルは任天堂がファミコンで始めたものだったと思いますが、このビジネスモデルには大きな前提があります。それは「そのハードを市場で独占状態にする」です。これが達成できてこそ、その後のソフトの売上げやロイヤリティビジネスによって赤字を回収できるのであって、市場を独占できないゲーム機で取るべきモデルではないですよね。逆に言うとSCEはこの赤字販売のビジネスモデルを採用した以上、市場を独占する必要がある(PSPが売れまくる必要がある)ということです。
理由の三つ目は半導体です。半導体ビジネスは基本的には規模のビジネスです。規模が大きければ大きい程儲かるという単純な構図。大量投資して大量生産して初めて儲かる。ソニーは既に半導体工場に多大な投資をしているので、大量生産しないことには投資を回収できません。半導体工場を操業していくためにもPSP(やCELLプロセッサもそうですね)を大量に作る必要があるワケです(大量に作って売ることさえできれば後は莫大な利益が待ってます)。

さて現状を見てみましょう。PSPは現在あまり売れていません。原因はハッキリしていて「供給(PSP本体)が足りていない」のひと言に尽きます。予想ですが年内でのPSP売上げ台数は35万台ぐらいではないでしょうか?各種報道を見る限り当初公言していた「年内50万台出荷」は達成できていない可能性が高いです。それに対してNDSは順調に売上げ台数を伸ばしています。ここへ来て多少売り切れを起こす店が出てきているようですが、クリスマス商戦に上手くのってほぼ需要を満たしている状況です。NDSの年内売上げ台数は120万台ぐらいでしょうか。年末時点で既にPSPに3倍以上の差をつけることになりそうです。
この状況は果たしてSCEが予期(もしくは意図)していたものでしょうか?一部の報道では「PS2の時のようにワザと生産台数を制限してマスコミをあおっている可能性アリ」と言われていますが、戦略的に生産台数を減らしたのかトラブルで増やせないのかは兎も角、販売台数に大きな差がついたのは誤算だったのではないでしょうか。
上で長々と書いてきたようにPSPのビジネスモデルは販売台数が増えないと破綻します。NDSと仲良く市場を分け合ったりニッチ市場になってしまうようでは失敗なのです。しかしNDSとPSPでは現状を見る限り生産能力に大きな差がついているようです。北米+日本で30~35万台/週を出荷できているように見えるNDS(月産120~140万台ぐらい)に対して日本だけで8~12万台/週程度の様子のPSP(月産32~48万台ぐらい)。このため例え今後NDSの売上げが急に失速したとしてもこのままの生産ペースだとPSPは全て売れたと仮定して来年2月末まではNDSの販売台数を抜けない計算になります(海外販売なんてとんでもないことです)。今後半年間程度の短期的戦略としてSCEが取れる戦略は、NDSが失速することを願いながら増産体制を急ぐ以外に無いのではないでしょうか。しかしこの戦略も抜本的な対策(不良率低減やコスト削減)が伴わなければ傷口(悪評や赤字)がさらに広がることになります。「抜本対策をしながら増産」という非常に難しい試練を乗り越えられるか、さらに乗り越えられたとしてもNDSが失速してくれる、という自分ではどうしようもない要因も伴って初めてPSPは当初の戦略(バカ売れ)に乗ることができるのです。これはかなり険しい道のりですね。ただNDSにも不安が無いワケではありません。同時発売で12タイトルが出たものの、それ以降の弾(ソフト)が揃ってません。「アナザー」と「メテオス」が私個人にとってのキラータイトルになりそうですけど、ハードを牽引するほどのソフトになるかと言われるとどうも。早く(できれば来年夏までに)「FF3」か「ポケモン」を出す(そしてその発表は春までに行う)ことが出来ればPSPへの大きな牽制球になるでしょう。アトはピクトチャットがどのぐらい効果を発揮するかですね。学校や塾でピクチャが流行れば、それがハードを牽引する可能性はありますね。

