「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちゃんと考えてる企業とそうでない(?)企業

任天堂のHPに連載中の「社長が訊く Wiiプロジェクト」ってありますよね。最初は見てたけど最近は気にしてない、って人も居ると思いますが、今連載中の「Wiiチャンネル編」は是非見て頂きたいと思います(ここ)。
私としては特に第3回の「Wii伝言板」のお話を読んで欲しいですね。以下ちょっと長いけど引用。

●「この機能って、ふつうに考えたらたぶん、「伝言板」じゃなくて「メール」っていう方向にいくと思うんですよ。それをあえて「伝言板」の方向で進めたのはなぜなんでしょう。」
★「あの、初めて「Wii伝言板」を見た人からよく言われることで、「家族の中の誰宛、っていうふうにできないんですか?」っていう意見があるんですね。つまり、個人個人の伝言板が持てたほうがいいんじゃないかと。しかし、この機能の根底にある思想としては、個人の携帯電話に直接他人から連絡が入るというよりは、家庭のポストの中にハガキが何枚か、ぱらぱらと届いているようなものに近いんです。で、ポストをパッと開けると、何通入っているかすぐわかって、ハガキを見ると、「あ、父ちゃんにだ」っていう。」
★「そういうコミュニケーションのきっかけって、あると思うんです。ポストから居間にハガキを持って行くあいだに何気なく読んだら、それが父親宛の同窓会の知らせだったりして、「ああ、父ちゃんも学生時代があったんだな」って思えたり。もちろん、内部でもそうとう議論を重ねたんです。友だちからのメッセージが、家族に見えちゃうのってどうなのかとか。でも、やっぱり、目指す方向はメールじゃない。Wii全体のコンセプトを考えても、個人が占有する閉ざされたスペースがあるのは、なにか違うな、という気がしたんです。」
●「ですから、考えれば考えるほど、結論はひとつで、やはりWiiは家族のパブリックスペースなんです。」

上記の●はいわっちの発言で★は玉樹氏の発言。掲示板ひとつとっても非常に考え抜かれていると感じます。みんなが楽しむゲーム機だから伝言版をつけちゃえ、ってな安直な気持ちだとこういう例え話は出てこないでしょう。メール機能にすることも考えて、考えたけどやっぱり違う。家族のコミュニケーションを大切にするにはどういう機能にするべきなのか、そして伝言版にした時にどういうことが起こるのか、ちゃんと社内で議論してシミュレーションされていることが伺えます。長いですけどさらに引用。今度は「ゲームをやった履歴が残る機能」について。

◆「Wiiでは、いつ、どのゲームをどのくらいプレイしたかという「プレイ履歴」が本体に自動的に記録されていきます。 ・・・ 議論になったのは、この「プレイ履歴」が消せないということです。」
●「親がゲームを「1日1時間」と決めたら、ゲームを始めて1時間後に、ほんとうに電源が切れてしまうという仕様はどうだろうかと思ったんです。」
◆「けっきょく、その議論から生まれてきたものがどの時間をどれだけプレイしたかがみんなにわかるという「プレイ履歴」だったんです。「ゲームは1日1時間」という約束を守るために強制的に電源が切れてしまうよりも、「プレイ履歴」による親子のやりとりを通じて約束を守る流れができるほうがずっと魅力的だということになったんですね。」

上記の◆は黒梅氏の発言。●は同じくいわっちです。いわっちの暴言(親が決めた時間経つと自動的に電源が切れるゲーム機はどうか)に対して、「それは技術的に出来ません」で終らずに、「それよりも「消せないプレイ履歴」にした方が親子のやりとりが増えていい」っていう発想に至るのがスバラシイ。

私は親子に限らず人と人との関係は「会話」、というかもう少し正確に言うと「自分の考えを相手に伝えて折り合いを見つけること」によって成り立つもんだと思ってますが、これはまさにその典型例です。親がタイマーをセットして自動的に電源が切れるまで子供が遊ぶ。電源が切れたら寝る。これじゃ親の要求は満たされるけどそこに建設的な会話(なぜ親は遊ぶ時間を制限したいと思うのか。なぜ子供はもっと遊びたいと思うのかという想いをお互いにぶつけて納得する答えを親子で見つけるための会話)は存在しないでしょう。子供は親の真意なんか理解することなく、ただ設定時間が来たから諦めるだけです。しかし「消せないプレイ履歴」なら状況は違います。何時間遊んでも勝手に切れることはありませんが、親は子供の遊んだ時間を確実に把握することが出来る。決めた時間を越えていればそこで「会話」が発生します。意見の相違を機械に解決させるのではなく親子の会話によって解決させる。そのための取っ掛りは提供する。これぞ家族のコミュニケーションツールです。任天堂はそこまで考えてるのか、と唸ってしまいました。

