<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

命を捨てないで(命のバトン)

今回はゲームとは直接関係ないエントリーですが、ここ最近いじめが原因で自殺をする若者(や教師)の話が続いていますので、書き込まずにはいられなくなりました。閑散とした当ブログで何を書いても影響力は無いのかも知れませんが、もし今これを見たあなたが命を捨てることを考えているなら、今一度考え直して欲しいと思い書いてみます。

最初にカミングアウトするならば、私は子供の頃いわゆる「いじめられっ子」でした。子供の頃から目が悪くてぶ厚いレンズのメガネをかけていたこと、力が弱かったこと、小学低学年の頃に学期の途中で引っ越して学校が変わったこと、そして引っ込み思案で自分から積極的に人の輪に入っていけなかった自分の性格。いじめられやすい状況はそろってました。また、私の場合は、私自身の性格的な問題(子供の頃から強情で自分の意見を曲げようとしなかったこと)も、いじめられる原因のひとつだったかも知れません。
自殺した子のいじめられように比べれば、私の受けたいじめはそれほどヒドイものではなかったかも知れませんが、それでも私は何度か死のうと思ったことがあります。あと一歩踏み出せば死ぬ、という状況までいきました。それでも死ななかったのは、一言で言うと自分が死ぬと悲しむ人がいると思ったからです。今、死のうと考えている人も、自分が死ねば悲しむ人が周りを見渡せば一人はいるハズですよね? 絶対いるハズです。

私は、私が死ねば悲しむであろう人のおかげで命を捨てずにすみました。私は周りの人達によって生かされたのだから、その人達の為にも精一杯生きようと今は思っています。どんなに辛いことがあっても自殺はしたくないと思っています。最後まで自らの命を絶つという選択肢は選ばないでおきたい。他の選択肢を探し続けたいと思っています。この文章を見ている方々も、是非、「自分の命を捨てるという選択肢」と「人の命を奪うという選択肢」の2つだけは、選ばないで下さい。どんなに辛くても、どんなに悲しくても、これ以外の選択肢を探して下さい。例えばですが「死ぬ」という選択肢を選ぶぐらいなら「逃げる」という選択肢を選んでみてはどうでしょうか?辛いことから逃げて生きるんです。死ぬぐらいなら引っ越して違う学校に転校した方がマシです。学校に行くのをやめて家でしばらく誰とも会わないことにしてもいい。日本がダメなら外国に行ってもいい。「自ら死ぬ」という選択肢を捨てれば、色々な他の選択肢が出てくるハズです。
辛いと「死ねば楽になる、解放される」って思いがちです(私も死のうと思ったとき、自分にそう言い聞かせてました)が、楽になるなんてウソです。死んだら何も残らないんです。解放される訳でもありません。生きていないと、「楽」も「解放」も無いんです。それだけは覚えておいて下さい。

今現在、私は「あの時死ななくてよかった」と思っています。死ぬのをやめた日の後も辛いことはたくさんありました。いじめはその後も続きましたし、ひどい失恋も経験しました。すごく高額な物を壊して目の前が真っ暗になったこともあります。でも、それでも、死ななくてよかった。それは、今、私の周りにいる友達や家族との間にきずながあり、ゲームなんかの私の気に入った娯楽があり、そして多少なりとも社会や人の役に立つ仕事をやっているという達成感があるからであろうと思います。辛いことも悲しいことも楽しいことも全部含めて「自分」なんだろうなと感じています。あの時命を落としていたら、こういう気持ちを感じることは出来ませんでした。繰り返しになりますが、命を捨ててしまっては「楽」もありません。生きて「楽」を探してみませんか? あなたの新しい人生がそこにあるハズですから。

。。。ここまで書いて、ひとつ提案を思い浮かびました。一時期はやった「バトン」みたいなもんです。この記事を読んで共感して下さったブロガーの方がおられましたら、「命を捨てないで」もしくはそれに類するタイトルで記事を書いてトラックバックして頂きたいのです。命のバトンをつないで下さい。よろしくお願いします。
記事を見て、命を捨てるのを思いとどまってくれる人が一人でも増えることを願って。
[PR]
by nintendods | 2006-11-14 23:49 | OTHER