早速追記:
Nintendogsを忘れてました。これ、キラーになります。2005/春の予定ですし、このソフトはハードを牽引する力を持っているでしょう。
[PR]
by nintendods | 2004-12-29 12:20 | STUDY

解体新書。今度はPSPじゃ~(その2)

b0020549_1381091.jpg
PSP解体新書のその2です。まずは液晶パネルからいってみましょう。

続きを読む
[PR]
by nintendods | 2004-12-27 02:31 | HARD

解体新書。今度はPSPじゃ~(その1)

b0020549_12484052.jpg
調子に乗って今度はPSPを分解。PSPは分解すると復活できそうにない(ちなみにNDSは組み直したら動きました)ので電源が入らない初期不良品を買ってしまった友人から安値でPSPを買い取って分解することに。安値って言っても1万円以上。記事になると思えば何でもやってしまいそうな自分が恐い。や、やはり、、、
 『ブログ最強
(この言葉はGame Forumの中でほらえもんさんが書いておられた(ここ)のをパクらせてもらいました(^^;;)。

続きを読む
[PR]
by nintendods | 2004-12-23 14:03 | HARD

お待たせしすぎの解体新書。NDSぶんか~い

b0020549_1264341.jpgやっとこさNDS分解をアップすることができました。かなり旬を過ぎてしまいましたが気を取り直して見て行きましょう。まずはお約束の分解前写真です。

続きを見る
[PR]
by nintendods | 2004-12-20 02:29 | HARD

PSP買いました

PSP買いました。私の近所のゲームショップは軒並み売り切れ状態の模様。購入している人達は20~40代の男性がほとんどですね。購買層が子供+大人(クリスマスプレゼント用?)だったNDSと比べて全くといっていいほど違うのが印象的です。

まずはいいところから。液晶はやはり綺麗ですね。本体サイズに対して画面サイズの大きさも申し分なしです。リッジレーサーズやみんゴルを遊んでみましたが、(PS2の焼き直しとかそういう視点で見なければ)ゲームも面白いです。このゲーム機、所有欲をものすごくくすぐられます。こういうところはやはりソニーはうまいですね。初期不良などの話も出てきてますが、私の買ったPSPには今のところ不具合らしき不具合は出ていません。いわゆる「妊娠系ブログ」ですけどね(笑

次に悪いところ。やはり起動時間とローディングが長いことが気になります。特に最初の起動に時間がかかりますね。ローディングはやってるうちに少し慣れましたが。あとで時間測定などしてみますか。次に指紋のつきやすさが気になります。ひとしきり遊ぶと本体表面に指紋の跡がベタベタと。。。ちょっとこれはいただけないです。あと「スタンバイ」と「電源OFF」が紛らわしいので間違う人が多いかも知れない点もマイナスポイントでしょうかね。

いくつかのサイトでPSPが分解されてますが、メインCPUが2チップ構成なのが驚きです。あの大きさで2チップ構成だとすると90nmプロセスで作ってない可能性がありますね。どこかのサイトでプロセスルールの検証まで行ってくれないですかねぇ。ところで毎日のサイト(ここ)にて
久多良木社長は「当初PSの出荷数が10万台で、余裕を持たせて20万台にした。こんなに多くの人が並んでくれてありがたい。とても足りないので、明日増産の指示を出します」と話した。
などと言ってくれてますが、「増産できるなら早くしとけよ!」って思わず突っ込んでしまいました。PSPなんて所有欲に訴えかける商品はNDSよりもさらにスタートダッシュが肝心なモノだと思うんですけどねぇ。。。
[PR]
by nintendods | 2004-12-12 20:57 | IMPRESSION

プロジェクト・ピ9チャ

最近トラバ続きのLEVEL101さんの記事からまたしてもトラバさせて頂きます(元記事はここ)。
プロジェクト・ピ9チャなるプロジェクトが行われているとか。毎晩9時に見知らぬ人とのチャットを待つというのは宇宙人に向かってメッセージ電波を出し続けるどこぞやのプロジェクトのようでロマン(?)があっていいですねぇ。明日あたりちょっとやってみるか。。。
[PR]
by nintendods | 2004-12-09 22:56 | OTHER