一方、先日電撃的に値下げ発表を行ったPS3ですがPC Watchにかなり手厳しいことを書かれています(ここ)。もともとゲーム機のビジネスモデルからの脱却を目指していたPS3ですが、結局のところ世間に対してPS3を「非ゲーム機」としてアピールすることが出来ずに戦略の転換をせざるを得なくなりました。PS3発表から数年、少なくとも映像デモがお披露目された約1.5年前ぐらい(?)から今までの間で、SCEはどれだけPS3が「非ゲーム機」であるというアピールをしてこれたでしょうか。PS3を売る上で本来最も大事な戦略だったハズなのに、実際にはインタビューや講演でクタラギ氏がしゃべるうわべだけの言葉に終始してしまったように思います。夢や理想を語るだけで具体的な方策が出てこない。これは先日のTGS基調講演の内容で感じた違和感と同じですね。

一生懸命に考えて考え抜いてゲーム機を作っているように見える企業と、言葉だけで実際の行動が伴っていないように見える企業が作った「ゲーム機」。思えばPSPも対応がいつも後手後手で、せっかくの機能を充分に生かせないままDSに差を開けられてしまいました(ブラウザ搭載の遅れ、度重なるファームウェアの更新とセキュリティホール、通信対戦を生かしたゲームのインフラ整備の遅れ、ライトユーザ取り込み戦略の欠如など)。私はWiiとPS3でもこの違いは発売後に決定的な差となって表れてくるのではないかと思ってます。
ちょっとSCEに厳しすぎますかね? でもそれぐらいPS3は危機的なんじゃないかな?と思ってます。ただLinuxを載せただけで後は勝手にオープンプラットフォーム環境が整備されていって益々PS3が魅力的になって~~~なんて絵空事ですよ。世の中そんなに甘くないと思います。エライ人にはそれが判らんのです。
[PR]
by nintendods | 2006-09-27 01:29 | IMPRESSION

PS3同時発売ソフト

任天丼さんに質問されたので記事にしてみました。
PS3同時発売ソフト。基調講演の中では特に明確には触れられませんでしたが(リッジが同時発売なのは基調講演内で流れた映像の中で確認出来ましたがそれだけでした)、ブース内で配られた資料で同時発売予定なソフトを抜き出してみました。
・「RESISTANCE」(SCE)
・「GENJI-神威奏乱-」(SCE)
・「RIDGE RACER7」(バンダイナムコ)
・「機動戦士ガンダム ターゲットインサイト」(バンダイナムコ)
・「麻雀格闘倶楽部 全国対戦版」(コナミ)
・「宮里三兄弟内蔵 SEGA GOLFCLUB」(セガ)

後、年内発売予定が明記されているものとしては、
・「GRAN TURISMO HD」(SCE)
・「ARMORED CORE4」(フロム・ソフトウェア)
・「Fatal Inertia」(コーエー)
・「MotorStorm」(SCE)
・「FORMULA ONE CHAMPIONSHIP」(SCE)
・「麻雀大会Ⅳ」(コーエー)
・「SONIC THE HEDGEHOG」(セガ)
・「ENCHANT ARM」(フロム・ソフトウェア)

で、これを調べていて見つけたことがひとつ。TGS OFFICIAL GUIDE BOOKには、いくつかのPS3ゲームソフトについて価格が書かれている! しかもその価格が結構安いんです。
・ARMORED CORE4:5,250円
・麻雀格闘倶楽部 全国対戦版:5,229円
本当に5千円台で出るなら嬉しいお話ですね。

ぼちぼちPS3ソフトの公式サイトが立ち上がっているようなので、そちらに行けばもう少し情報があるかも知れません。時間があればもう少し調べておきます(一応NintendoDSブログだからあまり突っ込むつもりはありませんが)。

9/25 22:50追記:
ARMORED CORE4の5,250円は誤記だったとHPに訂正が出ました(isdnさん、情報提供ありがとうございました)。麻雀格闘倶楽部については訂正が無いのでそのまま5,229円なんですかね。DSのソフトと価格帯が一緒ですね。まぁ、麻雀が7,000円とかだったら怒りますけど5,229円ってのは結構安いよね? ネットでウワサされているように、アイテム課金等で収益を上げるモデルになるんでしょうか。。。
[PR]
by nintendods | 2006-09-23 10:10 | NEWS