PS3の憂鬱、Wiiの不安

Wii体験会に参加して、これでPS3とWiiの両方を目で見ることが出来ました。また色々と情報も飛び交っています。ここで再度PS3とWiiの2機種について年末までの状況について考えてみたいと思います。

【PS3の憂鬱】
●「本体出荷数が足りない」 これはもっとも痛い。初週8万台とウワサされてますが、欧州発売を春まで延期してこれでは目も当てられない。北米の方がたくさん割り当てられていると考えても、発売日までに全部で20万台程度しか用意出来ないとは。これではまさにPSPの二の舞です。参考までにNDSとPSPの時の販売台数を比較してみましょう(ファミ通調べ)。

NDS:44.1万→18.1万→22.0万→25.3万(合計109.6万)
PSP:       16.6万→ 8.1万→ 9.3万(合計 34.0万)

NDSとPSPの時は供給能力に大きな差がつきました。今回のWiiとPS3も、NDSとPSPの時と同じ程度の供給能力になりそうな感じです。が、しかし今回PS3は北米でも発売するので、日本に回せる台数は半分かそれ以下。PSPの場合は毎週9~10万台程度の出荷があったと推測されますが、PS3が同じ程度の供給能力と仮定すると日本に流通するPS3は初週を除くと毎週5万台程度になってしまうことが予想されます。これだと年内に出回るPS3の数はせいぜい50万台。ヘタをすると40万台程度になってしまいます。Wiiは年内100万台というお話もあるそうですので、年内に倍の差をつけられてしまうことになります。

●「ビジネスモデルの問題」 TGS2006にて大幅値下げを発表したPS3。値下げ前でも赤字確実と言われてましたので、さらに1.2万円ほど値下げしたことで、例えば年内に50万台売ったとするとそれだけで60億円の赤字拡大です。赤字が必ずしも悪い訳ではありませんが、以前NDSとPSPの時にも書きましたが(ここを見てね。PS3にもまったく同じことが言える内容です。)、赤字でゲーム機を売るビジネスモデルは「市場独占が前提」です。Wiiがかなりのユーザに受け入れられそうな現状では、この市場独占は夢のまた夢です。PSPに引き続き、SCEはかなり厳しい状況になったといえます。

●「ブランドイメージの問題」 最近のバッテリー問題で、広く一般人のソニーというブランドイメージが低下しています。バッテリーの件では、ちょっとやりすぎだと思うぐらいマスコミがソニーをたたきました。ソニーはその高いブランドイメージが大きな武器だったので、これはPS3に限ったことではなく痛い問題です。PS3もコアユーザと呼ばれる100~150万人の人達にはすぐに売れるでしょうけど、その後ライトユーザに売っていくのは苦労するでしょう。いまや「ソニーだから」と言って商品を買う人は非常に少なくなっていると思われます。


【Wiiの不安】
●「グラフィックス」 グラフィックスがゲームの全てでないことをNDSは証明しました。しかしそれは携帯ゲーム機という、もともとグラフィックスが全てでは無いカテゴリの商品だったからこそユーザの関心が高くなかったという事情もあったかと思います。WiiとPS3を比べると、現時点でも圧倒的にPS3の方がグラフィックスが良いのは純然たる事実です。さらに、開発が難しいとされるPS3ですから、2~3年経つともっと綺麗なグラフィックスのソフトが出てくるでしょう。この頃には今よりもっと差が開いていると思われます。もし2年経ってもWiiとPS3が「いい勝負」をしていた場合、PS3が抜け出す可能性があります。ま、しかし2年もいい勝負をしていたら、ソニーの会社自体が苦しいことになってるかも知れませんが。

●「ゼルダの功罪」 体験会に参加して改めて思ったのは、「ゼルダはすばらしい」。そして、「ゼルダが売れすぎて他のソフトが売れないんじゃないか」ということ。ちょっと気になったのでこれまでの据え置きゲーム機の主なローンチタイトルを調べてみました。