NDSソフト売り上げ

忍之閻魔帳さんのところで12/5までの週間ソフト売り上げが出ているのでトラックバックさせて頂きます(記事はここ)。
NDSソフトだけを抜き出してまとめると、
 ・スーパーマリオ64DS:12万本
 ・さわるメイドインワリオ:11.7万本
の2タイトルが良く売れていて装着率20%を超えています。続いて
 ・ポケモンダッシュ:5万本
 ・大合奏!バンドブラザーズ:3.2万本
 ・きみのためなら死ねる:2.7万本
 ・直感ヒトフデ:2万本
 ・研修医・天堂独太:1.7万本
の5本が1万本超え。元記事中で「バンブラ」と「きみしね」は品切れを起こしたショップが多いと書かれていますが、私の地元では全く品切れしてませんでした。かなり地域で差があったりするのでしょうか。何にせよ品切れで販売本数を伸ばせなかったとすると残念ですね。「バンブラ」や「きみしね」は本体と同時に購入される率が高い(子供向けじゃないので「クリスマスプレゼントで~」とか「お年玉で~」となりにくい)ソフトなので、最初のつまずきは痛いです。それでも「きみしね」辺りまでは最終的に10万本クラスの売れ行きになるのではないかと思います。残りは1万本以下のソフト。
 ・ミスタードリラー・ドリルスピリッツ:0.8万本
 ・ZOO KEEPER:0.5万本
 ・麻雀大会:0.5万本
 ・ザ・アーブズ・イン・ザ・シティ:0.4万本
 ・頭脳に汗かくゲームシリーズVo.1:0.1万本
これらのソフトはちょっと厳しい結果となりました。「ドリラー」「ZOO KEEPER」あたりは女性や子供世代からもう少し支持されるかと思ってましたが、売れ行きは芳しくないようです。

なお、GBAの時ですが、当時のファミ通の記事を書きとめたメモを見つけたのでここに書いておきます。
●2000年3月19日~3月25日(GBAの発売は21日なので実質5日間のデータ)
 ・GBAハード:61.2万台
 ・スーパーマリオアドバンス:22万本
 ・F-ZERO FOR GBA:11.6万本
 ・パワプロクンポケット3:7.5万本
 ・遊戯王ダンジョンダイスモンスターズ:6.1万本
 ・くるくるくるりん:5.7万本
 ・ロックマンエグゼ:4.3万本
 ・ミスタードリラー2:4.3万本
集計方法等の違いがあるかも知れませんので一概に比較しない方がいいかも知れませんがNDSソフトの売れ行きがGBA当時に比べて芳しくありませんね。今後(特にクリスマス~年始にかけて)NDSのソフトがどれぐらい盛り返すか注目です。
[PR]
by nintendods | 2004-12-09 15:42 | NEWS

NDSのGBAカートリッジ連動

LEVEL101さんからのトラバです(「ワリオも連動」)。
NDSのGBAカートリッジ連動に関してですが、今まで公式に発表されていた「ポケモンダッシュ」「きみしね」以外にも「さわるメイドインワリオ」でも連動することが報告されています。GBAのソフトを持っている方は公式発表がなくても色々試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにこの連動はソフト製作者側にとっては非常に簡単に実現できるものです。GBAカートリッジにはソフト固有のIDのようなものが入っている(これは間違いないハズ)ので、NDSのソフトが起動したらカートリッジのその領域を読みに行くだけ。簡単な仕掛けなので公式に載っていなくてもオマケ的にプログラマが入れてくれてる可能性があります。
[PR]
by nintendods | 2004-12-07 17:18 | SOFT