TGS2006の感想

見てきた感想などをつらつらと書いていきたいと思います。主にPS3の話になるかな。

●クタラギ氏の基調講演はとても退屈だった。夢は語るけどその夢を実現するための具体的な方策は無し(今から考えるとPS3値下げの話は方策のひとつだったのかも知れませんが)。基調講演後のトークセッションで値下げの爆弾発言があるとも知らずに会場を出てしまった私は、18:00頃までその事実を知らずに居たのでした。

●もう少し基調講演の話を。最初開始時間が10分ほど遅れました。真相は分かりませんが、ひょっとすると直前まで値下げを発表するかどうかでもめていたのかも。最初から発表するつもりなら普通は基調講演の中で大々的にやるでしょうからね。それが出来なかったのは土壇場で決めたからじゃないかな。もしクタラギ氏の即断だとしたら後々のPS3の普及度合いによって、独断だとののしられるか英断だと称えられるか。かなりの大きな判断だったと思います。

●今回の基調講演では、Wiiや任天堂の戦略を意識したような発言が多々ありました。いきなり「今年はPS3やWiiが発売されます」とわざわざ挙げてみせた後、「入力装置は大事だ」とか「ゲームはゲームクリエイターの創造性が何より大事だ」とか「メガドラをエミュレートしてレトロゲームをダウンロード配信したい」とか。Wiiとの戦略の違いをぼかそうとして躍起になっているようにも見えました。

●PS3値下げの話を聞いて思ったこと。
・これで次世代据え置きゲーム機戦争はかなり混沌としてきたかも。
・PS3は原価と販売価格がかなり開いてるんではないか。いったいどれぐらいの赤字にまで耐えられると踏んでいるんだろう。
・PS3の戦略はまさにこれまでのゲーム機の戦略。ただ最初赤字でハードを普及させる手段はその後寡占状態に持っていけるから可能は手法であって、PS3ではそれは厳しいのではないか。

●以降は各ブースを見て回っての感想。まず携帯ゲーム機で感じたのは、ユーザの関心が完全にPSPからDSに移っている点。DS版のウイイレが30分待ちなのにPSPやPS2版のウイイレは10分待ちだったり。絵としてはやっぱりPSPやPS2版の方が綺麗なのにね。
でも展示自体はまだPSPも結構気合が入っていてソフト会社は見捨てていないし、グラフィックスもかなり向上してきている感じ。PSPはこれからハードの性能をフルに引き出したいいソフトが出る可能性があると思いますが、果たしてソフトが売れるのが先かソフト会社が撤退するのが先か。

●据え置き機では1年先行発売されているXBOX360のゲームがかなり充実してきた感じ。日本では負けハードのイメージが強くついてしまって挽回は厳しいけれど、そういうのを気にしない人や海外ユーザにはかなり売れるんではないかと。コアシステムも発表されたし、かなりお買い得感有り。

●PS3はやはり絵は非常に綺麗。ゲーマーの端くれとしてはやはりあのグラフィックスには心を動かされます。ただ、ライトユーザ層がどう反応するかは微妙。DS v.s. PSPではライトユーザ層の囲い込みに成功したDSが勝ちましたが、Wii v.s. PS3/XBOX360 も同じような構図になるのでしょうか?
ひとつ気になるとすれば、携帯ゲーム機はしょせん据え置き機よりグラフィックスはショボイので、携帯ゲーム機を選ぶ基準の中でグラフィックスというのは優先順位が低かったのではないかと思うのですが、据え置き機となるとグラフィックスの優先順位がかなり高くなるのではないかという点。この点、やはりWiiはかなり苦しいと思います。今回展示されていた数少ないWiiのソフトは特に映像面ではまったくWiiの能力を出し切っていないようなものだったので、余計にその差が感じられました。

●私の現時点での予測では、(世界規模で見た場合)Wii / PS3 / XBOX360は今後1年はかなり拮抗したシェア争いをするのではないかと思います。日本はWii v.s. PS3だと思いますが。この時一番苦しいのはSCE。上にも書きましたが、大赤字でハードを売る戦略は、後に寡占状態を作れるからこそ成り立つものなので、シェア争いしている状態が1年以上続くと厳しいかも知れません。

●Wiiは任天堂ソフトをまだ実際に体験していないので、まだ実力を測りかねているのは確かです。出来れば体験会に参加してこの辺りを確かめてこようと思います。
[PR]
by nintendods | 2006-09-23 02:40 | REPORT

TGS2006

b0020549_12595284.jpg

今回もゲームショーに来ています。クタラギさんの基調講演を聞いた感想
「何言ってんだと思った」
拍手の少なさがみんなの気持ちを端的に表してましたね。あんなやる気のないプレゼン久しぶりでした。
気持ちを入れ替えてショーを見てきます。