SFC:「スーパーマリオワールド」「F-ZERO」
SS:「バーチャファイター」
PS:「リッジレーサー」(ちょっと遅れて「闘神伝」)
N64:「スーパーマリオ64」「パイロットウィングス64」
DC:「バーチャファイター3tb」
PS2:「リッジレーサーⅤ」(ちょっと遅れて「DEAD OR ALIVE2」)
GC:「ウェーブレース ブルーストーム」「ルイージマンション」
XBOX:「鬼武者」「プロジェクトゴッサム」「DEAD OR ALIVE3」
XBOX360:「リッジレーサー6」(ちょっと遅れて「真・三國無双4」

こんな感じ。気が付いたでしょうか。ローンチでいきなりキラーRPGを持ってきたハードが無いことを。普通、開発に時間のかかるRPG(しかも大作)をローンチで出せる訳が無いので、大体ハード発売初期はアクション系やパズル系のゲームが多くなるのですが、WiiはGCとかなり近いハードということでGCで開発されていたゼルダをローンチとして持ってくることが出来ました。
これはハードの牽引役として多いに役立つ一方、時間を取られる大作RPGを持ってきたことで、ゼルダ以外のソフトが売れなくなる危険をはらんでいます。いや、実際体験会でのゼルダ人気を見れば、ソフトの売れ方はゼルダが年末までの全ソフト売上の半分を占めるんじゃないかと思うぐらいの勢いです。特に3rd Partyは苦しいでしょう。これが災いして、3rd PartyがPS3やXBOX360に逃げていく、というストーリーもありえない話ではありません。超強力なローンチを持ってきたが故の不安を体験会を見ていて少し感じました。
[PR]
by nintendods | 2006-11-05 02:02 | STUDY

Wii体験会(その4:完結編)

帰ってきました。
携帯からは書ききれなかったこととかをつらつらと書いてみたいと思います。基本的にソフトのネタバレはありませんのでご安心下さい。

●今回任天堂が待ち時間をWebで教えてくれるサービスをクラブニンテンドー会員対象にやりましたが、会場に着いてみてその理由が分かりました。会場が広いんです。端から端まで歩くだけで大変です。「あっちの方が空いてるからあっちに並ぼう」ってことがほとんど出来ません。一箇所に並ぶと他のソフトにどれぐらい人が並んでいるのかを正確に知るのは難しいです。みなさんもクラニンの会員ならば、是非このサービスを活用しましょう(ただし、「30分」などの絶対時間はあまり信用しないように。相対時間として目安に使って下さい。この点、別途書きます)。

●携帯から投稿した記事の写真を見てもらえれば分かるように、通路が無駄に広いです。でもそのおかげで、移動する際は常に人にぶつかりながら~、というイベント会場でよくあるストレスは全く感じませんでした。ベビーカーを押しながら歩いている夫婦の姿も結構見ましたが、全然ジャマにはなりません。小さいお子様を連れて行かれる予定の方はベビーカー持参が良いでしょう。

●DSの体験会の時も、小さい子供用に踏み台を用意するなど気配りがされていましたが、Wii体験会でもキッズコーナーが用意されており、TV モニターが低く設置されているなど嬉しい配慮がありました。この辺り、さすが任天堂だなと感じました。

●行列が一番多かったのが、ゼルダ。私が会場に着いた11:30には既に受付終了でした。ゼルダを遊びたい人は、一日並ぶ覚悟で足腰を鍛えておく → 会場が空く前から並ぶ → 真っ先にゼルダのコーナーへ → 待ち時間に暇つぶしが出来るように DS などを持っていっておく、というのをお勧めします。あ、あと、ゼルダは猛烈に並ぶことが予想されますので事前にトイレや食事を済ませておいた方が良いでしょう。

●他に行列が長かったものをいくつか紹介。まずはWii Sports。5つありますが別々に遊試台を設けていましたがどれも大盛況でした。特にテニスの人が多めだった様子。テニス、ボクシングは(あとゴルフも?)、2人対戦が前提になってます。出来れば一人で行かずに誰かと二人ペアで体験会に行った方が楽しいと思います。