NDSの売れ行き

ブルームバーグによると12/5までのNDS販売台数は任天堂発表で51.3万台、メディアクリエイト発表で46.89万台とのこと(元記事はここ)。ソフトは任天堂発表で約50万本、メディアクリエイト発表で48.96万本。
51万台が"販売"されたってことは出荷は50万台を超えてたんですかね?いずれにせよ初回出荷をほぼ完売したことになり、まずは順調な出足と見ていいでしょう。ソフトの販売本数も任天堂発表の場合だとNDS1台当たり0.97本、メディアクリエイト発表で1.04本とほぼ本体1台につき1本のソフトが売れたことになっています。売れてるソフトは限られている(装着率20%超えてるのはマリオ、ワリオぐらいか)とは思いますが、それなりにソフトが売れていることにも一安心です。
今後PSPが出て来るので、クリスマス~お正月でどのようにハード・ソフト販売が推移するのかがひとつの勝負になりますね。まぁPSPとの携帯ゲーム機戦争という意味では最終的な勝負は今後1年程度の長い目で見ていく必要があるとは思いますが、まずはPSPがどれぐらいの台数を12日~年末にかけて出せるかという点が重要なポイントになってきそうです。

12/7 AM追記:
NIKKEI NETによるとNDSの初回出荷台数は57万台だった模様です(記事はここ)。当初30万台出荷予定だったのに比べると2倍近く出荷したことになります。工場はフル稼働でしょうね。また51万台が販売されたとのことなので約90%の本体が売れてしまった計算になります。販売台数としてはほぼ理想的(売り切れ続出での機会損失がない&だぶついて購入の先送り感や値崩れが起こらない)ですね。
[PR]
by nintendods | 2004-12-07 00:55 | NEWS

ソフトインプレッションらしきもの

「きみしね」「ヒトフデ」「バンブラ」の簡単なインプレッション(というよりティップスって感じ)など。この3つのソフト、どれもオススメです。

●「きみしね」
とりあえずノーマルを解いた。最後まで行くとタイトルの意味が分かります。最後はなかなか良かった。ノーマルをクリアするとハードが出現。得意なミニゲームはハードでも解けますが不得意なミニゲームは厳しいですな。またサウンドテストも追加されますが、これがなかなか良いです。おバカ&セクシーなSEとイケてるBGMをいつでも聞くことができます。「マニアック」メニューに追加されるコスチュームは4コマ漫画中にタッチすることで現れる「隠しラビッツ」を見つけるか「メモリーズ」メニューから出来るミニゲームをやって★を集めることで増えていきます。ノーマルクリアでも2つほどもらえましたが。あと説明書読まない人は知らないと思いますがメニュー画面で↓+Xを押すとボイスレコードできます。おっ?と思った人はP28を読むべし!「ラヴィ!」

●「ヒトフデ」
チェックメイトを中心にやってます。50問ほど解きましたが、30問目あたりから難しくて問題とにらめっこする時間が多くなってきました。ヒント機能(前回失敗したルートを表示する機能と、始点・終点のヒントを表示する機能)をONすると少しラクになりました(おっ?と思った人は説明書のP11を読むべし!読むべし!)。あと説明書やパッケージにはパスワードが隠されてるみたいですヨ。このゲームは暇つぶしにはもってこいです。

●「バンブラ」
非常に期待していた鼻歌モードは少し期待ハズレ。なかなか上手く思ったようには入力されてくれません。でも変な風に入った曲が伴奏を付けるとそれなりに聞こえるのがアラ不思議。今説明書を見たらマイクの感度を変えられると書いてあるのでそれを試せば少しマシになるかな? そうそう、任天堂ワールドのレポで「曲によっては一部の譜面が隠されていることがあり、直前にタッチパネルをタッチしないと譜面を見れないといった仕掛けもありました」と書きましたが、コレは間違い。正解は「タイミング良くタッチパネルをタッチすることで難しいフレーズを自動演奏してくれる」でした。演奏ですが、知ってる曲は比較的簡単ですが知らない曲はモーレツに難しいです。ジャンルとしては比較的ゲームミュージックが多いので、そういう曲を良く知っている人にはオススメ。逆に私のように普段聞く曲が極端に片寄ってる人は難易度3倍増しですので心してかかるように。そんなワケで今日も私は「Smoke on the water」を黙々と弾き続けるのでした。。。
[PR]
by nintendods | 2004-12-05 01:19 | IMPRESSION