<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NDS v.s. PSPで一年を振り返る(Part5)

やっと今回で最終回(の予定)。
最後に2004年12月~2005年12月までの「ハード販売台数」「ソフト販売本数」「タイレシオ」のグラフを掲載しておきましょう。なお、「4週補正」とあるのは、月によって4週の月と5週の月があるので、5週の月は4/5してあるという意味です。また、2004年12月のPSPは発売時期の関係から12月が3週しかありませんでしたので、同じく4/3してあります。ですから月間の棒グラフの値は本当の販売台数ではないことをあらかじめご了承下さいまし。
b0020549_22514828.gif
b0020549_22524257.gif
b0020549_22525564.gif

まずはハード売上げから振り返ります。2004年の12月はNDSが約110万本、PSPが約35万本と、NDSが圧勝しました。ただ、この圧勝はNDSの良さが認められたというよりは、PSPの生産が追いつかない状態だったため、売りたくても売れなかったという状態でした。ここがまず最初のターニングポイントと言えるでしょう。最初のスタートダッシュに失敗したPSP。ただ、この失敗をもたらしたひとつの原因は他ならぬNDSの存在でした。PSPに合わせて価格・発売日を設定してきたNDSにSCEはかなり焦ったことでしょう。PSPは任天堂の挑発に見事に乗ってしまい、そして墓穴(無理な価格設定、無理な発売日設定、そして無理な生産による市場不良)を掘ってしまったように感じます。
ただ、PSPも1月中旬から3月までの間は順調に販売台数を上げその差を詰めていきました。このまま行けば最初の差を埋めることが出来るのではと思われましたが、
・3~4月:4色もの新色発売
・4~6月:ニンテンドッグス/脳を鍛える/あたま塾など
      Touch!Generationシリーズソフト発売
・7~8月:ホットサマーキャンペーンと新色発売
と、矢継ぎ早にてこ入れを行ったNDSが、逆に4月以降じわじわと差を広げる形になりました。9月以降になるとPSP陣営も新色発売、ウイイレ/脳トレ/モンハンなどの有力ソフト投入やギガパックの発売などのてこ入れで巻き返しを図りますが、NDSの勢いを止めることは出来ませんでした。ただ、負けハードが超えることが出来ない境界線と言われる300万台のラインを超えることは確実な情勢にまで持っていくことは出来たので、このまま消えていくワケではなくある程度の市場は形成できるでしょう。今後も当面はソフトも発売され続けるのではないかと思います。NDS陣営は11月から始めたWiFiコネクションの試みがユーザに受け入れられたことで、ローンチを超える売上げを2005年末に記録することが出来ました。私の周りでも11月頃から急にNDSの話題が増えるようになり、年始には「もっと脳を鍛える」のCMの話題(52歳かよ~)がそこら中で聞こえてくるといった状態でした。ここへきて完全に社会に認知される存在になったと言えるでしょう。

続いてソフト売上げですが、こちらはハード以上に圧倒的な差がついています。ハード売上げの項目でも書いたように、4月以降の任天堂戦略によってNDSとPSPの明暗がハッキリ現れているのが分かります。2005年12月のソフト販売本数はまさに異様な盛り上がりでした。NDSはハードの累計販売台数が増えたのに合わせてソフトの市場規模が確実に大きくなっています。一方のPSPは、1年前とソフトの市場規模がほとんど変わっていません。ハードの普及台数は約7倍に増えているのにソフトの市場規模が変化していない。これは何よりSCEにとって痛手ではないでしょうか。ハード価格はかなり抑えられているのであまり利益は出ず、またソフト販売本数が増えなければロイヤリティ収入も増えません。今後、SCEはPSPのソフト売るための戦略を練っていく必要があるでしょう。

最後のグラフはタイレシオです。こちらも一目瞭然ですが、PSPはこの1年間でほとんどタイレシオに変化がなく、1.7~1.9付近をウロウロしています。これは結局のところ、最初のころにハードを買ったユーザがそれ以降新しいソフトを買っていない or 新規でハードを買っていくユーザがほとんどソフトを買っていかない のどちらかと考えられます。いずれにしてもタイレシオが2を切っているままではゲーム業界のビジネスモデル(ハードを赤字覚悟で売ってソフトで回収)は機能しませんので何とかしないといけませんね。ちなみにC-NEWSが以前行ったネット調査?でPSPユーザのソフト所持本数は平均3本との結果が出たそうですが(記事はここ)、このグラフを見れば笑い過ぎてお腹が痛くなっちゃいますね。本当にそういう結果が出たのであれば、母数を増やすなり母数となる対象者の偏りを無くすなり対策を取らない限りは、何を調査しているのか分からないでしょう。
NDSはタイレシオも順調に伸びています。特に3月以降は月間タイレシオが3を超えることも多く、非常に好調と言えるでしょう。今後もユーザを飽きさせずに新しいソフトを買ってもらえれば、PS2をも超えるだけの存在になりえるのではないかと思います。

さて、長々と書いてきたNDS v.s. PSP記事もこれでおしまい。最後まで読んで頂いてありがとうございました。
[PR]
by nintendods | 2006-02-08 00:02 | STUDY

NDS v.s. PSPで一年を振り返る(Part4)