●スーパーマリオギャラクシー、ドラゴンクエストソード(DQS)あたりも結構な行列。私がDQSに並んだ時は「70分待ち」と書いてありましたが、実際に並んだ時間を測ると105分でした。ということであまり実時間を信用しないように。相対的にどっちの方が早そうかの参考程度と思っておくのがいいでしょう。ちなみにWebで待ち時間を見れるサービスですが、私が並んでしばらくしてから見てみると、「50分待ち」となってました。行列は私が並んだ後も伸び続けていましたので、実際にはたぶん120分ぐらいかかったんじゃないでしょうか。大阪と東京では改善されるといいですけどね。何より、行列の長さが改善されるともっとイイですが。DSの体験会に比べて全体的に待ち時間が多く感じましたので、大阪・東京会場ではあと1.2倍ぐらいは試遊台の数を増やしてもらえたらなぁ、と思います。

●名古屋の体験会では食事コーナーは飲み物だけしか売ってませんでした。食べ物が置いてないので出来れば会場に入る前にコンビニなどで調達しておくのが良いでしょう。飲み物も少し高め(紙コップで200円)なので、こちらもコンビニで用意しておいた方が吉。

●ここからは画像を交えて。Wii の本体写真。非常にコンパクトですね。背面もスッキリしています。ソフトパッケージはDVDと同じサイズぐらい。Wii版だけどパッケージのゼルダはやっぱり左利きなのね(クリックで拡大画像)。
b0020549_20514975.jpgb0020549_20522226.jpg
b0020549_20525592.jpg


あと、最後のトリ(というかオチ)として2つの写真を掲載。分かりにくいけど右側の写真の紙はピンク色です。DSの体験会と同じく、入場時にもらった紙でWiiのプレゼントをやってましたが、なんと一番違い。。。死んだ orz
b0020549_21322100.jpgb0020549_213329.jpg
[PR]
by nintendods | 2006-11-03 21:13 | REPORT

Wii体験会(その3)

いくつかのソフトを体験してみました。
Wiiコンは私が思っていたよりは少し重い感じ。ソフトにもよるんでしょうが、反応速度はまずまず。慣れるまでは少し戸惑う程度。
グラフィックスはゼルダ、ドラクエソード、コールオブデューティ3なんかが頑張っている。しかしGCのグラフィックス性能らしいゼルダであれだけの絵が出せるならふつうの人は十分じゃないかな。細かいとこ見ればポリゴンをけちってカクカクしてるところや爆発のフレア発生時に処理落ちしてるところはありますけどね。ゲームは絵だけじゃないことはDSが証明してくれた。

今回の体験会は子供が面白そうにWiiコン振り回しているのが印象的でした。大人はやっぱ少し遠慮がちね。でもみんな楽しそうです。

今晩、帰ってからもっかい記事書いてレポ完結予定。
[PR]
by nintendods | 2006-11-03 15:22 | REPORT

Wii体験会(その2)

b0020549_12182586.jpg

b0020549_12182531.jpg

b0020549_12182582.jpg

体験会レポ。
任天堂のWiiソフトはだいたい30~60分待ち状態。端っこに追いやられてる一部の3rdソフトで15分ってところ。DSソフトはカービィーなど一部の人気ソフトを除くと待ってる人は数人というのがほとんど。

一番上の写真はWiiソフトの待ち行列。真ん中は実際のプレイエリア。リモコン振り回すことになるのでプレイエリアは非常に大きくとってあります。
一番下の写真は通路。メチャメチャ広いです。ちょっと借りた会場が大きすぎたんじゃ? おかげでとても歩きやすいです。
客層は意外に高校生ぐらいの男子が多いように感じましたが、老若男女、全世代の人が来ています。

あともう一回はレポ書く予定。
[PR]
by nintendods | 2006-11-03 12:18 | REPORT

Wii体験会

b0020549_11352260.jpg

b0020549_11352233.jpg

出遅れたが名古屋まで二時間かけて到着。さあゼルダならぶぜ、と思って待ち時間教えてくれるサイト確認したら、本日はもうおしまいだって~!?
なんてこった。
[PR]
by nintendods | 2006-11-03 11:35 | REPORT