9/23 AM1:50追記
上記の記事は基調講演を見てのみ書いています。PS3値下げの話が出たのはその後のトークセッションですが、基調講演があまりにもつまらなかったので、私はトークセッションを聞かずに外に出ちゃったんですね(この時私以外にも外に出る人が多数居ました)。ということで投稿時間は遅いですが私は上記の記事はトークセッションでのことを知らずにUPしております。
[PR]
by nintendods | 2006-09-22 12:59 | REPORT

任天堂を突き動かすもの(Wii Preview)

少し遅くなりましたがWiiについて思うところを。

先日Wii Previewが開催され、Wiiの発売日や価格などが発表されました。しかし今回の発表の目玉は発売日でも無く価格でも無く、ましてやソフトラインナップでもなく、WiiのコセンプトやWiiチャンネルにあったのではないかと思います。今回の発表は私には
『Wiiはゲーム機とテレビとPCとインターネットとWEBとを全部ひとまとめにして使いやすくしてみなさんにお届けします』
と言っているように聞こえました。それを支えるのがWiiチャンネルです。

Wiiはテレビを非常に強く意識したハードです。コントローラは「Wiiリモコン」、そしてソフトウェアコンテンツひとつひとつを「チャンネル」と呼びます。この名前付けからしてテレビそのものです。Wiiがテレビを意識する理由はひとつ。テレビほどリビングの真ん中で誰からも嫌われずに居座っている存在は他に無いからです。Wiiが目指す「誰にも嫌われないハード」になるにはテレビが一番良いお手本だったのでしょう。

さらにWiiはPC-インターネット-WEBというパソコンの世界で発達してきたこのスクラムに割って入ろうとしています。PCの弱点である「起動に時間がかかること」「操作が難しいこと」「価格が(Wiiに比べれば)かなり高いこと」を突き、またインターネットやWEBという面白いけれども良く知らない者が飛び込むと火傷する世界の安全な部分だけを抽出して提供することで、あまりネットの世界に詳しく無い人たちを取り込もうとしています。言うなれば、
『一人旅の海外旅行しか無かったところに旅行会社がガイド付きで案内する格安ツアーを用意した』
といった感じでしょうか。海外旅行の醍醐味は一人旅にあるとは思いますが、誰でも最初から一人旅に出れる訳ではありませんし、外国語が苦手な人やお手軽にショッピングや観光を楽しみたい人達にとってはツアー旅行の方が便利でしょう。そしてそういったツアー旅行を求める人の方が潜在的な数は圧倒的に多いのです。Wiiはその人達の受け皿になり得る可能性があるのです。

こうやって書いていくと任天堂の行く先にはバラ色の未来が待っているようにも見えますが、実際のところ任天堂はそんな楽観的には考えていないようです。逆にNintendoDSで拡大したゲーム人口がまた減ってしまうのではないか、ユーザがすぐに飽きてしまうのではないかといった不安や恐怖と戦っているように思えます。
これはゲームというものが持つやや特殊な事情が影響しています。多くの人にとってゲームはあくまで娯楽という位置付けであり、必要不可欠なものではありません。人生を豊かにするとか人生の糧になるとかいう考え方もありません。面白いから暇つぶしにやってみる、といったスタンスのため、脳トレやおい森でせっかく掴んだユーザも、続いて新しい魅力あるソフトが出ないとすぐにユーザは去ってしまいます。

今まではハードの性能が上がることでソフトの質(特に映像面)が上がり、ユーザが新しいソフトを買うという循環でしたが、任天堂は自らその循環を携帯機に続いて据え置き機でも断ち切ってしまいました(いや、実はNintndoDSは任天堂の携帯ゲーム機で初めて3Dグラフィックスを採用しているしWiiもGCの2倍と言われる描画性能のアップはしているんですがね)。NintendoDSは幸い優秀なソフトウェアが発売されて爆発的に普及しましたが、だからと言ってこの状況が永遠に続くとは限りません。新たに魅力あるソフトが発売されなければ、人はすぐにDSを押入れの中にしまって二度とソフトを買ってくれなくなるでしょう。現状成功しているので忘れがちですが、未だNintendoDSは『未来の成功を保証されたハードでは無い』のです。任天堂自身このことを良く分かっているが故に、楽観的な雰囲気が出てこないのでしょう。

WiiもDSと同じです。映像表現で他社を圧倒出来ないハードであるが故、それ以外の部分で差別化してユーザに受け入れられていく必要があります。さらにそれは最もゲームの世界に引き止めるのが困難な「ゲームをしない人達」をターゲットにしています。不安や恐怖を原動力にしてイバラの道を突き進む任天堂は、果たしてイバラの先にバラ色の未来を見つけることが出来るでしょうか?
[PR]
by nintendods | 2006-09-18 19:53 | NEWS