今回はもう少しソフト売上げの話に踏み込んでみたいと思います。
昨年12月まで(ソフト売上げは月曜日→日曜日で区切りなので、厳密には12/25まで)の累計ソフト売上げ記録です。まずは全体的な傾向から。
1.ソフト売上げ本数:
 ●NDS:約1,300万本(任天堂:約940万本、他:約360万本)
 ●PSP:約480万本(SCE:130万本、他:約350万本)
2.ソフト売上げ金額(本数×定価)
 ●NDS:約590億円(任天堂:410億円、他:約180億円)
 ●PSP:約230億円(SCE:65億円、他:約165億円)
一目瞭然。NDSはソフト売上げにおいてはPSPに圧勝してますが、それは結局任天堂(ポケモン含む)とSCEの差によるものです。3rd Partyの売上げ本数や金額はあまり変わりません。NDSとしてはハードが倍近く売れているのに3rd Partyの売上げが伸びてないのが気になるところですが、やはり任天堂というメーカが強すぎて3rd Partyの影が薄いのが原因でしょうかね。ただハードの台数差が今後も広がっていけば、次第に3rd Partyのソフト売上げの差も広がっていくとは思います。
ひとつNDSにとっての明るい話題といえば、まもなくバンダイの「たまごっちのプチプチおみせっち」がミリオンを達成しそうだということでしょうか(ファミ通によると2006/1/22までに累計95万本達成)。実は、任天堂ハードで3rd Party製ソフトがミリオンを出すのは久々のことです(私の知る限り。もし間違ってたらご指摘ください)。N64、GCだけでなく、あれだけハードが売れたGBAでも(意外にも)3rd Partyのミリオンは出ていません。3rd Party製ミリオンを探して時代をさかのぼっていくと、GBA発売直前の2001年3月にスクエア(当時)から発売されたGBソフト「ドラクエモンスターズ2」まで戻ってしまいました。実に5年近くの期間遠ざかっていた記録をNDSとたまごっちが到達しようとしています。ハードが順調に売れ、またユーザ層が広がっていけば、今後も3rd Party製ミリオンが出てくることも期待できるのではないかと思います。

少し話が逸れてしまいました。今回は各社がどれぐらいの売上げを上げているかについてもう少し詳しく見るんでした。以下はNDSとPSPに限定した(売上げ本数×定価)で計算した売上げ金額順位です。
●NDS
 1位:任天堂:約410億円
 2位:バンダイ:約60億円
 3位:コナミ:約20億円
 4位:トミー:約17億円
 5位:セガ:約17億円
 6位:スクエニ:約13億円
 7位:カプコン:約9億円
 8位:マーベラス:約8億円
 9位:ナムコ:約8億円
 10位:スパイク:約4億円

●PSP
 1位:SCE:約65億円
 2位:ナムコ:約37億円
 3位:コナミ:約27億円
 4位:コーエー:約23億円
 5位:バンダイ:約19億円
 6位:カプコン:約18億円
 7位:セガ:約12億円
 8位:フロム・ソフトウェア:約7億円
 9位:EA:約5億円
 10位:ハドソン:約3億円
これを見てもらうと分かるように、任天堂を除くとNDSとPSPとどっこいどっこいといった感じ。それだけ任天堂が飛びぬけていると言えます。NDSでバンダイはかなり稼いでいますが、これは「たまごっち」によるところが大きいです。コナミはNDSでバカ売れしたソフトはありませんでしたが、どのソフトも堅調に売れている感じです。3本しか発売してないのに4位に食い込んだトミーや2本で6位のスクエニなどは、結構おいしい思いをしたかも知れません。
PSPに目を向けると、一応1位はSCEですが、25本ものソフトをリリースして65億円というのは少し期待はずれだったかも知れません。2位のナムコは「リッジレーサーズ」や「テイルズオブエターニア」が売れて、3位のコナミは「ウイイレ」が売れて数字を伸ばしてきました。
このリストを見ると、NDSとPSPに両方ソフトを出しているメーカの中では、バンダイはNDSで、ナムコはPSPで売上げを大きくあげているのが分かりますね。また今回の集計をしていて少し気になったメーカはタイトー。12/25までにNDS側に8本、PSP側に6本のソフトをリリースしていますが、NDSソフトの売上げは3.5億円程度、PSPソフトの売上げは2億円程度と思われます。他社と比べてもソフト1種類あたりの売上げ金額がかなり少なく、本当に大丈夫か?と思ってしまいます。まぁあまりお金を投資せずに作れるソフトでコツコツと儲けるスタンスなのかも知れませんが、かなり独自路線を突っ走ってる感じですね。

まとめになりますが、3rd Partyにとっては現状はNDSもPSPも市場規模はあまり変わらないので、当面は(出せる体力のあるメーカは)両方のハードにソフトを供給していくんでしょう。現状、2006年の各社のソフト発売リストもそれを物語ってます。しかし年末でハードの普及台数に大きく差がついたため、このバランスはこれから少し崩れてくるのではないかと思います。このバランスの変化が引き起こす開発パワーの差が現われ出すと思われる今年の夏以降、3rd Partyの動向に注意していきたいですね。
[PR]
by nintendods | 2006-02-05 01:23 | STUDY